2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

まじめに死刑制度について

1 :執行人:01/12/03 17:59 ID:89osVFSj
世界における死刑制度廃止の流れについてどう感じます?
私は死刑にするより人権剥奪し拷問攻めで監禁したほうが重いと思うのですが。。。

みなさまの意見を厨房な私にくださいませ

2 :無責任な名無しさん:01/12/03 18:20 ID:tkcrHFwb
>>1
概ね同意。
食事以外一切を与えずに終身禁固。
これ最強。

3 :無責任な名無しさん:01/12/03 18:32 ID:rFosmqt4
まぁ終身刑ができればいいと思うけど、死刑はなくさない方がいいと思うな。
終身刑だけだとお金もかかるだろうし。
とにかく犯罪者の人権は剥奪すべきだと思う。

4 :無責任な名無しさん:01/12/03 18:39 ID:h9ssm45L
日本が頑なに死刑制度を維持しても、先進諸国から文句が
来ていづれ死刑廃止という流れになりそうだ。
そういう事態に備えて、終身刑、15年以上ぶちこめるように
したほうが良い

5 :無責任な名無しさん:01/12/03 19:16 ID:FjmsnRCn
死んじゃったら、元に戻せないもんね
冤罪とかもあるし、被害者感情からすれば許せないだろうけど
人間のやることに、間違いがおこる可能性がある以上
復元できない処罰はやめた方がいいと思う
冤罪で投獄された時間は取り戻せないけど、金銭などで償いはできる

6 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:31 ID:OhQOjQ0X
でも死刑確定衆の死刑は執行すべき

7 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:36 ID:h9ssm45L
死刑より終身刑のほうが極刑じゃないか?

8 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:46 ID:rKled96I
ワイセツ関係の犯罪者には付加系として去勢キボンヌ

9 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:51 ID:rKled96I
 (没収)
第十九条 次に掲げる物は、没収することができる。
 一 犯罪行為を組成した物
 二 犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物

刑法19条の運用でできるぞ(ワラ

10 :犯罪防止への見せしめ:01/12/03 21:57 ID:P5b19OsY
死刑には一種の安楽死感がある。どうせなら一生を長生きさせて
生き地獄をうけさせるべきだ。で、どうせなら一回百円で殴っていいよ
とか画鋲さしていいよとか・・・・。とにかく一生反省しろ!!

11 :無責任な名無しさん:01/12/03 23:28 ID:VkMa0RpQ
死刑が確定していながら、執行せずに、じわじわ
執行日を待ち続けさせるのって、残虐な刑罰になると思う

12 :無責任な名無しさん:01/12/03 23:41 ID:UxuDnE/s
恩赦請求と再審請求を交互に繰り返し,
生き延びている死刑囚
諦めが悪いぞ!

13 :無責任な名無しさん:01/12/04 00:52 ID:w47ghZ0D
死刑より上の拷問死刑ってのをもし作れるなら、死刑ごときでガタガタ
議論する事もないのに・・恐らく犯罪者もびびって躊躇するのに・・・
キンタマを万力で挟んだり尿道に焼いた畳張り突き刺したり・・どうよ?

14 :無責任な名無しさん:01/12/04 01:17 ID:heXeEIoG
みの踊り復活希望

15 :犯罪者:01/12/04 02:44 ID:t4QedusO
どうせ死刑なら原発乗っ取って
みんな道ずれにしちゃおうっと

16 :無責任な名無しさん:01/12/04 19:27 ID:3xDDT2Pp
一生反省しる!!

17 :宮崎つとむ:01/12/04 19:54 ID:xziZJR+v
ロリータ美少女100人レイプ処女膜頂きで、懲役10年
死にかけの金持ち婆さん3人殺して、強盗殺人で死刑。
これって、国民の皆さんが納得のいく量刑ですか?

18 :無責任な名無しさん:01/12/04 21:48 ID:JQXwecMi
>>13
ワラタ

19 :無責任な名無しさん:01/12/05 13:54 ID:UPn4hkAO
警察官僚OB同士で比較すると、
後藤田はいい人ふうで、亀井のほうが権力志向でワルっぽい感じがするから、
イメージでいうと、亀井のほうが、死刑執行命令にバンバン判を押しそうな気がするけど、
実際は逆。亀井静香が死刑廃止運動をしているのは何でなんだろう。その辺の事情を御存知の方いらっしゃれば教えて下さい。

20 :無責任な名無しさん:01/12/05 13:56 ID:dE26y4bE
>>19
自分が汚れていていつ執行されてもおかしくないからさ(w

21 :無責任な名無しさん:01/12/05 15:03 ID:UPn4hkAO
>>20意表を突いたレスに激しく腹筋が吊りました。
追伸
しずかちゃんの死刑廃止運動も意外だが、後藤田元ホーム大臣の執行命令スタンプマシーンぶりはもっと意外。
「死刑制度があって、裁判官が厳密な取り調べの上で(死刑判決を)下している。
法相が個人的な思想信条で(執行命令を)しないとなれば、初めから大臣就任が間違い。
就任時にそれが分からなければ、分かった時点で、やめるべきだ。
三権分立で裁判所に重い役割を担わせ、行政側の法相が執行しなくては法秩序、国家の根本が揺らぐ。
(起案書は)詳細に精査して私のところに上がってくる。
私も精査し、間違いないとなれば、裁決(署名)するのが職務だ。
納得しなければ取り下げてもらう」
正論ぽいことを言っているが、実際には殆ど「めくらばん」状態だったという。

22 :無責任な名無しさん:01/12/05 15:07 ID:UPn4hkAO
追伸の追伸

>正論ぽいことを言っているが、実際には殆ど「めくらばん」状態だったという。

正論のようであり、正論でない。
しかし、このえせ正論でさえ口先だけということです。

23 :無責任な名無しさん:01/12/05 15:46 ID:2xCqpIaS
犯罪者に飯を食わすな。税金の無駄づかいだ。
全国の受刑者は自転車型の発電機を24時間365日必死でこげ。
公衆便所のすべての電気ぐらいつけれるだろう。

24 :無責任な名無しさん:01/12/05 17:30 ID:fT8EV9KM
>>21
学も教養もモラルもない自民党の無能大臣よりは、最高裁判事の方が
正しい判断をするだろうから、めくらばんOK

25 :無責任な名無しさん:01/12/05 17:49 ID:LwfwgsW0
正論じゃん。

26 :無責任な名無しさん:01/12/05 18:00 ID:UPn4hkAO
>>23
同意。しかし飯を食わせないと死んじゃうからな。
2回に1個は運子を食わせるというのはどうだ。文字通り臭い飯だ。
>>24
確かに言えている。
追伸の追伸の追伸だが、後藤田の発言は一方通行な物の見方で、中学受験の小6生レベル。
本当に法学部出て警察庁長官までつとめあげたのか疑ってしまう。
余計な能書きを垂れて恥を晒すよりは、ノーコメントで、執行命令書に署名押印すればよかったんだYO。

27 :無責任な名無しさん:01/12/05 19:02 ID:7V/pP8zg
━━━━━後藤田のスタンプマシーンは笑えた!
後藤田がサインするのをカウントしてたのオレだけ?
(よっしゃー5人突破!よーし次は10人突破しろーって)
でも結局は15人くらいしか死んでねえんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
後藤田のスタンプマシーンは笑えた。まじで
ニュースで知って、手を叩いてわらったなぁ。
馬鹿サヨが小菅の前で抗議してる間、家でみかん食ってた
アホだなーこいつらって思いながら
わざわざ小菅まで行って記念撮影しようかと思ったよ。
でも後藤田のサインのおかげで何かしらの利益を得た人だっている訳だし
結果的には良かったんじゃないかな。
たしかそれまでの法務大臣は執行要請を渋っていたけどさ、
あそこらへんって部落が多いからそのまま全滅させたかったんだよね。
今でも刑務所に住んでるやつがいるらしいけど、
せこいんだよ!俺らの税金なんだよね。むかつく。
ところで死刑執行直後はあいつらって肛門開くんだよな?
もしかして垂れ流し?汚ねぇなぁー。
どちらにしろ執行直後の死体映像はまさにグロ画像のようで壮観だった!
気持ちの良い夕刻でした

28 :無責任な名無しさん:01/12/05 19:18 ID:UPn4hkAO
>>27
懐かしいコピペ!
絞首刑の執行の際には、肛門が開くだけじゃなくて、男性だったら精液も出るらしいよ。
東条英機関係の本(『巣鴨ぷりずん』って本だったか)に書いてあったYO!

29 :age:01/12/05 19:56 ID:TLS9Bc/M
死刑大賛成。

30 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

31 :無責任な名無しさん:01/12/06 01:35 ID:dhCMRZSr
法律板とは思えないなぁ。

よく死刑廃止に冤罪だったらどうのというのがあるが
そもそも冤罪などは出てはならないことになってるので
有罪になる時点で有罪なのである。
そもそもどうしても疑う余地のない場合が有罪なのだから
冤罪だったら・・・なんていうのはそもそも議論としては違う。

また、罰金刑なら金を返せばすむが、投獄された時間は
金に換算したところで戻ってこないのは同じである。
よって「冤罪の場合取り返しがつかないから」というのは
理由にならない。

32 :無責任な名無しさん:01/12/06 07:39 ID:ElBQAvBQ
>>31
> よって「冤罪の場合取り返しがつかないから」というのは
> 理由にならない。

まさにその通りだが、それを理由に死刑に反対する者は
「人を裁く」責任を担う覚悟がないので反対するのです。
精神的に弱いので「逃げ道」を設けておきたいのです。

33 :19:01/12/06 12:27 ID:/ThdiQxy
>>31
5に対するレス?自分は5じゃないけど、
>そもそもどうしても疑う余地のない場合が有罪
の部分はどうかと思うぞ。
その辺は、戦後の処刑事例に関する文献やホームページが多数あるので見てみれば良い。
実際冤罪は生まれていると見ていいと思うよ。
裁判官は人間だから、犯罪容疑者というレッテルが貼られている時点で、
どうしても被告に不利な物の見方をするしね。
その辺は痴漢冤罪事件でもうかがえると思う。
それに最高裁では、通常、法の適用の検討だけで、事実審査はやらないし。

余談だけど、とある旧帝大の教授が講義で学生に向かって
「自分は、冤罪に巻き込まれ、死刑か無期懲役かの瀬戸際のときは、無実を主張するのは止める。
無実を主張したら裁判官の心証が悪くなり、死刑になるから。名誉よりも命のほうが大事だ。」
と語っていたYO。

>冤罪が死刑廃止の「冤罪の場合取り返しがつかないから」というのは理由にならない。

というのもどうかな。
死んだらそこで終わりだからね。死刑囚を殺したら事件の真相が永遠に分からなくなる。
過去にもそういうことがあった。
ある少年が強盗殺人で捕まった。少年は、自分は遺体を埋めただけで、殺人には関与していないと主張した。
しかし、少年は死刑判決を受け、処刑された。
ところが、処刑された後、
ある中年男性を別の強盗殺人犯容疑で取り調べたところ、
この事件についても殺したのは自分であり、処刑された少年は殺人には関与していないと自白した。
しかし、その時既に少年は処刑されてしまった後だったので、真相は分からないまま、この部分については、
遺体遺棄のみでの立件となった。
結局は別の強盗殺人を犯したことからこの男性も処刑されるのだが。

たしかに、冤罪の場合、死刑も懲役も取り返しのつかないのは同じ。
ただ、生きている限り、いつかは濡れ衣を晴らすチャンスは巡ってくるという希望は持てると思う。
無実で処刑されることほど、無念なものはないと思うよ。

では、現行犯逮捕のみ死刑適用って法規定にするのは可能か。
それは偶発的な事柄によって法の適用に不公平を生むだけだから憲法が許さないと思うよ。

でも凶悪犯には死刑を強く希望。絞首刑よりももっと残酷なやつを。
うーん、自己矛盾。

34 :ななし:01/12/06 12:43 ID:WwGdA1EH
>>31 自己矛盾のままで良いのでは。
 一方に偏らないで、この問題を考えると、19さんのような誠実な悩みに
いきつくと思う。なにしろ人間存在そのもののはなしだもの。
 刑事法の教科書を読んで決着がつくようなけちな問題ではない。

35 :無責任な名無しさん:01/12/06 12:54 ID:bWEzfcBT
>>34
19の悩みって誠実?(笑)

36 :ななし:01/12/06 12:59 ID:WwGdA1EH
 まあ人としての「情」も備え
(凶悪犯は許せない)
 かつ、死刑制度に内在する問題点を押さえているし

 誠実と言ってよいだろう

37 :無責任な名無しさん:01/12/06 13:05 ID:bWEzfcBT
>>36
あ、ごめん。>>19の書きこみを読み返して変だなーとは思っていたんだけど、
>>33」も 19さんの書き込みだったのね。名前の欄見てなかった。すまそ。

38 :無責任な名無しさん:01/12/06 13:06 ID:sef7TTAh
>>33
死体埋めて殺人に協力してるんだから、別に処刑されてくれても
構わないという市民感情もありますし、大きな事件でも無いですね。
強盗+殺人幇助(?)+死体遺棄なら、処刑賛成。
まあ罪刑で問題があるってのは法をわかってる者の理屈ですが。

39 :無責任な名無しさん:01/12/06 13:31 ID:aZc2AARe
陪審員制度で国民の代表で有罪かどうか決めるのならば
多数の幸福のためと言うことで死刑も許されるかな?

40 :無責任な名無しさん:01/12/06 17:52 ID:wBfRYDZQ
>>32
うん、その通り。
そういう人に裁かれたくないもんですな。
最近では、死刑判決を書く人は、「死刑しかないんだよ、仕方ない
んだよ」って強調してる感じだよね。

>>33
ああ、別に5だけに向けたわけじゃないけどね。

それらは死刑制度そのものにあるのではなくて、司法システム
(裁判官やらなんやらすべてのこと)に問題があるのであって、
死刑があること自体が問題なのではない。

厳格に有罪を決定することさえ出来れば死刑はあってもいい。
もしそれがないとしても、それは死刑があることによる弊害や
死刑自体の欠陥ではない。

冤罪についても同様で、冤罪がおきることは死刑制度とは
かけ離れた問題。昔の司法制度がいいかげんだったのと
死刑の是非とは別の話。

冤罪だったときの被害の度合いは違うのは確かだけど
取り返しがつかないというのはどれも同じ。

ともかく、司法が未熟だから死刑をなくせ、という論点ならば
正すべきは死刑ではなくて司法の厳格な運用のほうである。

41 :無責任な名無しさん:01/12/06 18:00 ID:wBfRYDZQ
で、「いつかは濡れ衣を晴らせる」から死刑を廃止すると仮定すると、
無罪を主張するやつが多いから死刑はなし、となって、死刑制度自体
がなくならなくても、無罪を主張しつづければ、死刑にしづらくなるの
ではないか、ということにもなる。

死刑がなくなるとどうなるか。
死刑がないと予防効果が薄れるのではないか。
(無期を取るためにやってないことを認めるなんてのは本末転倒)
そもそも、刑を重くしても犯罪が特別に少なくなるわけではないのは
中国などを見ればわかることだが、少なくとも冷静な一般人に対する
威嚇効果はあるし、救いようのない凶悪犯を世に放つことも、税金を
もって養いつづけることもなくなるわけだ。このように死刑の利点は
なくすよりもある。
それには、厳格に運用しなければならないのは言うまでもない。

>>38
んなこたぁない。
その少年が強盗の共同正犯であるならともかく、事後に死体遺棄に
加わったのみであるなら、死刑が正当ではない。

42 :19:01/12/06 19:52 ID:/ThdiQxy
>>34>>36ありがとう&>>37紛らわしいHNでスマヌ。
>>38
なるほど。今思いましたが、凶悪犯罪に関与している以上、正犯かどうかを問わず、一味はことごとく処刑するという考えもありですね。
むしろ、単独犯よりも従犯や幇助のほうがけしからん度が強い場合もありそうですね。
しかも、今の制度では犯人グループの中で演技がうまいものが従犯となって死刑を免れるという展開も起こりそうですし。
>>40
たしかに死刑廃止論者が冤罪を頭に振りかざしているのは論点のすり替えのような感じがする。
免田事件などの場合も、死刑制度そのものが問題だったのではなく、
司法警察が、無罪の証拠を堙滅したり、有罪証拠を捏造したりしたことや、
節穴か身内可愛さか、それとも出世のためか、いい加減な調査と心証で死刑判決を下した判事たちが問題なんだと思う。
死刑判決を下す裁判官は、それが誤審だった場合は自分が殺人罪で処刑されるぐらいの覚悟で死刑判決を出してほしいな。
冤罪を根拠とした死刑廃止派は、死刑廃止運動よりも、冤罪疑惑に関与している司法当局を糾弾する活動を優先させたほうがいいんじゃないかな。
>>41
>「いつかは濡れ衣を晴らせる」から死刑を廃止すると仮定すると・・・
すみません。書き方が悪かったです。>>33の意味は冤罪者の内心について書いただけです。
深い意味はありません。
それから、最後の望みを託して死刑囚の多くは再審請求を出しています。
再審請求中も容赦なく処刑され、あまり意味はありませんが(藁?(涙?
>死刑がないと予防効果が薄れるのではないか。
現在の日本の死刑論議の多くがここでストップしているのは悲しいです。
死刑擁護派が犯罪抑止を依拠するのは、死刑廃止派が冤罪に依拠している以上に説得力がないと思います。
死刑を廃止した欧州各国で犯罪が増えたという話は聞きません。
また、某アイビーリーグの大学の研究グループの調査では、死刑制度が無い州のほうが凶悪犯罪発生率が低いという結果が出ています。
同グループ、死刑囚にアンケートも実施し、犯行直前は刑罰のことは全く意識せず、犯行後に刑罰のことを恐れる傾向が明らかになりました。
そして、死刑は犯罪抑止に結びつくのではなく、死刑への恐怖から完全犯罪にしようと、2次殺人、3次殺人に至るため、
このような結果が出ているのだと推論しています。

43 :19:01/12/06 20:02 ID:/ThdiQxy
読み返すと、誤字脱字は置いておいて、冤罪が死刑廃止の根拠になるのかということについて33と42で2枚舌になってしまいました。
いい加減な判事が多そうな現実&冤罪死刑囚の無念を思うと33のレスになってしまい、
理屈で考えようとすると42になってしまいました。
またまた自己矛盾。31さんごめんなさい。それでは逝ってきます。

44 :19:01/12/06 20:06 ID:/ThdiQxy
しつこくてごめんなさい。
亀井静香死刑廃止運動の謎について知っている人がいれば教えて下さい。
やっぱり外見はジャイアンでも、根はしずかちゃんだからかな。
今度こそこれで逝ってきます。では。

45 :無責任な名無しさん:01/12/06 21:29 ID:EssrSfFj
「刑罰」には「社会による犯罪者に対する(被害者に代わっての)復讐」という側面もあるからな。
死刑なんかはその典型だと思う。いわゆる「被害者の精神的苦痛云々」というやつね。
いわゆる世論調査を行うと死刑容認派が多くなるのはこのへんに拠るんじゃないか。
冤罪がどうとか、犯罪抑止がどうとかいう社会科学面だけでなくこのへんの部分も考慮に入れるべきでは。
もちろん、単なる感情論に走るのは慎むべきだと思うけど。

46 :無責任な名無しさん:01/12/06 21:49 ID:HB/0Encm
ちと疑問。「死刑廃止派」の人たちは麻原彰晃(本名松本智津夫)や地下鉄サリン
事件の被告人たちに対しても当然「死刑を適用すべきではない」という意見なんだよね、たぶん。
ふとした疑問なんだが。

47 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:00 ID:sef7TTAh
>>46
奴らは死刑にしちゃだめ。ゴーモン刑よろ(w

48 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:00 ID:bWEzfcBT
>>46
そりゃそーでしょ、多分。

49 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:03 ID:ZXHzEyMY
>>46
うん、おれは、終身刑でいいと思う
問題は社会から隔離することが必要なんで、
死に至らしめることではないと思う。
もっとも、家族が殺されたら、殺したいと思うだろうけど
死刑にならなくても、法治国家なら仕方のないこと

50 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:04 ID:bWEzfcBT
ナチスの幹部も、だれか延々終身刑として、
連合軍(笑)の監視の元で死を向えたよねぇ。

51 :ななし:01/12/06 22:09 ID:WwGdA1EH
>>46 死刑廃止派とまでは、私は言えないが

 麻原被告に対しては、死刑も仕方がない
 その他の被告に対しては、無期懲役以下の刑が妥当だと思う。

 なぜなら、その他の被告に関しては、
 戦時中に「度胸付けのため」上官にけしかけられ、虜囚を殺さ
ざるを得なかった一軍人・・
 といった遣り切れなさを感じるから。

52 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:20 ID:gd12bB1c
死刑より終身刑を採用して、
そいつを一生ただ働きさせるのが
経済的に吉。

53 :無責任な名無しさん:01/12/06 23:11 ID:y9dlN6VW
>>51漏れもなんとなくそんな気がする。
ぐわ麻腹焼香は絞首刑だけではたりん!
中国で、昔、少しずつ刀で肉を削っていく刑があったらしいけど、それを10年がかりで行うのは。
もっと人道的にというやつは、劇毒物の後遺症の治療や解毒に関する実験台になって罪滅ぼしをしてもらうというのは。
毒物を注射し、うまく治ったら別の毒物を注射しを死ぬまで続けさせる。
体があいたら、休む間もなく昔のタコ部屋のような強制労働所にぶち込み、一日20時間労働&めしはお粥のみ。

54 :無責任な名無しさん:01/12/06 23:18 ID:e0wSC/Q9
>>40-41
嘘吐き山田君は、死刑。

55 :無責任な名無しさん:01/12/07 04:59 ID:88VA3+fd
>>42
>死刑判決を下す裁判官は、それが誤審だった場合は自分が殺人罪で処刑されるぐらいの覚悟で死刑判決を出してほしいな。

心情はわかるけど、そうすると死刑を書く奴がいなくなる。
証拠捏造や信頼性のない証拠をあえて提示した検察のほうに
刑事責任を負わせるのならわかる。
裁判官は、検察、弁護側が正直にやってると仮定して話を
きかないと第三者として裁けないからな。

>冤罪を根拠とした死刑廃止派は、死刑廃止運動よりも、冤罪疑惑に関与している司法当局を糾弾する活動を優先させたほうがいいんじゃないかな。

まったくそのとおり。

>>41
>死刑を廃止した欧州各国で犯罪が増えたという話は聞きません。

うん、それは確かにそうなんだけど、予防効果がないとは言えないでしょう。
あいつを殺してやると冷静に考え、それを実行するタイプの犯罪者には
死刑の存在はかなりの威嚇になるはずです。
大部分の犯罪者にはそれは通用しないわけですが。

では、死刑を廃止しても犯罪は減らないとして、本来死刑にされるべき
人間を死刑にしないことの利点はどこかにあるのだろうか?
有期刑にしてシャバに出す?それとも終身刑?

前者はまさしくナンセンス極まりないし、後者は余計に非人道的だという
批判がある。このへんはどうなんだろう。

56 :無責任な名無しさん:01/12/07 05:04 ID:88VA3+fd
応報刑論を展開している人は素人というのがよくわかるスレだね。
刑罰がすべて報復であるなら、殺したから死刑という簡単な理屈、
つまり目には目をで終わる話なのだけど、それから進歩した刑罰論
ではそう簡単な話じゃないんだよね。


刑罰の意味(予防効果、教育効果など)の観点から、死刑があると
犯罪者にどういう心理的影響を与えるか


人道的観点から死刑を行わないとして、なぜ人を殺しておいて
手厚く人権を保護されるのか

といった問題が出てくるわけね。
もし法律を学んだことがなくて感覚で「麻原は拷問!」なんて
言ってるとするなら、この二点についてちょっと自分なりに考えて
見たほうがいいと思う。

まぁ、死刑にしないならどうするのか?というのも考えるべきで、
俺には、すべての人権を剥奪した上で、(命の保証だけはある)
なんらかの作業に従事させ続ける(奴隷にする)というのが思いつく。

57 :無責任な名無しさん:01/12/07 07:01 ID:PQCdgv75
>>56
嘘吐き山田君。

58 :無責任な名無しさん:01/12/07 08:45 ID:Twu3PBDd
ここ、初めて見るんだけど、
おい、山田、お前どこにでも顔だすんだな(激w
で、山田、お前案外まともなこと「も」書けるんじゃないか(w
お前の意見に必ずしも賛成ではないが、
このスレのようなレスをつければ他のスレでも
蛇蠍のごとく嫌われることもねえんだよ(w
で、ここの山田に(他の板の山田じゃねえぞ)
ひとつ忠告。
生越云々のレスは一切やめたら?
あれ、関係ない人間には大迷惑。
そんくらいわかるだろうが(w

>まぁ、死刑にしないならどうするのか?というのも考えるべきで、
>俺には、すべての人権を剥奪した上で、(命の保証だけはある)
>なんらかの作業に従事させ続ける(奴隷にする)というのが思いつく。
ほんとにこれでいいのか?
それならあっさり殺したほうが、
本人の為にも、遺族の感情慰撫のためにもほうがいいと思うが。
じゃあどうするか?
それが誰にも提示できないからこそ、この件は難しいんじゃないか?

59 :yosinoya:01/12/07 10:21 ID:WY7VADbH
>>14
どうせならノコギリビキも。

60 :無責任な名無しさん:01/12/07 13:59 ID:/u7v499s
おりゃ、まともなことしか書かないが。

>あれ、関係ない人間には大迷惑。

まず自分からやめることだね。

さて
>それならあっさり殺したほうが、

いや、だから、殺すと取り返しがつかないから
殺さないという観点で考えたわけだが。
まぁ奴隷にしたらしたで人権がどうのと言い出すやつは
いるんだろうけど。

61 :無責任な名無しさん:01/12/07 14:02 ID:wcjUnZG2
>>60
嘘吐き、山田君。

62 :無責任な名無しさん:01/12/07 22:38 ID:IyVfrG41
>12/6 強盗殺人事件で無期懲役刑を受け、仮出所中だった1987年から88年にかけ、
>大阪市で若い女性3人を相次いで襲い、うち1人を殺害したなどとして、
>強盗殺人などの罪に問われた無職万谷義幸被告(61)の上告審で、
>最高裁第1小法廷は6日、死刑とした一、二審判決を支持、
>被告の上告を棄却する判決を言い渡した。これで死刑が確定する。

このおじさんの更生できる可能性はいかほどでしょうか?

63 :無責任な名無しさん:01/12/07 23:20 ID:4WsO4OQ1
死刑賛成派の中に、遺族の気持ちとか持ち出す人がいるけど法は復讐
のためにある物でもなく、刑は報復のために科すものじゃないよ?
自分の親族が殺された場合、犯人を死刑にしてほしいとは思うけど
そのために死刑は必要ってそれって、ものすごく野蛮な事じゃない?
タリバンや人食い族と変わらない原始的で野蛮な事だよね?
 それともう一つ、死刑は本当に犯罪者予備軍(我々すべての市民)
に対し抑止力となっているのかって考えた場合、疑問があるんだよ
なー。
たとえば、捕まったらどうしょうなんて考えてるやつは暴走族などは
やらないわけだし、一番やりにくい犯罪の殺人等をやる人が、結果を
いちいち考えながら行動を起こすとは考えられないんだよなー。
たとえば殺人なんて、バカでも想像はできるよっぽどの事をやるわけ
だし、その行為のあらゆる結果がその後自分に降りかかるって覚悟は
決めてるんじゃないのかなー。
抑止力ってそういう人に効いてるのかなっていつも疑問に思うんだよね。
タリバンのとこでは盗人の手首を切り落としたり公開でみんなの前でや
ってるわけでしょ?でも盗みをやる人はいるんだよねー。
それに死刑自体に何か釈然としない物を個人的に感じるのね。
死刑に変わる、死刑と同等程度の刑は、たとえば永久懲役とか、一生を
社会貢献(重労働とか)に費やすとかそういう刑はどうでしょう?
それか、もし抑止理論が正しいとしたら、テレビ公開でシノモミとかの
拷問を流すとかどうでしょう?首と鎖骨のクボミにじ筒を刺して、そこに
煮えたアブラを流し込むの。内臓は一気に燃え上がり、口から火を噴き、
沸騰した血液や内臓を腹から噴出すの。
多分毎週やっても犯罪率はさほど変わらないんじゃないかなぁー。

64 :愛の伝道師:01/12/08 02:22 ID:76ubHeYa
死刑にしろ、拷問したままの生き地獄にしろ、
罪の償いにはならん。

死ぬまで医療の人体実験に使用し、
死後その臓器を献体すべし。
なお、実験不可の体になった場合は強制的に死亡(絞首刑)とされる。


その稼ぎは被害者救済に当て、あまれば慈善団体に寄付。

これが一番いいんじゃないの?

65 :無責任な名無しさん:01/12/08 02:51 ID:0WitrWhr
>死ぬまで医療の人体実験に使用し、
>死後その臓器を献体すべし。

うんうん、こういうの。強制社会貢献っていうのかな?
とりあえずこういうの。

66 :無責任な名無しさん:01/12/08 04:45 ID:Mk1vO2Ho
>>63

>タリバンや人食い族と変わらない原始的で野蛮な事だよね?

確かに応報刑は原始的だけど、野蛮とはちょっと違うね。

あとはまあ、残虐な刑罰は憲法に反するので難しいだろうね。

>>64

>死後その臓器を献体すべし。

人体実験はどうにしろ、死刑の後はそれくらいしてもいいね。

67 :無責任な名無しさん:01/12/08 06:26 ID:ayqCYn16
>>66
嘘吐き山田君は、死刑。

68 :無責任な名無しさん:01/12/08 09:02 ID:glM9mBCu
http://www.nurs.or.jp/~nspixp/eitaro/index.html

69 :無責任な名無しさん:01/12/08 09:17 ID:0hm+hFB0
>>68
すごいねこのサイト。

>山田氏は、セガBBSその他close後は、主に2ちゃんねるにて匿名で活動している。
>そのためその活動頻度の割には知名度は0に等しい。しかし山田氏は、自作自演、
>煽り、荒らし、揚げ足取り、コピペ等、匿名板に於けるあらゆる負の要素を駆使して
>暴れるため、山田氏を研究することは、荒らし対策として非常に有用なのではと考える。

>現在はAGLAと名乗り、東京BBSで活動している。またしてもトラブルを起こしたようだ。何人かの人が脅迫されたり、自宅、仕事場、学校まで押し掛けられて、いやがらせされたりしている。

>えいたろ氏は、この一年間、ネ研管理者が荒木という人物だと勝手に勘違いし攻撃してきた

>2000/09/17 いたずらメールの主が、今度はnursにDoS攻撃してきてますね。ログを保全しておきます。

>というネタスレで遊んでいたのですが、これを真似したのがAGLA。

>発端となった、2ch@法律板のスレッド。論争相手のTAKI氏、揚げ足取り・煽りに終止するAGLA氏に嫌気がさし、議論から撤退。早い話がAGLA氏が放置プレーされる。そしてAGLA氏のお決まりの「勝利宣言」。しかしそれに飽きたらず・・・・。

>地上の楽園を追い出されそうになったえいたろ(AG)は、センターネットに場をかえ「p」等のハンドルで暴れまくった。

全部に根拠がない。
これ要約すると「俺がAGだと思った奴はみんなAG」ってことになるね。
まぁ、その人が何をやったのかって記述はじっくり読んでみないと真偽は
明らかにはならないけど、「誰も彼もAG」って論調で書いてておかしいと
思わないのだろうか?

70 :無責任な名無しさん:01/12/08 09:25 ID:0hm+hFB0
「センターネットで暴れていたのはえいたろ」
「えいたろはAG」
「2chで荒木を攻撃してるのはAG」
「ネ研にリロード攻撃をしたのはAG」
「2chで正しい法律を語るのもAG」
「トンデモ淫行条例反対サイトに反論したのもAG」
「理由はない」

はいはいそうですか。

「そのAGの暴挙をやめさせるために個人情報を公開した」

はいはいそうですか。

「暴挙と個人情報の公開を引き替えに和解を申し出たがAGは蹴った」

はいはいそうですか。
ていうかやってもいないことをやめろといわれても・・・。
ていうか本人に知らせないで勝手に和解を提案と言われても・・・。

71 :1:01/12/08 09:39 ID:Ttbfn9oA
とりあえず、裁判で無実を訴えるのを
反省の色がないとして
厳しい判決を出すのはやめてほしいなあ

72 :無責任な名無しさん:01/12/08 11:53 ID:KI9NN1Od
ああ、ごめんごめん。もし死刑が執行されて遺族の気持ちの高ぶりが
収まるんなら、実はそれって野蛮な事なんだよねっていいたかたの。

73 :無責任な名無しさん:01/12/08 12:03 ID:kLAd5jSb
>72
確かに。
でも生きていても犯罪を繰り返し、他の人にも迷惑をかけるなら
それも仕方ないかな、とも思うときがある。
そういう人になる前に、社会がなんとかするべきなのか・・・
知り合いのお父さんが仕事でやっていますが
死刑執行人も辛いと思います。
なんとかならないんでしょうかね・・・
以前は人間話せばわかる、と思っていましたが
最近、そうでもないかも、と思っています。

74 :無責任な名無しさん:01/12/09 05:05 ID:HRJr4Jy1
誰が足場が引っ込むボタンを押したのか分からないように
なってるって聞いたような記憶があります。

75 :無責任な名無しさん:01/12/09 06:28 ID:xX35unA/
>>69-70
嘘吐き山田君。

76 :無責任な名無しさん:01/12/09 06:34 ID:xX35unA/
>>74
嘘吐き、山田君。

77 :無責任な名無しさん:01/12/09 08:48 ID:GVq1UOo3
>>72
そうかもしれないけどな。
本当に大切な人が不条理に殺されたら、絶対に許せないけどね。
俺だったら絶対に復讐する。
その代わり、自分も死んでやるよ。

78 :無責任な名無しさん:01/12/10 19:22 ID:u0CedaPS
それをすると、犯罪者と同じ最低の人間になっちゃうよ?とか言われたりして(ワラ

79 :無責任な名無しさん:01/12/11 00:11 ID:W4XY99yz
秩序の維持のためには死刑は必要だろ
どんなにひどい犯罪犯してもそのうち世間に復帰できるとなったら
大多数の法律を守ってまじめに生きている人々から遵法精神が
なくなってどんどん世の中が荒れていくよ
まあ、人権屋の左翼弁護士が猛威を振るって社会のクズを
救っているから手遅れかもしれないが

80 :無責任な名無しさん:01/12/11 00:14 ID:zzfo8M6a
分かってると思うけど、終身刑にすればいいという議論もあるよ。
シャバに出なきゃそれでいいなら、終身刑を認めればそれで
よいということかな?

当然、それには「それも人権侵害」なんていう反論もあるみたいだけど。

81 :無責任な名無しさん:01/12/12 13:58 ID:krF+11H6
>>79
だいぶ2チャンネルに毒されてるな。
死刑が抑止力とならない事はタリバンの公開処刑や盗人の公開手首切りでも
犯罪者は少なからずいたことで解りそうなもんなのに。
だいたい刑期や刑罰を計算しながら犯罪する馬鹿がいるか。特に死刑になる
ような事をする奴はすべてを捨てて覚悟を決めてるっちゅーの
>人権屋の左翼弁護士が猛威を振るって
プッ マンネン2チャンネルって感じだなw

82 :政教分離名無しさん:01/12/12 14:12 ID:GW/c+cAM
>>81
強盗に入った二人組の片方が 家人を「殺っちおまおうか?」
といった時、相方が「殺したら死刑になるからやめとけ」と
たしなめた件がありますが、何か?

83 :無責任な名無しさん:01/12/12 18:32 ID:krF+11H6
>>82
どんなに厳しい法律がある国にも犯罪者はいますが、何か?
拷問刑や死刑への恐怖が秩序や遵法精神の源ではないですが。何か?
>人権屋の左翼弁護士が猛威を振るって
プッ

84 :1:01/12/12 18:58 ID:QwqwgIr1
最高刑が終身刑になったら
看守のなり手が少なくなるとみるが?

85 :無責任な名無しさん:01/12/12 19:10 ID:eLDiE4LO
ところで、終身刑があった場合、老衰で、ぴくぴくしてる時って
医療刑務所で、手厚く看護受けるんだろう?
癌なんかなったら、最新医療で、手術するだろうし
どうも納得いかないなぁ

86 :無責任な名無しさん:01/12/12 20:22 ID:teHE7gIQ
>>83
それが何か問題ですか??

87 :無責任な名無しさん:01/12/12 20:43 ID:mqYzhjxw
>>83
刑罰とは教育・改善のみが目的なのか?

88 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:01 ID:P6nKfNcd
>>87
つまり刑罰は更正のみが目的か?という事ですか?
刑罰とは読んで字のごとくですよ。ただ、罰則をどんなに厳しくしても
犯罪の減少や秩序の維持にはならないって事。日本や中国やアメリカで
死刑のおかげで犯罪が減ってるとは思えないでしょ?
それに死刑自体を取り上げても死刑にもいろいろ問題があるしね。
別に厳罰にしても意味はないとはいってないよ。抑止の理論がインチキ
だってこと。

89 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:12 ID:V3ePq/O5
>>88
抑止の理論がインチキだから死刑は廃止したほうがいいのか?

キミが>81で言ってる
だいたい刑期や刑罰を計算しながら犯罪する馬鹿がいるか。

間違いなく居ると思うよ。
だから、出たり入ったりする奴が絶えない。

90 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:40 ID:Skrj7Lxg
既に死刑廃止している国で、
廃止したからといって、有意に犯罪が増えたという話が無いのも事実ではある。

91 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:46 ID:teHE7gIQ
>>90
それが何?

92 :無責任な名無しさん:01/12/12 23:26 ID:0M09Azdv
>>91
何って何?

93 :無責任な名無しさん:01/12/13 01:25 ID:taTJ+uq3
何って、ナニだろう。

94 :無責任な名無しさん:01/12/13 01:26 ID:85ERvI+K
>>90
死刑は威嚇の為だけに置いてるんじゃねえだろうがw

95 :無責任な名無しさん:01/12/13 01:59 ID:QTcvLLCr
最初の方読まずに書いてるのかな?ループしてるね。

96 :無責任な名無しさん:01/12/13 07:02 ID:eh5l+wGw
>>95
嘘吐き山田君。

97 :無責任な名無しさん:01/12/13 09:36 ID:0I55KRRK
>>90
確か北欧のある国では、死刑を廃止したら凶悪犯罪が増えたんじゃなかったっけ?

98 :無責任な名無しさん:01/12/13 11:11 ID:nSUziPze

統計って、いくらでもウソをつけるからキチンとしたソースが欲しいわな

99 :無責任な名無しさん:01/12/13 21:53 ID:Y8FX4W29
>>89
>抑止の理論がインチキだから死刑は廃止したほうがいいのか?
死刑=最も重い刑罰だとして、それの抑止の理論がイマイチ信用ならん物だとする。
現在の裁判制度上、というか人間のやる事だから冤罪は100%回避する事ができないわけ。
こういえば、刑罰の一つとして殺しちまうってことがどういう事になるかわかってこない?
誰かの死刑のあと、真犯人が出てくることも0%ではないわけだ。となると殺してしまう刑
罰の危険性がわかってこない?
まあ、この他にも死刑制度についてはいろいろ問題があるけどね。
>キミが>81で言ってる
>だいたい刑期や刑罰を計算しながら犯罪する馬鹿がいるか。
死刑になるようなとんでもない事をする奴が、刑期や刑罰を計算するかってことだったんけ
ど、いるわけだなるほどなー。 やったあとで無期狙いであがくことは知ってるけど。

100 :無責任な名無しさん:01/12/13 22:02 ID:SHF2XHyK
100!

101 :無責任な名無しさん:01/12/13 22:23 ID:h0Ck+kEb
>>99
ガイシュツです
それに死刑廃止の理由になってません

102 :無責任な名無しさん:01/12/13 23:12 ID:Y8FX4W29
>>101
ああ、5で出てたみたいね。スマソ
ところで、冤罪がありえるからというのが廃止の理由の一つにもかすらないか?

103 :無責任な名無しさん:01/12/13 23:49 ID:h0Ck+kEb
かする とは思いますが…

104 :無責任な名無しさん:01/12/13 23:51 ID:DEAE+oR+
>23や>52
に賛成だね。
罪は”償って”もらわないとね。
自給自足でただ働き。これが最良と思います。
経済的にも、治安の面からも最良。
通常は人件費がかかってできない肉体労働を優先的にやらせるべき。
もちろん月月火水木金金でね。
終身刑食らったら一生ただ働き。死刑のほうがまだましだと思うだろうね。

105 :無責任な存続派:01/12/14 00:19 ID:uJmF8YAd
まずは、以下の記事を読んでいただきましょう。

-----------------------------------------------------------
1997年10月に東京都小金井市で、山一証券からトラブル処理の依頼を
受けた弁護士の妻を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職の西田久被告(65)
に対し、東京地裁は6日、無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。木村烈
裁判長は「山一証券が損失補てんに応じないことについて弁護士を逆恨み
した犯行で、身代わりに妻を殺害された遺族の悲しみは計り知れない。
しかし、被害者数などを考えると、究極の刑罰である死刑の選択が真に
やむをえないとは言い難い」と述べた。

検察側は「金銭的利欲のための犯行で強盗殺人にも匹敵し、周到かつ卑劣な
計画に基づいていた」などと主張して死刑を求めた。しかし、木村裁判長は

(1)主な動機は報復にあり、強盗殺人に匹敵するとまでは言えない
(2)被害者への殺意は弁護士殺害の目的が果たし得ないと考えた際と
    っさに生じたもので計画性までは認め難い――

と判断した。

法廷で傍聴した遺族の岡村勲弁護士(70)は、時折目にハンカチをあて、
量刑理由の言い渡しの際には鉛筆でメモを取った。判決後、岡村弁護士は
「軽すぎる。今日は家内の65回目の誕生日ですから……」と無念そうな
表情で話した。
[毎日新聞9月6日]

106 :無責任な存続派:01/12/14 00:19 ID:uJmF8YAd

なるほど、これは何とも卑劣かつ凶悪な犯罪です。被害者本人は勿論、
ご遺族の方々への同情の念を禁じ得ません。しかしながら、聞き捨てならない
のは岡村弁護士のコメントです。「(無期懲役が)軽すぎる」ということは
「死刑が妥当」という意味でしょう。被害者感情とすれば当然。

しかし岡村弁護士は弁護士会での要職を歴任してきたと聞いています。
弁護士会が「人権」を錦の御旗に会ぐるみで死刑廃止運動等を行ってきた
ことを考慮すれば、ちと都合がよすぎるのではありませんか?

まさか、一般人の殺害には死刑はダメだが、弁護士とその家族の殺害なら
死刑に処すべし!などとはお考えになっていませんよね?

好意的に考えれば、自分の家族が殺されて初めて被害者の気持ちが分かった
のでしょう。であれば、岡村先生!国民感情からあまりにも乖離している
弁護士会の正常化に、是非とも尽くして下さい。

亡くなられた奥様もうかばれるものと思います。お願いします。

107 :無責任な名無しさん:01/12/14 00:37 ID:NZ1guISn
刑罰は、犯罪者の更正や、道理的な裁きをおこなう為にあると思います。
本件において、裁判官は、極刑を決めなかった理由として、本件の犯人の動機は報復であることも上げています。
これは一考する価値がありますね。
人は近しい人を奪われると、どうしようもなく簒奪者をにくんでしまいます。
報復は恐ろしいシステムです。
高速増殖炉文殊より効率的で強力に、憎悪と報復のエネルギーを増殖します。
もちろん、死刑の乱発によってある程度は犯罪を抑制できるかもしれません。
でも、死刑を宣告された人にも近しい人はいるかもしれませんから。

108 :無責任な存続派:01/12/14 00:55 ID:uJmF8YAd
>>107
法治とは「報復を否定するコト」ではありません。
「法が報復を制御するコト」ですよ!

だいたい「報復が恐ろしいシステム」とは何ですか??
(広義の)報復は人間が生きていく上で必要不可欠なモノです。
盗みをしても咎められず、人を殺しても罰せられないような
環境で生きていくことはできません。

109 :無責任な名無しさん:01/12/14 01:42 ID:8RfeDv8i
>>99
冤罪の可能性がある裁判は死刑判決の出る裁判だけか?

人間のやる全ての裁判には間違いがありうるから、裁判なんて廃止すべきか?w
あほくさ

110 :無責任な名無しさん:01/12/14 01:54 ID:s4HNf3hP
>>108
極めて理性的な意見だと思います。
法が報復を制御するかぁ、かっこいい。

111 :無責任な名無しさん:01/12/14 05:32 ID:dmjKRN53
>>106
>まさか、一般人の殺害には死刑はダメだが、弁護士とその家族の殺害なら
>死刑に処すべし!などとはお考えになっていませんよね?

俺にはそうは読めないが・・・。
弁護士によって死刑賛成反対いろいろあるだろう。
その人が普段死刑反対と言ってるならその批判も成り立つが・・・。
弁護士会に所属しないと弁護士出来ないでしょ。

>>108
前半は理解できるが、後半は変。
日本の刑罰は報復を目的としているわけではないので、
報復を禁じても刑罰を科せなくなる事はない。
報復自体は社会的に一切許されないものだと言える。
違法行為への報復すら禁じられる。違法行為は法が裁く。
それは決して報復ではない。

>>109
それはもうずいぶん前に俺が言った。ループするな・・・。

112 :無責任な名無しさん:01/12/14 06:50 ID:O9SU/sNx
>>111
嘘吐き山田君。

嘘を吐き続けてループするな・・・

113 :無責任な名無しさん:01/12/14 12:22 ID:l4S0YvzS
>>111
> 日本の刑罰は報復を目的としているわけではないので、
> 報復を禁じても刑罰を科せなくなる事はない。

これは余りにも机上の空論ではありませんか?
「被害者の報復感情を満たすことを目的とする」と
いう文言がないから「刑罰の応報的側面は一切存在しない」
と言うのですか?

余りにも当たり前のことであり、かつ本能的な
感情の産物で うかつに認めると いくらでも拡大
解釈される危険なものだから、あえて書いてない
のだと思いますが。

死刑を宣告するのが冷酷であるというのなら、
犯罪者に対する応報感情を持つなというのも
それと同様に 犯罪被害者にとって冷酷なものです。

刑罰に人間の感情が介在する余地が全く無いなら、
何人死刑になろうと冤罪になろうと関係ない、という
ことに なりますよ。 「冤罪であることが明らかに
なった場合は補償が受けられるから、死後でも名誉が
回復されるから問題ない」という風にね。

114 :無責任な名無しさん:01/12/14 13:45 ID:nr/1UHaH
>>111
おまえエラソーに、何様?
法律板一のキラワレモノのくせに

115 :無責任な名無しさん:01/12/14 16:20 ID:wLwflMAu
>>109
万一のときに助け出せる余地が残る終身刑や懲役などと、
これを完全に無くしてしまうことになる死刑は性質が異なる。
終身刑・懲役でも年月をもどすことは出来ないが、
やっぱり命そのものを絶ってしまうこととは違う。

個人的には間違いがありうるからこそ、
万一のときに助け出せる余地を残せる制度のほうが望ましいと思う。

116 :無責任な名無しさん:01/12/14 16:50 ID:3Uo1irZt
>>115
冤罪についてはこの手の議論するときに必ず出てくることだね。
ただ、俺は死刑制度は反対していない。
死刑を存置したうえで、ほんのわずがでも疑義があれば裁判官は勇気を持って無罪判決を下すべきだと思うね。
無罪判決によって裁判官は世間から非難を受けるかもしれないけど、そのために裁判官の独立が認められているのだからね。

とはいえ、フランスが死刑を廃止した経緯を考えると、死刑廃止論者の言うことも十分に説得性を持つものだとは思う。

まあ、人が人を裁く以上避けては通れない問題だわな。

117 :無責任な名無しさん:01/12/14 17:42 ID:b6W3Jo+L
>>115
社会で生きていく以上、どのような制度にもなんらかの犠牲は付き物。
社会の機能を維持するために刑罰制度(死刑も含めて)必要不可欠な制度だ。

だいたい、冤罪で死刑執行される奴なんて、極々レアケース。
冤罪で死ぬより、交通事故で死ぬ奴の方が圧倒的に多い。
じゃあ、年間1万人も死ぬのが予めわかっているのに、なぜ車の運転を禁止すべきという議論がでないのか?

社会が一方でその欠陥を認識しつつ、他方で得られる利益を優先させることを容認しているから。
死刑も一緒。
教育改善ばかり主張するアフォな奴らには、
刑罰が被害者に代わって、国が犯罪者に制裁を加えるという視点が決定的に欠けている。
被害者側への想像力の欠如

118 :無責任な名無しさん:01/12/14 17:59 ID:3Uo1irZt
>>117

言わんとすることはわかるが、
「社会が一方でその欠陥を認識しつつ、他方で得られる利益を優先させることを容認しているから。
死刑も一緒。」
これは理由にはならんだろ。
冤罪で死刑を執行されて、その反面で社会が得る利益は何なんだ?

119 :無責任な名無しさん:01/12/14 18:10 ID:b6W3Jo+L
>>118
冤罪で死刑を執行されて、得られる利益なんか無いだろう?

冤罪を覚悟しつつ、死刑制度を存続させる利益を考えるべきじゃないのか?

120 :無責任な名無しさん:01/12/14 18:15 ID:3Uo1irZt
そもそも、死刑については利益衡量論もちだしても仕方ないだろ。
それに
「じゃあ、年間1万人も死ぬのが予めわかっているのに、なぜ車の運転を禁止すべきという議論がでないのか?」
これもめちゃくちゃな理論だよ。
だったら、毎年必ず医療過誤で死ぬ人いるから医療行為はすべて禁止にしろってなるか?

121 :無責任な名無しさん:01/12/14 19:03 ID:s05TZ4Hg
素人ですいません。
最近は、性能の良いウソ発見器があるんだから、死刑事件には
ウソ発見器でテスト強制すれば、冤罪はなくなって裁判官も
悩むことなく死刑にできると思うんですけど、何か法律上の
問題でもあるんですかね?

122 :無責任な名無しさん:01/12/14 19:25 ID:3Uo1irZt
>>121
ポリグラフ検査は、性能がよくても限界がある。
それに、強制となれば黙秘権侵害のおそれもある。
よって、法律上問題大有り

123 :無責任な名無しさん:01/12/14 19:37 ID:DcBOpWgP
>>120
読めてないな。
ちゃんと>>117読んでからレスしたほうが良いぞ。
117は>115に皮肉として
『じゃあ、年間1万人も死ぬのが予めわかっているのに、なぜ車の運転を禁止すべきという議論がでないのか? 』
言ってるんじゃないか?
クルマを禁止しろといってるんじゃないだろ。

全て、社会がある程度の危険の存在覚悟した上で有益だから認容し存続してるといってるんじゃないか

医療だって、自動車だって、刑罰だってみんなそうだろ。

124 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:12 ID:5JqhWi6B
皮肉になってるとも思えないけどな。どうでもいいが。

125 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:35 ID:c4ry2njQ
>>123
では死刑にあって終身刑その他の刑罰に無い有益さって具体的に何?
それは冤罪で無実の人を殺す危険の存在を覚悟してまでも
必要と言い切れるほどの利益なのか?

126 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:42 ID:o8XwNvIg
>>133
>「被害者の報復感情を満たすことを目的とする」と
>いう文言がないから「刑罰の応報的側面は一切存在しない」

違う違う。報復や応報刑というのは、ある意味古い、野蛮な
理屈だっていう考え方が日本の刑法学にあるの。
刑罰は、報いという一面もあるんだけど、一応名目としては
教育を目的にしているわけ。
だから、報復をしてはいけないという法律や憲法が出来たとしても
それは刑罰を科する事が出来なくなるわけではないってこと。

>犯罪者に対する応報感情を持つなというのも

恨みを持つのは勝手ですが、行動に出てはいけません。

>刑罰に人間の感情が介在する余地が全く無いなら、

気持ちは分かるが、社会的危険や人権侵害に対してどう
対処するかというのが刑罰であり、感情論で左右されては
正当な運用は出来ない。
情状酌量は感情論ではなくて、危険(違法)の度合いによる
ものだという解釈が可能である。
まぁ、お白砂ではないのだから、感情で裁かれてはたまらない
というのは少し考えれば分かると思うけど、どうかな。

127 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:48 ID:o8XwNvIg
>>115
そもそも、誤審があることを前提とした論は順番が違う。
取り返しがつかないから死刑をなくするのではなくて
取り返しがつかないことにならないように、慎重に裁くように
するというのが正しい論理である。

>>116
>死刑を存置したうえで、ほんのわずがでも疑義があれば裁判官は勇気を持って無罪判決を下すべきだと思うね。

はげどう。
冤罪の可能性が少しでもあれば無罪。これ最強。
10人の真犯人を見逃しても1人の冤罪を出してはならない。

>>119
だからぁ、冤罪でも死刑にするのが目的で、死刑があるんじゃないから。

>>120
なるほど、とっても説得力がある話だよ。
リスクの一部だと割り切るしかない、というのと
人の命がリスクか!と理想論を言うのと。

しかし、人の命がリスクのうちとして許容されているのは
死刑にかぎらず、自動車、原発、食品添加物、農薬、軍隊・・
これらをなくすることは、よっぽど人の命を脅かすことになる。

128 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:51 ID:o8XwNvIg
>>121
122の言うとおり、嘘発見器というのは、うそをつくときに動揺するのを
関知するものだから、動揺=嘘とは言い切れないのでこれは
証拠としては一番信頼性の低い部類ものなのだ。

強制すれば人権侵害であるのは言うまでもない。

>>125
死刑の利点は、それを恐れる本能を持つ人間が、懲役などよりは
格段に多いからと、改善の余地のない悪人を排除できることにつきる。
あってもなくても大勢に変わりはない、とお互い言うが、そしたら
あったっていいじゃない。と俺は思うが。
これから大量殺人をしたいから死刑はなくなってほしいなら別だが。

129 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:09 ID:N1pTf0x5
うんうん、じゃあウソ発見器は使えんとしてもゲシュタポ
なんかが使った自白剤なら、修練積んだスパイでも白状
してしまうから、使えそうですね。無実の人は、白状しない
んだから問題ないでしょ?冤罪をさけるための非常措置と
してなら、黙秘権に優先するし、でしょ?

130 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:17 ID:TBXdO/Sh
>>129
自分がやったと思い込むまで尋問されたあとに
自白剤を使われたらどういう状態になるんだろ?

131 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:39 ID:wXqK4tkj
>>129
じゃあまず憲法改正から始めてください(w

132 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:59 ID:iDNFUyrC
冤罪である可能性があるから、某教団の教祖に対する死刑判決回避は妥当か?

133 :無責任な名無しさん:01/12/14 22:29 ID:TtOY8678
>>132
制度として死刑が廃止されればね。

134 :無責任な名無しさん:01/12/14 23:01 ID:xKWkx86W
自白剤って強烈な副作用があるんじゃなかったっけ。
へたすると死んじゃうぐらいの。

135 :無責任な名無しさん:01/12/14 23:07 ID:I4UNj7GY
>>126-128
嘘吐き山田君。

136 :107:01/12/14 23:16 ID:NZ1guISn
死刑は不用ではないと思います。
しかし、死刑が極刑である以上、それまでの段階があっても良いと思いますし、実際そのように運用されているように思います。
死刑のボーダーラインを低くとると、死刑そのものの効果が薄れ、大罪が増加する可能性があります。
どうせ死ぬのならと。

社会に対して絶対悪でしかない存在は排除する必要があります。
しかし、人は多かれ少なかれ悪を持っていますし、憎しみやねたみもほとんどの人が持ってるでしょう。
だからこそ、刑の執行は、できうる限り客観的で公平でなければなりません。
そして、1人を残虐に殺した殺人犯と、100人を毒殺した殺人犯とは、罪に差があります。
だから刑にも差があってこそ犯罪抑制効果があるはずです。
現在の刑法の目的は、罪に対する報復ではなく、社会を健全な方向へ向けることだと思います。
その点でも、報復としての罰則運用は慎むべきだと思います。

137 :無責任な名無しさん:01/12/15 00:55 ID:3I42JYkK
頼むよ、デムパの相手は止めてくれ。
法律板が電子レンジになるぞ・・・。

138 :99:01/12/15 13:46 ID:93NJ1eD7
>>109
だれがそんなこといったよ、なんかこういう奴と話するの
ほんとにアホくさいわ。
>>99
>冤罪の可能性がある裁判は死刑判決の出る裁判だけか?

>人間のやる全ての裁判には間違いがありうるから、裁判なんて廃止すべきか?w
>あほくさ

アホ丸出し。

139 :無責任な名無しさん:01/12/15 14:24 ID:zj1uSqfR
アホはおまえだよ(ぷ

140 :無責任な名無しさん:01/12/15 14:55 ID:93NJ1eD7
>>139
>(ぷ

   プッ

141 :無責任な名無しさん:01/12/15 17:50 ID:F/gRXATt

程度の低い煽りはよそうぜ。 あくまでも理詰めで、な。

142 :無責任な名無しさん:01/12/15 18:22 ID:B0kuknLp
はいそうですね。
文章をまともに読めない馬鹿は放っておいたほうがいいですね。

143 :無責任な名無しさん :01/12/17 17:31 ID:NADiFUEu
死刑制度の是非については「犯罪抑制効果の有無」
「応報感情、被害者感情」「冤罪の可能性」
「終身刑による代替」の4つの点が重要な争点になっています。
「犯罪抑制効果」(=一般予防)は、両派から主張されていますが、
その効果は明らかになっていません。
効果は存在するのでしょうけども、どの程度か判らないのです。
また、威嚇効果のためだけに、刑罰を科すことは、罪を犯した者の
責任以上の責任を負わせることになってしまいます。
この問題を論じるのは妥当ではありません。
世論調査の結果から判るように、死刑制度存置の理由として
応報感情や被害者感情を挙げる人が多いですが、
やはり現在の我々の考え方において、死刑による「犯罪抑制効果」
は信じられていますし、「被害者感情」の癒し、という意味では
「応報」という考え方が根ざしているからでしょう。
確かに、被害者感情も無視することはできませんが、
わが国では、原則的には、刑罰が復讐の
(被害者感情、応報感情を満足させる)方法であってはならないのです。
ですから、被害者感情、応報感情のみの理由をもって、
死刑存置を主張することは妥当ではありません。
死刑廃止派の中で、「冤罪の可能性」を多くの人が挙げています。
死刑が執行されてしまった場合、永久に権利の回復が
出来なくなってしまうことは大きな問題です。
しかし、死刑執行までの期間が10〜20年であることを考えると、
その後冤罪であると認められる可能性は、皆無ではないかと言う反論もあります。
しかし、免田事件と言う冤罪の事件があり、
三十年以上死刑囚として牢獄につながれた後、
無罪と言う再審判決が出たこともあるので、
冤罪であると言うことが判明する可能性はゼロではありません。
「終身刑による代替」は、被害者感情が満たされないことを死刑存置派側からは、
主張されています。一方、死刑廃止派からは、冤罪によって権利の回復が
不可能になることが避けられる、と主張しています。
死刑制度に限らず全ての刑事事件は、真実を推測するに過ぎず、
その認定を人間が行っている以上、冤罪の可能性は絶対に排除できません。
また、被害者感情、応報感情は無視できない問題ですが、
死刑制度存置を主張する根拠にならないと思います。
これらから終身刑による代替が相当であるとの結論が導かれるのでしょうか。
確かに、死刑は冤罪の可能性があることは否めません。
死刑の存廃についても世界的に、「非人道的で残虐な刑罰」であるとの理由で
廃止の方向に進んでいると言えますが、しかし、終身刑は考え様によっては、
誰にとっても無意味な制度であるとも考えられないでしょうか。
冤罪であることが判明した場合に権利の回復ができるようになるとしても、
死ぬまで出ることのできない監獄に囚人は死への恐怖とは違った、
絶望感を抱くのではないでしょうか。死ぬことを許されず、
自由を奪われたまま、なお生きなければならないと言うことは、
むしろ、死刑よりも囚人にとっては酷な刑罰であるとも考えられます。
また、無視できない問題である、被害者感情、応報感情も死刑に比べ
満足させられなくなります。つまり、どちらからも意味のない制度
になることも考えられます。この点は十分に議論しなければなりません。
また、死刑と無期懲役の量刑の差が余りにも大きい
(無期懲役の仮出所は大体10〜20年)ことから、
死刑を科刑する判断基準が明確でないのではないかというように、
様々な視点に立って、存廃や改善策を考えることもできるのではないかと思います。

144 ::01/12/17 23:26 ID:6HV+lOM8
死刑囚はニトログリセリンを一気にゴックン

145 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/17 23:30 ID:c5ZWeYwN
死刑囚の臓器は有効利用されないのですか?

146 ::01/12/17 23:36 ID:k9G/elFa
>>145
死刑囚の臓器なんぞ誰も欲しがらない。

147 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/17 23:40 ID:c5ZWeYwN
死ぬよりはマシだと思うけどなあ。

148 :依頼人:01/12/17 23:56 ID:p/XZZnNX
>>1殺人が可能な人類に死刑は有って当然だ。しかし更正の余地有る者には慈悲も必要。

>>145
売らせてくれるなら俺が売るんだがな・・・囚人臓器

149 :無責任な名無しさん:01/12/18 01:41 ID:w8DibmtQ
>>146
一応ドナーの情報は非公開なので大丈夫だろう(わら

150 :無責任な名無しさん:01/12/18 05:46 ID:C1fJgpRu
刑の重さについてだが、死刑は本当に罰にあたるのかと最近思う。
世の中には自分で自分を死刑にしちゃってる人が大勢いるわけで、
特に破滅型の人間が大罪犯した場合、
殺してやるのは罰よりも慈悲に近いんじゃないか。
世の中からいなくなっただけで、全然罪を償ってないし。

151 :依頼人:01/12/18 15:32 ID:8qulFO4v
同感、ではどう更正すれば僅かにでも償いとなり得るのでしょうか?

152 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:05 ID:GKRiR00w
応報を持ち出す馬鹿は相手にしないように。
せめて、三流大法学部志望程度の知識をつけてからくるように(藁

153 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:33 ID:e8EUQOVC
死刑廃止しろって言ってる奴が馬鹿。

世の中にはどうしようもない人間もいるんだからそういう奴は処刑してやった方が、
社会のため。

154 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:37 ID:e8EUQOVC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011207-00002043-mai-soci
<死刑確定>仮出所中に強盗殺人の男性に 最高裁上告棄却

 強盗殺人罪で無期懲役となり、仮出所中に大阪市内で短大生を刺殺するなど
4件の強盗殺人罪などに問われた無職、萬谷義幸被告(61)に対し、
最高裁第1小法廷は6日、死刑とした1、2審を支持し、被告の上告を棄却した。
判決は「罪責は誠に重い」と述べた。被告の死刑が確定する。(毎日新聞)
---------------------------------------------------------
世の中には同じことを何度も繰り返すどうしようもない奴もいるの。
廃止論者もいい加減認めろよなw

155 :141:01/12/18 20:55 ID:16zHXXQA

 そうやって対立する意見を持つ人を貶める事でしか
自己の意見を主張することしか できない >>152 の方が
この議論に参加して欲しくないのですが・・・

156 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:57 ID:GaQMsbyb
>>150
犯人にとって、ではなくて社会にとって刑罰を与えるので
死にたい人は殺してあげてもかまわない。
それは単なる感情論である。

157 :無責任な名無しさん:01/12/18 22:21 ID:1grkprRZ
死刑判決:妻ら2人殺害の人材派遣業者に 宇都宮地裁
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20011219k0000m040115001c.html

なんとも微妙。

158 :無責任な名無しさん:01/12/18 22:34 ID:a0GXRuJd
>156
安楽死制度化推進派か?
俺は安楽死は好まんが、延命拒否はしたい。
ガンで延命されたらいたくてたまらん。

あらしたかな?

159 :無責任な名無しさん:01/12/18 23:11 ID:WxVz2QqN
真面目にって書いてあんだろ?感情論・応報を言う奴はレベルが低いよ。
そんなんだったら、めんどくさい手続きを経ずとも直接やればいいって
なるだろ?
遺族に足場を落とすスイッチを押させればいいってなるだろ?
真面目に死刑制度を論じるつもりなら、最低限の知識は必要だよ?ハムラ
ビ法典の時代にもどることもなかろうに。改めて一通り読んでみたけど、
ダメ。ここで存続を主張してる人は話にならない。
>世の中にはどうしようもない人間もいるんだからそういう奴は処刑してやった方が、
>社会のため。

なんなのこれ?チンパン?
>>155
死刑存続を言うのはぜんぜんOKだよ。でもね、復讐まがいを持ち出す馬鹿は、
まともに話をできるレベルにないの。貶めるんじゃないよ。相手にならないだけ。
話にならないだけ。君がもし司法を齧った事があるなら俺の言ってる事わかるよ
ね?

ちょっとがっくりきたけど、もうここにはこないよ。

160 :無責任な名無しさん:01/12/18 23:15 ID:awgag91P
生物学の観点から生態系の維持のため
人口の過多を抑制するために死刑も必要悪であると考える

161 :141:01/12/18 23:26 ID:ZutmscLM
>>159
> まともに話をできるレベルにないの。貶めるんじゃないよ。相手にならないだけ。
> 話にならないだけ。君がもし司法を齧った事があるなら俺の言ってる事わかるよ
> ね?

法云々よりも、159氏は コミュニケーション・スキルが足りません。
「知識」を、相手より優位に立つためのツールとしてのみ使用し、
知識の共有によるコミュニケーションだとか、知識を自分なりに
噛み砕いて表現して他人に伝える、なんてことには全く興味の無い
人なのでしょう。


> ちょっとがっくりきたけど、もうここにはこないよ。

そのようにして下さい。

162 :依頼人:01/12/19 00:06 ID:aIB0/BEZ
なあ? >>1
法云々よりも、遺族が報復に執着するのはどう思うよ?
憎しみの地獄は死刑執行の後どう昇華するのだろう・・・

何を以って殺人者の呪いから逃れられるのだろう。

163 :無責任な名無しさん:01/12/19 00:12 ID:H+oiDsrd
>>156
嘘吐き&荒らし山田君。

164 :無責任な名無しさん:01/12/19 00:55 ID:Hl4G4eQa
>>162
お前は報復に執着するほど苦しい眼にあったことがないんだろう
俺もないがな(w
だが想像力の欠如も問題だろ

165 :無責任な名無しさん:01/12/19 00:58 ID:Mj31nMF1
>>159
人の感情を無視して理屈だけをいじくりたいってことなのかな?
多面的な話が出るのはいいことだろ。
机上の空論好きそうだね。

166 :依頼人:01/12/19 01:16 ID:s0xdn6sJ
>>164
だな〜、どうやって想像力を鍛えるかな?
http://chatdrive.com/diary/seiji/

167 :無責任な名無しさん:01/12/19 02:38 ID:2/ZXeZBZ
>164
報復は自分の手でやればよろしい
応報感情を持ち出して、死刑を訴えるべきではないでしょう。

168 :無責任な名無しさん:01/12/19 02:57 ID:qnqnAGg5
>>167
自力救済を禁止してるからこそ国家が刑罰権を独占してるんじゃないのか?

169 :168:01/12/19 03:17 ID:2/ZXeZBZ
実際、自力救済を全く無くすことは無理だと思う
人間て感情の生き物だし。
しかし、報復を行った人は罪に問われるべきだし
また、国家が運用する法には感情なるものは極力排するべき。

170 :無責任な名無しさん:01/12/19 03:19 ID:2/ZXeZBZ
わり、167

171 :無責任な名無しさん:01/12/19 06:55 ID:K47dxhre
日本の刑罰は報復を目的にしていない。以上。

172 :無責任な名無しさん:01/12/19 07:06 ID:/8j4n0Jj
>>171
嘘吐き&荒らしの山田君。

173 :無責任な名無しさん:01/12/19 12:11 ID:P6NAW1dD
  ∧_∧

( ´∀`) 何で応報論がアフォなのか説明してよモナー。
(    )
 | | |
(__)___)

174 :依頼人:01/12/19 12:28 ID:aIB0/BEZ
応報で完結ってハリウッド映画のテーマだな。
人にはそれしか選択肢無いのかね?

175 :無責任な名無しさん:01/12/19 16:25 ID:6KY0d2qJ
死刑が有る場合
「もうどうせ死刑だ。盛大に楽しんでやろうぜ」
死刑が無い場合
「もうどうせ一生労の中だ、盛大に楽しんでやろうぜ」

抑止力無〜しっ!

よって・・・殺しとけ(w

176 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/19 16:32 ID:AO+gQSGI
実際そう言う自暴自棄になった犯行って多いの?

177 :依頼人:01/12/19 19:35 ID:kIZb+8/b
自暴自棄にならずに犯行に及ぶ奴も不気味。

178 :無責任な名無しさん:01/12/19 20:56 ID:nbYDX6P+
>>165>>168-169
完全に同意
>>159
>真面目にって書いてあんだろ?感情論・応報を言う奴はレベルが低いよ。
と思う理由を説明すべき
自己の価値観と異なる価値観を排斥する人間が法を論じること自体が誤り
そもそも世の中論理だけで動いているわけではない
人間とは理性と感性の両方を兼ね備えた生き物なのである
感情で人間は動くし論理でも人間は動く
法律がそもそも論理によって構成されているという表層の下に極めて倫理的な
人間の情緒が隠れているということがおそらく159のような人間はまだ理解できていないのだろう

179 :無責任な名無しさん:01/12/19 21:18 ID:rUWUzBIY
>178
その論理の必要性を否定してるのかい?
借りは倍にして返す。
という台詞から解るように、人の感とは増徴しやすいものと言うことは肯定できるかな。
あなたは、片目には、両目を、歯1本には総入れ歯を望む応報の現実を、論理的判断なしにどう処理するのか?

180 :依頼人:01/12/19 21:42 ID:xOLy2V+H
だから、、応報に関しては俺も理解できる。

俺が聞きたいのは応報しか無いのかって事?人として。
必ずあるはずだろ?人として。

逆に死刑囚の償いの生とは何?
法的定義とかじゃなくて人として。

司法を語る方々に真面目にお聞きしたい。
法的定義とかじゃなくて人として。

181 :無責任な名無しさん:01/12/19 21:52 ID:e3RByuIX
刑罰は行政に入るだろう

182 :無責任な名無しさん:01/12/19 22:45 ID:C0E1BY0k
>>178
頭が固いな
論理の必要性は十分に肯定した上で言っている
君は議論に感情を入れることを否定しているようだがそれでは何ら意味がないということを言おうとしているのだ
君の言っていることは極めて当たり前のことであって「感情」というものから逃げているに過ぎないということだ
なぜならば解決できるのは論理だけではないからだ

183 :無責任な名無しさん:01/12/19 23:00 ID:UI4YWApt
>182
言っている事が178の云わんとしている事と
全く同じだと思うけど・・・

184 :無責任な名無しさん:01/12/19 23:48 ID:7gY0rLN8
>>183
極めて単純な話を179が理解できていないだけのように思われ

>>180
死刑だろうが生き殺しだろうが被害者の遺族の恨みを消すことに役に立つまい
いや、もう少し正確に言えば法的制裁を加えたところで死人が生き返るわけではない
したがって被害者の遺族の気持ちを斟酌したところで死刑制度存続廃止の2元論は
無差別であるとしかいいようがない
即ち、そのような観点から「制度」を論ずるに足る意義に乏しい

185 :無責任な名無しさん:01/12/20 00:38 ID:A0J2Ie8x
>>143がある程度論理的なレスをしているので簡単に

>死刑制度の是非については「犯罪抑制効果の有無」
>「応報感情、被害者感情」「冤罪の可能性」
>「終身刑による代替」の4つの点が重要な争点になっています。

よくまとまっているな。納得。結論から言うと犯罪抑制効果はあるだろう。
むしろないというほうが難しい。
ただし、それも個人によって生に対する考え方が違うだろうから、生に対する
執着を持っている人を仮定した場合と限定をつけておくことにする。

被害者感情から死刑制度の是非を論ずる意義に乏しいと思うということは既に述べた。

冤罪の可能性については実務(理論からではない)から見た場合仕方がないであろう。
どうしても論理付けるならば我々がこの世界で人間が存在するあり方そのものに目を転ずる他ない。
人間がもし他者としての私にすぎないならば要するに単純明快である。
「自然主義」とはそういう認識に他ならない。

しばしば自己責任という言葉が使われるがこれは情報公開を前提にした概念であるといわれる。
であるならば裁判で全ての情報に基づいて裁判長は結論を下すであろうか。
否。裁判とは完全なものではない。
与えられた証拠に対して正確な法的技法を適用すべきは法律家の使命ではあるが、
その限界と同時に、情報の偏在についても議論すべきである。

186 :無責任な名無しさん:01/12/20 00:39 ID:A0J2Ie8x
>「犯罪抑制効果」(=一般予防)は、両派から主張されていますが、
>その効果は明らかになっていません。
>効果は存在するのでしょうけども、どの程度か判らないのです。
>また、威嚇効果のためだけに、刑罰を科すことは、罪を犯した者の
>責任以上の責任を負わせることになってしまいます。
>この問題を論じるのは妥当ではありません。

そんなことはない。
むしろどの程度効果があるか分かればどの程度の責任を負わせるのが妥当なのか分かるはずである。

>確かに、被害者感情も無視することはできませんが、
>わが国では、原則的には、刑罰が復讐の
>(被害者感情、応報感情を満足させる)方法であってはならないのです。
>ですから、被害者感情、応報感情のみの理由をもって、
>死刑存置を主張することは妥当ではありません。

同意。

>また、被害者感情、応報感情は無視できない問題ですが、
>死刑制度存置を主張する根拠にならないと思います。
>死刑の存廃についても世界的に、「非人道的で残虐な刑罰」であるとの理由で
>廃止の方向に進んでいると言えますが、しかし、終身刑は考え様によっては、
>誰にとっても無意味な制度であるとも考えられないでしょうか。

要するに君はどういう立場なんだ(w

>冤罪であることが判明した場合に権利の回復ができるようになるとしても、
>死ぬまで出ることのできない監獄に囚人は死への恐怖とは違った、
>絶望感を抱くのではないでしょうか。死ぬことを許されず、
>自由を奪われたまま、なお生きなければならないと言うことは、
>むしろ、死刑よりも囚人にとっては酷な刑罰であるとも考えられます。

だからこそ個人の選好を考慮に入れなければならない難しい問題なのだと思う。

>また、無視できない問題である、被害者感情、応報感情も死刑に比べ
>満足させられなくなります。つまり、どちらからも意味のない制度
>になることも考えられます。この点は十分に議論しなければなりません。

基本線はそう思うね。ただ前に述べたように感情を制度で解決することは出来ない。
感情はあくまで被害者遺族が自ら乗り越えるべき問題であって法は感情を救う道具ではないと思う。
私は聞きたいが、1さんは一体この2元論から何らかの結論が出たとしてどのような効用があると考えているのだろうか。
問題はおそらく法律上の問題ではなかろう。
制度の生理面病理面を洗い出した挙句、結果最良の制度など見つからなかったという
現実に直面することをおそらくは直感しているのではなかろうか。
そのような悩みに答えられた時一体何が見つかるのかを聞かせてほしい

187 :依頼人:01/12/20 01:17 ID:WVnwbQNR
>>184
だから・・・制度じゃなく人として・・・
極めて単純な話を184が理解できていないだけのように思われ

君らは理屈は言うが人の道は語らないな?
俺は怨讐を越え得るレベルの選択肢は無いか?
と、、聞いてる。

188 :無責任な名無しさん:01/12/20 01:52 ID:ua+dhfwi
>>187
誰に、何を訊いているのですか??

> 俺は怨讐を越え得るレベルの選択肢は無いか?
> と、、聞いてる。

意味不明です。

189 :無責任な名無しさん:01/12/20 02:12 ID:zC9Nxapb
私怨でも刑法でも神でもない、現在のロジックを超越した、誰もが納得する原則に基づく裁きを模索しているの?
俺はそこまで考えると頭が知恵熱出してしまいそうだ。おやすみ。

190 :無責任な名無しさん:01/12/20 10:34 ID:9G+SmaHI
>>187
アフォな奴だ
そんなに知りたくば実際に家族を殺された遺族の前にしゃしゃり出て解決策を自分の足で探して来い
あそうそう、この前金スマで死者の怨念を御明師とかいう職業の奴がお払いしてたな(藁

191 :依頼人:01/12/20 12:10 ID:hrz8cE7i
>>190

アフォだがもう遺族の前にしゃしゃり出てるんだよ。
俺は遺族が憎しみに縛り付けられてるのを現実に見て哀れに思う。
応報で救われるともとても思えない。
応報以外に人には何かしら救済の道は無いのだろうか?
誰もが納得する裁きなど難しいと思うが、どうか暗中模索の俺に教えていただきたい。

192 :無責任な名無しさん:01/12/20 16:50 ID:gpW853rp
自分で考えろヴォゲ

193 :無責任な名無しさん:01/12/20 18:22 ID:5fYXua9d
おお真面目に議論してるよ。
死刑はあってもいいけど。どうせなら、殺人したら死刑で良いじゃん。
そうすりゃ人殺そうとは思わないでしょ。
死刑の範囲を狭めるんじゃなくて、広げないと効果は無いでしょ。
業務上過失致死でも死刑。みんな安全運転だよ。
医療ミスでも死刑。医者も厳しいよ。こうなるのが一番だよ。

194 :無責任な名無しさん:01/12/20 18:41 ID:jXLBX128
>>193
ついでに屁理屈並べる山田君も死刑にしとくべ(w

195 :無責任な名無しさん:01/12/20 19:06 ID:z1s73a9y
>>191
> 俺は遺族が憎しみに縛り付けられてるのを現実に見て哀れに思う。

憎しみに縛り付けられるから悲惨なのではない。
何の落ち度も無い人間が、いきなり生地獄におとされるのが不幸なのだ。

だいたい「哀れ」という言いぐさはないんじゃないか?
まるで「不幸なのは被害者の心の持ち方に原因がある」
みたいではないか。オマエみたいな被害者の心情を無視
した言いぐさをする奴が「死刑廃止」を唱えるから

 死刑廃止 = 犯罪者擁護

という構図が生まれるのだ。


> 応報以外に人には何かしら救済の道は無いのだろうか?

その前に救済の手段として「応酬」を初めから排除する
理由を ちゃんと説明してもらいたいものだ。

 応酬 = 悪いこと

という正しいかどうかも分からない前提に縛られて
思考を重ねても、時間のムダであろう。

196 :依頼人:01/12/20 19:09 ID:PjXniJMB
わかった、わかった、お前らに聞くだけ無駄。

197 :依頼人:01/12/20 19:12 ID:VH6gkCYe
応報 = 正しい事

という正しいかどうかも分からない前提に縛られて
思考を重ねて、糞の役にも立たない議論してろ。

198 :無責任な名無しさん:01/12/20 20:35 ID:rzp3RQzX
中国人はみな死刑は当たり前だというYO
っていうか依頼人さんは来なくていいからねバイバイ

199 :凶悪犯当然死刑:01/12/20 20:40 ID:oqTn9Gh/
応報=報復
依頼人クンはアメリカのアフガンへの報復も悪いことだと
思うんだね。NYいって堂々と報復は悪です、アメリカは悪です
って言ってこいよ。
その度胸もないんだったら、しのこの抜かすな、クソヴォケが!!

200 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/20 20:43 ID:yGiw+yUo
死刑以外に、残酷じゃなくて、遺族も納得できて社会的に償えて
本人が確実に更正出来るような刑罰があれば良いのにね。

201 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/20 20:43 ID:yGiw+yUo
あ、さらに抑止力も無くちゃなのか( ● ´ ー ` ● ;)

202 :無責任な名無しさん:01/12/20 20:51 ID:rl5WgEIv
依頼人=電波&山田君と認定

203 :無責任な名無しさん:01/12/20 20:57 ID:ksCPt2d0
依頼人 氏の

>>191
> アフォだがもう遺族の前にしゃしゃり出てるんだよ。

という発言から、私は「依頼人 氏の身近に犯罪被害者がいて、
それに深い衝撃を受けている」というようなコトを想像して
いたのですが、違うのでしょうか? → 依頼人 氏

もし上の通りなら、このスレでちょっと叩かれたくらいの
ことは、犯罪被害者の傷と比べたら とるに足らない些細な
コトだとだと思うのですが。

>>196
> わかった、わかった、お前らに聞くだけ無駄。

この程度で逆ギレしていて良いのでしょうか?

204 :無責任な名無しさん:01/12/20 21:41 ID:qKnKWyz7
正しいかどうかはともかく、応報=必ずしも悪ではない という観念に
普遍性があることは人類の歴史をみれば明らかだろう。

205 :依頼人:01/12/20 21:44 ID:VH6gkCYe
>>203
あなたの言う通りです、ありがとう。

 http://chatdrive.com/diary/seiji/

先の報復に正義など無い、ラムズフェルドとチェイニーとブッシュ親子が悪い。

206 :無責任な名無しさん:01/12/20 22:10 ID:2+yO7VHp
ってゆうかみんなわかってる?
日本の刑法は報復を目的に作られたものじゃないよ?
何のための法律だ?応報が人として正当な感情として在るということ
は否定しないが、そんなもので死刑制度の是非を論じるなら、何も小難
しくめんどくさい裁判手続きを通さなくてもいい方法があるんじゃな
いか?
こういうことだから、制度存続派の一部の感情論派が否定されるんだよ。
ルールや規範や刑罰はいかなる場合も復讐心を代換する物ではないよ。

おれも死刑は究極的最高刑として存続すべきだとは思うけど、復讐心と
かを持ち出す奴は軽蔑してるね。立場こそ違えど159の言うように法を
論じるにあたいしないとおもう。根本的そして基本的に法治の考え方が
ちがうんだもん。
死刑は執行するしないは別としても、ある種、人が執行する刑罰の究極的
形態の一つとして、象徴的な意味も含めおいておくべきだと思う。
外交手段の最後の一つとしての武力行使の権利みたいなもんかな。
社会が、ルールを侵す犯罪者に対してとる最後の手段か権利かな。やるやらんは別にしてね。

207 :無責任な名無しさん:01/12/20 22:48 ID:CDGWqUWy
>>206
> おれも死刑は究極的最高刑として存続すべきだとは思うけど、復讐心と
> かを持ち出す奴は軽蔑してるね。立場こそ違えど159の言うように法を
> 論じるにあたいしないとおもう。根本的そして基本的に法治の考え方が
> ちがうんだもん。

「 159の言うように」じゃなくて、アンタが 159 なんだろ。

208 :無責任な名無しさん:01/12/20 23:50 ID:JQIbUWoO
はっきりいって206の言っていることは何が言いたいのか全然理解できない
救いがたい
しかしこれでも当人は素晴らしいことを言ったと勘違いしているんだろうな

209 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:21 ID:os7zNdnj
俺も>207>208の言う通りだと思う。

206は何様のつもりなんだろ

210 :依頼人:01/12/21 00:28 ID:NM7t/eBT
>>207
お前みたいな奴が判事になるんだよ、きっと。
>>208
お前も理解できないなら黙ってろ

アメリカが悪いっ!!上げ

211 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:32 ID:SCeLdBbm

依頼人さんが 206 だったのですか。

分かりやすい人ですね。

212 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:51 ID:Rl51LLiV
もっといえば>>159も依頼人であり山田君
最近山田が荒らしまくってるなこの板を
各スレごとに山田対策を立てたほうが良いかも

213 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:58 ID:cgCd6z0P
たとえば、死刑があると…

人を数人殺した犯人は
「もういくら殺しても死刑だから殺しまくるべ〜」
となるが、殺していない人は
「死刑があるから殺すのやめよう」
となる。

もし死刑がないと?

何人か殺した人は
「いくら殺しても死刑にならないから殺すべ〜」
殺してない人も
「殺しても死刑ないし、殺しとくか」

となる可能性があるよ。

214 :無責任な名無しさん:01/12/21 01:03 ID:97wj5YyH
↑うむうむ、見事な抑止効果論からの論証です

215 :無責任な名無しさん:01/12/21 03:03 ID:C1DbuuSJ
死刑囚がその様に考えるかといえばそうは考えないんだな
実行行為に及んでいるときに、例えば2〜3人を殺しても、
自分は死刑にならないと考えるかもしくは、そんな事考えていないらしい。
つまり、外部的要因で行為を思いとどまらせるのは
死刑による抑止効果じゃないということ。
個人的には、行為を思いとどまらせるのは
個人の内面的な道徳観念や倫理観だと思う。

216 :無責任な名無しさん:01/12/21 03:08 ID:p0DUaEJA
夕刊に(殺人時効で不起訴遺族に苦痛)と載つとつたが。
非常に怒きどうりを感ずる.裁判所か法務大臣が仇打ち免許だして
遺族に仇打ちさしてあげたい.強い人を助だちにつけて。
死刑制度わ絶対廃止してわいけない。

217 :無責任な名無しさん:01/12/21 03:29 ID:C1DbuuSJ
だってさ、殺人の公訴時効は15年だよ?
15年って云ったら生まれたばかりの赤ん坊が
俺の恋愛対象になるかもしれない年にまで成長
するような時間でしょう。
それだけ長い時間を経過した後に、審理をした場合
証人や証拠も証明力が薄れると思うんだけど。
もし、審理をしたら、それこそ誤審の可能性が
高まるんじゃないの?
だから、それだけ長い間逃げた犯人は罪に問わない
というのは理にかなっていると思うんだけど。

218 :186:01/12/21 19:49 ID:37zmb2nz
1さんはもうここを見ていないのか
死刑制度の是非を論ずる実益がどこにあるのかぜひ聞いてみたいのだが・・・

219 :無責任な名無しさん:01/12/22 01:35 ID:aCouAJj8
死刑制度に何の疑問も意見も持っていないほうが怖い。

220 :無責任な名無しさん:01/12/22 02:39 ID:rRc7gQs9
>>217
そういうときは無罪になります

221 :無責任な名無しさん:01/12/22 03:15 ID:8U3Bv614
>>220
(゚Д゚)ハァ?

無罪判決じゃなくて、免訴判決が言い渡されますが何か?

222 :無責任な名無しさん:01/12/22 04:18 ID:QZZlvodA
>>221は知的障害者ですね。

免訴にしろ刑罰は受けないので、事実上220の言う無罪が正解。

223 :無責任な名無しさん:01/12/22 04:28 ID:/L90+54Y
>>220>>222だな(ワラ

だいたい、無罪と免訴って別もんだよな?

無罪は潔白と認定することだ。
免訴は手続の打ち切り。
決して無罪とイコールではない。

>>217を受けての>>220を読んだら、オカシイと思わないのか?

224 :222:01/12/22 04:34 ID:QZZlvodA
俺は220じゃないけどね。
220の言う「無罪」は「無罪判決」という意味ではなく
「罪に問われない」ということを示唆するもの。
ということは容易に想像つくだろ。

そういう意味で221は揚げ足撮り的だ。

225 :無責任な名無しさん:01/12/22 04:49 ID:/L90+54Y
>>224
全く想像しなかったよ(w

認定山田君

226 :名無し:01/12/22 04:54 ID:h0BmkWgd
死刑制度の廃止なんてとんでもない!
このまま行くと刑務所が囚人であふれかえっちゃうよ。
日本でも死刑制度の廃止に流れていっている訳?
だとしたら断固として反対。
ただ楽に殺すのはよくない。自分が殺した被害者の気持ちを分からせるために拷問しまくって死刑にしたほうがいい。
クズはクズのままでしかいられない。削除するべし!

227 :無責任な名無しさん:01/12/22 06:56 ID:2rvgwx/k
>>220
嘘吐き山田君。

228 :218:01/12/22 23:02 ID:bAyBHRF9
>>219
そんな程度の低いレスを求めているわけではありませんが

229 :無責任な名無しさん:01/12/22 23:06 ID:Q4fxyZw3
>>227

>嘘吐き山田君

自己紹介希望

230 :政教分離名無しさん:01/12/22 23:39 ID:THL4ByEc

>>219 はタダの感情論ですね。

231 :219:01/12/23 09:48 ID:rgNmKQlR
>230
確かに、指摘の通り感情論です。
刑法は詳しくないので、私の意見に法的な正統性はありません。
しかし、死刑制度を論じる実益がないということを言い放つだけでは、なにも解りません。
例えば
現在の死刑制度に満足しているのか、死刑事体不要といっているのか、
そう言うことを素人が論じても「馬鹿の考え休むに似たり」で法曹界にまかせておけば良いのか、
それがなければ、納得できませんね。

232 :218:01/12/23 22:19 ID:2ON7dxG+
>>231
君は>>184-186で私が述べたことを読んだ上で言っているのかな?
だとしたら全く私の言っていることの趣旨をはきちがえているので
法律以前に日本語のお勉強をなさってください。
もし読んでいないのなら読んだ上でレスつけてくれ。
別に1さん以外の方がレスつけるのは構わんが勝手な解釈をしてレスをするのはやめてくれ。
私は死刑制度を全体的な視点から見た場合「実益がない」などと一言も言っていない。
もし言っているなら指摘してほしいし言っていなければ>>219は訂正せよ。
私の言っていることに反論があるならきちんと論証せよ。
死刑制度について論じることが無意味だなどと言っているわけではなし
勝手に解釈され批判されても仕方がない。
そういう程度の低い議論をするつもりはないという意味で>>218を書いた。

233 :無責任な名無しさん:01/12/24 00:56 ID:iWFpFgwW
>>232
お前もいいたいことを簡潔に書けよ。
駄文をだらだら書きたいんならyahooかfj逝ったほうがいい。
それから匿名掲示板で「私」を主張したいんならコテハン使え。

234 :無責任な名無しさん:01/12/24 01:35 ID:o2P1V254
自分の読解力のなさを人に短い文章を書かせることで解決しようとするな
だから言ってるだろ
お前みたいな程度の低い人間と議論をするつもりはないと

235 :無責任な名無しさん:01/12/24 01:37 ID:o2P1V254
>私は死刑制度を全体的な視点から見た場合「実益がない」などと一言も言っていない。
>もし言っているなら指摘してほしいし言っていなければ>>219は訂正せよ。

それとこれに対して返答せよ。訂正しないなら今後レスしなくともよい

236 :無責任な名無しさん:01/12/24 02:05 ID:x0kIgDlQ
>>234
誰がお前と議論をしているんだ?

>>235
お前は今後レスしなくともよい。

237 :無責任な名無しさん:01/12/24 02:46 ID:4xi1Clsj
>>234
要領を得ない文章を書く奴はたいてい234みたいなこというね。
笑わせてもらったのでsage

238 :ななっし:01/12/24 09:39 ID:6zoFSvGB
第三者的に見ると経済的、治安的に安定している時代は死刑なしで
安定してない時は死刑アリって風潮があるように思うのだが・・・
まあその時代によって変わるって事だろうな・・・と思うのだが

免罪についてだけどそれはあると思う
裁判官も人間だし
そこでふと思ったんだけど
政治屋などの犯罪に関与して犯罪犯したとして死刑判決受けたとする
(この場合、政治屋が警察でもOKとして
そこでばれないように政治屋が裏で手を回して
死刑を早めたりもできると思うんだけど
そういうのは考慮されないの?と思ったりするのだが・・・・
激しく既出スマソ(・・;

239 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/27 13:29 ID:KU/PcnrS
12月27日死刑執行・現政権初
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news/1009421863/
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20011227k0000e040029002c.html

240 :無責任な名無しさん:01/12/27 19:32 ID:q1i/2+rz
>>239
やっぱり,って感じだね。
皇太子の嫁さんが孕んでる間はできないだろうと思っていた。
奉祝ムードが一段落ついて,年末押し詰まったドサクサ紛れということと,
宅間の初公判に合わせた面もあるのだろう。
いずれにしても法務省のセコイ態度は変わらんね。

241 :無責任な名無しさん:01/12/29 12:12 ID:I9R9jpqH
死刑存置派のみなさんへ

確定判決の取り消しを求める機会(再審請求期間)が、
宣告刑の種類によって差があってもよいといえる合理的理由を教えてください。

242 :無責任な名無しさん:01/12/29 12:15 ID:iIW7VlRi
>>241
意味不明。死刑に限らずどんな刑でも、執行の前後を問わず再審申立可能。

243 :241◇死刑大好き:01/12/29 13:06 ID:I9R9jpqH
>>242
>死刑に限らずどんな刑でも、執行の前後を問わず再審申立可能。

たしかに厳密にはそうですが、ここで問題なのは当然、本人についての場合。
あと、刑事補償についても同様ことを問いたいです。つまり、
誤判の場合に本人が刑事補償を受けることのできる機会(死刑の場合、当然ない)が、
確定した刑の種類によって差があってもよいといえる合理的理由を教えてください。

244 :241 ◆Fl6bOMM. :01/12/29 13:12 ID:I9R9jpqH
キャップ書き間違えた。はずかしー

245 :241 ◆WJazErZs :01/12/30 23:37 ID:slE5IiyD
なるほど

246 :無責任な名無しさん:01/12/30 23:43 ID:/K9KjObC
>>243
死刑に問われるような輩は、クロに決まってるからだよ。

247 :\:02/01/01 07:56 ID:ikVuLFKS
永山則夫は天国に行ったか?地獄に落ちたか?
それは、×一で子供までいる再婚の女がバージンロード歩いていいのか?悪いか?
ってのと同じぐらい難しい質問だ!

248 :\:02/01/01 07:58 ID:ikVuLFKS
NYテロの犠牲者が全員天国へ行くのか?
多分、贔屓目に見ても半分以上は地獄だろう・・・・

249 :\:02/01/01 08:04 ID:ac3OYJ2S
でも、僕としては永山が天国にいて欲しい!
何故ならこんな馬鹿なカキコついしてしまった僕でも天国へ行けるから。
だけどさー・・・・・・連続射殺犯のいる天国って地獄だよねー?
やっぱり、俺は極楽がいい!!!

250 :241 ◆.6N2hyeU :02/01/02 19:33 ID:DYoTheCI
>>246
>死刑に問われるような輩は、クロに決まってるからだよ。

その根拠は?

251 :無責任な名無しさん :02/01/06 16:53 ID:AKeLShfc
死刑廃止派の意見

イ、国家が人の命を奪う権利は認められるものではない。

ロ、死刑には一般予防の効果は認められない

ハ、死刑制度は残虐な刑罰である。

二、誤審の場合には、救済が不可能になる

252 :無責任な名無しさん :02/01/06 16:53 ID:AKeLShfc
死刑存置派の意見

イ、死刑の存置は国民感情に合致する

ロ、死刑には強力な威嚇力があり、犯罪防止に役立っている

ハ、犯罪者を完全に隔離し排除することができる。

二、死刑制度は憲法上、その科刑が認められている。

253 :無責任な名無しさん :02/01/06 16:54 ID:AKeLShfc
死刑に対する世論調査
「死刑もやむを得ない」  79.3%

「死刑は廃止すべきである」 8.8%

254 :241 ◆.6N2hyeU :02/01/07 00:51 ID:wGc6tdb3
>>252のニは、>>251のニに対する反論になっていないです。
なぜなら、死刑廃止論と死刑の合憲性−違憲性の当否は独立の問題だから。

255 :無責任な名無しさん:02/01/07 09:14 ID:DOAKzNOP
そりゃそうだろう。
>>252のニは>>251のハに対応しているっぽい。

256 :グローバリー:02/01/07 20:16 ID:a9xBMA1q
巨額詐欺の疑いのある、グローバリーについて

掲示板を拝見されてるの皆様、新年あけましておめでとうございます。
掲示板の趣旨とは直接関係ない話で申し訳ないのですが、この世の中では許せない事があります。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/sakimono/index.htm

この会社はありもしない儲け話をでっち上げ、巧みに客の財産を聞き出し、全財産を巻き上げます。

2002年になりましたが、一向に改善する気配すらなく、悪質化は進む一方です。
この会社の営業は世間の皆様の迷惑になっています。

それだけではなく、殺人事件なども実際に発生し、新聞ザタになっています。

みなさんもこちらの掲示板に投稿し、悪徳会社に騙される不幸な人が増えないようご協力お願いしま
す。


http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=q&board=8745

また、この書き込みを見て賛同頂ける方はこの内容をコピーしていろんな掲示板に書き込みをお願いします。

257 :名無しさん:02/01/08 01:59 ID:q1u9O+yH
人権屋の家族が、未成年や精神異常者に殺されたとしても、それでも犯罪者の人権
を守るのかね?

258 :無責任な名無しさん:02/01/08 18:24 ID:P6UMoKSh
実際には未成年や精神異常者だからこそ許されているのだろうけど、
納得いかないのも確か。人権の扱われ方には疑問が残るね。

犯罪者への刑罰が見せしめに使われないのも、また人権が絡んでくるからなの
だろう。しかし公開すれば犯罪の発生率は減ると思うのだが・・・

259 :無責任な名無しさん:02/01/08 23:25 ID:K/nRIArp
>>257
実際、死刑廃止運動をしている人たちが
最もたくさん浴びている問いかけじゃないですか?

多くの人は「はい、守ります」と答えています。

260 :無責任な名無しさん:02/01/08 23:33 ID:ymtR2EXP
>>259

言うは易し、行うは難し。

261 :260:02/01/08 23:34 ID:ymtR2EXP
個人的には仮釈放一切なしの無期懲役でいいと思う。

262 :ころちゃん:02/01/09 01:10 ID:Ex+cie/r
>257 例えば、「税金は納めるべきでしょうか?」と聞かれたなら、
 まともな社会人なら「納めるべきでしょう」と言下に答えるだろう。
  しかしそうは言っていても、自己申告には無関係な領収書を集め
 たりする人も多い。

  制度と個人の感情はイコールではないと思うが?

263 :ころちゃん:02/01/12 00:42 ID:0Bu62ING
 あげ

264 :無責任な名無しさん:02/01/12 01:12 ID:A1e5MZ4J
>>261
俺も同意だが、国民のほとんどが死刑存続に賛成しているのは
別の理由があるのだと思う。つまり「アムネスティだの人権派
だのの いう通りにしていたら『仮釈放一切なしの無期懲役』の
方は そのうちないがしろにされ、ただでさえ犯罪者に甘い状況
が ますますひどくなるだけ」と見切っているから。

つまり国民は司法を信頼していないのです。

そして彼らも、国民を納得させたり、支持を得る ことには
全く関心が無いらしい。このスレの死刑廃止論者もそのようですが。

265 :無責任な名無しさん:02/01/12 01:23 ID:jDgk15JB
そんなこと言い合ったってどうせ結論なんか出ないのは分かってんだろ?
家族を殺された悲しみ?
んなもん人間が虚構の世界で作り上げる勝手な感情だろ。
アフリカの動物たちを見てみろよ。
自分の子だからといって危険にさらされてる時まで子供を助けるか?
それを守ることができるのは人間だけだなんて根拠のない理屈言うなよな。
勝手に決めつけるな。
俺らの常識で考えるな。
死ぬ。
これきわめて自然の道理。
死んだら死んだでスパッとあきらめろ。
お前ら何ウジウジしてるんだよ。

266 :無責任な名無しさん:02/01/12 01:40 ID:A1e5MZ4J
>>265
ツマラン煽りですね…

267 :無責任な名無しさん:02/01/16 02:47 ID:JgBfSm0O
ICC批准のこととか考えると、いつまでも死刑を存続させておくのは国際的な利益に
そぐわないと思う。
現在の憲法解釈では、刑法で終身刑を規定すれば自動的に死刑が適用できなくなるんだから
さっさと改訂するべきだ。

268 :無責任な名無しさん :02/01/16 07:35 ID:YDYr7W3g
死刑の1つ下が無期懲役って言うのは問題あるな。
個人的には、無期懲役の上に恩赦のありうる終身刑と
恩赦の無い絶対的終身刑を作ればいいと思うのだが。

269 :無責任な名無しさん:02/01/16 13:18 ID:Ra0eCl92
シロウトの漠然とした印象なんだが。
死刑制度廃止しているヨーロッパの国って、けっこうみんな小さいんだよね。
大国フランスだって、6000万人弱。他の国は人口ははるかに少なくて面積も凄く小さい。
そこいくと日本は1億2万強がいる。しかも、人口100万人以上の都市があちこちにある。
100万人の都市なんてヨーロッパの感覚では、不気味なくらいに凄い。

人口が少なく、面積が小さな共同体では、凶悪犯罪といってもしれてるし、把握するのも
簡単だし、秩序を維持するのも簡単だけど、これが日本くらい密集していると大変。

死刑制度を残しているのは、アメリカ・日本・ロシア・中国・中東諸国・などなど。
「先進国」・「途上国」と分けて、「死刑制度は多くの先進国では廃止の方向にある」
というのは、事実関係では間違ってはいないが、むしろ、「国家の規模」によって、
統治の原理は違うと考えたほうがいいのではないかな。

死刑制度の存続を望む日本人が多いので、日本人は野蛮で、廃止しているヨーロッパ
の先進国は文明的だというとなんか違う。

270 :訂正:02/01/16 13:19 ID:Ra0eCl92
「1億2千万強」ね。

271 :おやじ:02/01/16 17:56 ID:2UCrO8Wl
死刑廃止派のみなさん
宅間を死刑にしなくて良い理由をご説明ください。
そしたら納得する

272 :無責任な名無しさん :02/01/17 02:00 ID:sYRVoeWv
>271
その言い方だと宅間が死刑にならないと気が済まないらしい。
死刑廃止派の視点から言わせて貰うけど
「じゃあ、何で宅間が死刑になるんだ?人殺しなんて他にもいるだろう?
何人殺したら死刑なんじゃい?子供殺したら死刑なんかい?
そもそも、そんな法律あるんかい?」
こんな感じかな。

273 :愛の伝道師:02/01/17 02:07 ID:SAc+xkPz
>271
宅間を死ぬまで医学の人体実験に利用する。
そして、臓器の数を生きられる最小限に減らす。
取り出した臓器はドナー登録する。

そんな感じかな。

274 :無責任な名無しさん:02/01/17 09:43 ID:wFePB0d1

> その言い方だと宅間が死刑にならないと気が済まないらしい。

当たり前じゃないすか。何言ってんだか。


> 何人殺したら死刑なんじゃい?子供殺したら死刑なんかい?

大勢、それも弱者を殺すのは、そうでない人間を殺すより
当然罪が重いでしょうね。当たり前のことでは??


> そもそも、そんな法律あるんかい?

バカっぽいですね…
現在日本で執行されている死刑は法律に基づいていない、
とでも >>272 は考えているのでしょうか??


275 :重箱君:02/01/17 10:19 ID:fuZd5aqE
>>271
あのね,逃げだと思われるならそれはそれでけっこうだが,一見記録も見ず,
本人と会ったこともない人間には断定的なことはいえないの。
それがすこしでも司法や法律を学んだものの良識。
あなたが宅間被告人のことをよく知っていて,証拠関係をみているというなら
あえて反論しないが,新聞ならまだ上出来,うっかりするとワイドショーから
情報仕入れてるでしょ?
オウム真理教の井上嘉浩被告人(1審無期懲役)の弁護人が,被害者(遺族)
が証人にきたときにどんな反対尋問したか知ってる?
たった3問だよ。
弁「あなたは事件で井上くんがどういう役割を果たしたか知っていますか」
証「現場指揮者です」
弁「それはどこで知りましたか」
証「新聞やテレビです」
弁「法廷を傍聴されたことはありますか」
証「ありません」
それが決定打になったかは分からないけど,井上被告人の判決は上記のとおり。
井上被告人の役割は「後方の連絡調整役」だったと「証拠から認定」した。
被害感情というのは,当の被害者でもバイアスがかかる。まして事件と関係ない
人間が軽々にいうことではないと思うよ。
その前に,あなたが宅間被告人に関して
・犯罪行為そのもの
・責任能力
・情状関係
の何を問題にしているかも問題だけど,いずれも記録を見なくては分からないこと。
説明を求めるなら判決が出た(証拠関係が出尽くした)あとに弁護人に聞くこと。
判決が死刑でなければ裁判官にもね。


276 :無責任な名無しさん:02/01/17 12:29 ID:4fdgIUYU

 まあ、オウム裁判は弁護団がなりふり構わぬ引き延ばし策を弄していますから
ね。 オウム裁判 一度だけ裁判を傍聴しに行ったけど、検察は若手ばかりで、
見るからに老獪な弁護団に弄ばれている感じ。裁判官は、カルトに対する知識は
余り無さそう、と言う印象・・・

 薄ら笑いで、裁判官の「早くして下さい」を無視して、自分達が呼んだ証人に
同じ質問を3度も4度も繰り替えしている姿に「裁判に協力しよう」なんて姿勢は、
「弁護団からは全く感じなかった」ですね。

弁護士の山口宏さんと評論家の副島隆彦さんは「裁判のカラクリ」という著書で

 「いまのままの麻原裁判では最高裁までには20年はかかることだろう。
  なぜならば、それは滝本太郎弁護士が強調するように、麻原弁護団は
  『刑事訴訟法を弁護している』からだ。しかもその根底には死刑廃止論
  への戦術的対応が隠されている。」

と ありますが、これが傍聴した人間の代表的な印象じゃ無いでしょうか。


277 :無責任な名無しさん:02/01/17 14:46 ID:8/h6n9i/
ちょっと話がそれちゃうけど、オウムの弁護団は国選だよね。
なのに何で一生懸命引き伸ばしなんかするの?
たとえば俺が裁判にかけられた場合でも引き伸ばししてくれんのかな?


278 :重箱君:02/01/17 16:19 ID:YNxg+P4O
>>276-277
井上被告人の弁護団は3人。中堅どころ以下だけだが,
主任弁護人は刑事弁護を専門にするエキスパート。
引き伸ばし云々は麻原さんの問題でしょ。
井上さんの弁護団にはそういう意見はない。
>>275のとおり3問しか反対尋問しないくらいだから。
麻原さん(の弁護団)のことは司法試験板の某スレで話が出てたけど,
実務家,修習生,受験生,一般人入り乱れての議論の結果,
「弁護団(弁護士)にとっては引き伸ばしてもいいところない」と
いうことに話が収束した。
専従者のいる裁判所・検察庁と違って,弁護士は他の仕事を抱えながら
やっているので,その負担はものすごいものらしい。国選ならなおさら。
国選は長くなればなるほど費用対効果が悪くなる。
雑誌に麻原さんの弁護団にものすごい金が払われたと出ているけど,
その大部分は記録のコピー代。いまどき1枚40円(だったかな?)する。

279 :おやじ:02/01/17 17:07 ID:eCoaz4/r
271です。納得できません。
>>272
「8人」「子供」を殺せば十分では。
法律は幾ら以上強盗すればとか、何人以上傷害すればとかいう
構成ではないでしょうが、それを補うのが市民感情ではありませんか?
>>273
本人、被害者全員の同意があれば大いに結構だと思います。
国民にデメリットはありませんし、犯人に残された最後のお詫びです。
補償財源にもなりますしね。
>>275
もちろん新聞・テレビの情報ですよ。
でも、先生・児童が幻を見ていたわけではありませんよね。
今回問題の責任はもちろん十分検討すべきでしょう。
刑罰として死刑が無ければ宅間は死刑にできない。
それでも廃止賛成ですか、といいたかったのですが説明不足でした。
麻原については他の方に譲ります。



280 :無責任な名無しさん:02/01/17 19:34 ID:VH0lJJhj
>>279
(私自身は廃止派でも存置派でもありません)

廃止派の主張の根本は
「生命の自由は何にも増して尊重されるべきもの。
 それは他人の生命の自由を奪った人だからといって
 奪われてはならない」
という論理。
(最近は憲法36条より、13条に論拠を求める説が有力じゃないかな)

要するに「児童8人を殺した人といえど、人である以上
最も基本的な人権である生きる権利は保障されるべし」ね。

で、存置派の立場に立つと
「個人の尊重は自他同時でなければならない。
 他人の生命を尊重できない者に対しては、自己の生命をもって責任を負うべき」
って主張。

これは平行線でしょうから、もし後者の考えであれば
前者の考えが納得できないのは無理ないんじゃないかな。

ちなみにちゃんと人権を理解している人は、死刑存置派といえど
「重大な犯罪を犯したんだから、人権を奪っていい」なんて言い方は絶対にしない。
あくまで「公共の福祉を鑑みるに、制限もやむを得ない」としているだけ
=だから死刑を是としても、他に守られるべき人権については別途考慮する。

281 :おやじ:02/01/17 19:47 ID:eCoaz4/r
>>280
レス有り難うございます。
一読しました、またじっくり読みます。

人権を自ら放棄でした場合はどうでしょうか?
(同意殺人から発展して、死刑確定者が自ら人体実験を願い出た場合)

282 :無責任な名無しさん:02/01/17 20:02 ID:x1jhQlpm
>>281
無理でしょう。
憲法18条で、奴隷的拘束の禁止、というのがありますが、
これは一般的に本人の同意があっても禁止される、といわれています。
この趣旨から考えると、奴隷的拘束と同程度あるいはそれ以上に非人道的な
人体実験も禁止されることになるのではないでしょうか。

283 :無責任な名無しさん:02/01/17 20:03 ID:x1jhQlpm
人体実験も禁止

人体実験も同意があったとしても禁止

284 :無責任な名無しさん:02/01/23 21:59 ID:qW3bgbCX

 法相から法務省、死刑廃止派にいたるまでことある毎に「教育刑」と口にするが、果たし
てそれは真実か? ならなぜ法廷で「量刑」するのであろうか。真に教育刑であれば不定
期収監として、更正経過を見て判断する事が妥当だろう。

 だが現実には、あらゆる司法行為の課程で、弁護側、検察側、裁判官から当の被告や一般
社会まで「この犯罪にはこの程度の量刑がふさわしい」と考えを巡らすのである。

 そもそも受刑者の「更正の度合い」を推し量る事の困難性に思いいたすべきである。人
間の内面の事であるからだ。従って、法廷で確認された犯罪事実に応じた量刑というの
は「客観的で平等な法の執行」という意味では優れていると言えるだろう。

 因みに近代刑のスタートラインは「犯した犯罪の『社会的価値』に応じた量刑」である。
「パン一個の窃盗で重労働10年」「両手切断」なんてのを無くすのがその目指す所なのだ。


285 :無責任な名無しさん:02/02/03 21:00 ID:voPWQgT/
あんまり関係ないけど、
ちなみにこの前処刑された朝倉幸治郎(練馬一家5人殺し)だけど、
コネ入学とはいえ日大法学部を出てるんだってね。
で、入学早々カンニングやらかして停学処分を食らってるけど、
そのカンニングの方法が、なんと
教室に持ち込んだカンニング・ペーパーを弁当のごはん粒で答案用紙に
そのまま貼り付けて提出だってさ(藁)。
日大の事務局では、「カンペーを貼って出したのは前代未聞だ。これは、よほどの豪傑かもしれないぞ!」と逆に感心され、
日大の先生に「お前の学力では、授業に出ても仕方がない。下宿で一人で勉強してろ」と言われた。

286 :無責任な名無しさん:02/04/10 05:26 ID:0PbKA2rK




287 :無責任な名無しさん:02/06/10 04:25 ID:lO95WVo9
あの〜死刑制度をとっている国を教えていただけませんか。
すみません、どこに聞けばいいかわからなかったもので。

288 :無責任な名無しさん:02/06/10 04:53 ID:PDrLESwk
>>287
ほれ
http://www.deathpenaltyinfo.org/index.html

289 :再受験生:02/06/10 05:24 ID:VzTmRNiK
私は、生まれて以来、ほぼ半世紀に渡り、死刑廃止派です。その理由は、
@”人”が”人”を裁く過程において、”絶対正当”なる由縁は認知できない。
Aよって、”誤謬を改める機会”の排除は認められない。
Bゆえに、”生命抹消”の権利は、いかなる権力にもこれを与えるべきはない、
 と考えるからです。

いわゆる”国民感情”なるものは、あくまでも”感情”であって、感情によって、
生命不可侵の権利が、害されてはいけないと思います。極論すれば、”理性”に
たいして、”感情”はスパイスであり、極度の使用(濫用)は生体の存立を脅か
す事となると考えます。
本邦、刑事訴訟法は、しつこいまでに、刑事手続きの正当、法定を謳っていますが、
英米法の流れに乗ったそれは、人類の中に存在する”感情に根ざす応報”の存在を
感知し、かつその問題点を熟知したものと理解します。
日本の法体系では、実体法、手続法の両面とも、強度の”厳格な証明”を求めて
いますが、過去の歴史的事実を垣間見るとき、その必要性を感じるのは、はたして
私だけなのでしょうか?
日本国憲法31条の存在は、人間の傲慢、不遜あるいは暴走の歴史を、常に思い
出させてくれます。

290 :無責任な名無しさん:02/06/10 06:44 ID:verTUCuH
>>288
どうもありがとうございました。
遅くなってすみませんでした。

291 :無責任な名無しさん:02/06/10 08:47 ID:9nMpGTvm
所詮死刑制度も、霞ヶ関と永田町の法政策の一環に過ぎない。

292 :無責任な名無しさん:02/08/10 16:34 ID:GleJKh1f
法哲学者、小林和之氏の論文
http://thinker.jp/tls/works.htm

293 :死刑賛成:02/08/10 17:35 ID:AbE6lOnD
死刑制度というのは、犯罪に対する抑止力としての効果があるとおもいます
今の日本は凶悪犯罪を平気でおかすのがたくさんいます。
手加減というのをしたないのがたくさんいますよ
死刑制度のある現在でさえこれなのですから、なくしたらそれこそ治安はさらに
悪化しますよ



294 :無責任な名無しさん:02/08/10 17:56 ID:XWPyrxsJ
合法的な殺人「死刑」を語ろう!
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1015059834/
【徹底】死刑は抑止力たりうるのか【討論】
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1014960974/

295 :無責任な名無しさん:02/09/30 02:09 ID:sf4WwcKb
やっぱり、精神鑑定医のさじ加減で死刑か無罪かが決まってしまう制度はおかしくないか?
参考 http://www.kochibbs.com/mibbs.cgi?mo=p&fo=forum&tn=0011

296 :無責任な名無しさん:02/12/20 08:33 ID:/nu0v4P6


            http://pine.zero.ad.jp/~zac81405/allen.htm



ああっ、もうダメッ!
ぁあ…ミサイル出るっ、ミサイル出ますうっ!!
ニッ、ニダッ、アンニョンハセヨーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!工作船見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ノドンッ!ジョンイルーーーーーーッッッ…半島ッ!
電波アアアアアアッッッッ!!!!
ハムニダああーーーーっっっ!!!テッ、テポッ、テポドォォォッッ!!!
金日成ッッ!!金正日ッッ、金正男ッッ!!!
おおっ!テポドッ!!マッ、マンッ、マンセッッ!!!テポドン見てぇっ ああっ、もうダメッ!!ハーングックーーーーっっっ!!!
忍耐イッ!限界ッ!忍耐限界忍耐ィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!金正日、こんなにいっぱいミサイル出してるゥゥッ!
謝罪ぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!賠償ォォッッ!!!






              http://pine.zero.ad.jp/~zac81405/allen.htm





297 :山崎渉:03/01/06 09:32 ID:OKYzZSW5
(^^)

298 :無責任な名無しさん:03/01/12 18:03 ID:uh+Jr313
アメリカの死刑廃止団体は、廃止運動と同時に被害者家族の精神的ケア、
経済的支援を同じ団体が行っている。
それに比べ日本の死刑廃止団体は廃止だけを叫んできただけ。
これじゃ日本での廃止運動は絶対広がらない。


299 : ◆tsGpSwX8mo :03/01/13 11:45 ID:zN4eHC0I
終身禁固が一番いい。

300 :無責任な名無しさん:03/01/13 18:53 ID:5+iT60M0
死刑制度は現状では廃止できない。
死刑を存続しているのは犯罪抑止力が目的ではない。
どこの刑務所も収監定員を既に大きく超えているからだ。
死刑を廃止して終身刑制度を導入しろとホザいている奴はこの問題を理解して
いない。
だったら刑務所の数を増やせばいい、と思うかもしれないが、どこの自治体も
刑務所を欲しがるところなどない。
死刑制度廃止を訴えている奴に言いたい。
もしあなたの家のそばに刑務所が建設されるとなれば賛成しますか?
やはり反対するでしょう。
この問題さえ解決すれば死刑制度なんていつでも廃止できるよ。

301 :無責任な名無しさん:03/01/13 22:14 ID:ZfJzrKKQ
>>300

 若干現状認識に問題があるかも。なぜならオール赤字経営の地方自治体
(僻地)にとって、刑務所誘致に成功すれば、@雇用の増加、職員分の人
 口増、A政府補助金の増額、等々が見こまれるから。
  地域住民の反対さえクリアできれば、誘致に名乗りを挙げる自治体は
 多い。
  端的に、政府に金がない(もしくは刑事政策の手を抜いている)だけ。

 

302 :無責任な名無しさん:03/01/13 22:18 ID:ZfJzrKKQ
301追加
 刑務所は「原発」に似てるかも名。
 都市部住民はほしがらんが、まったく取柄がない自治体では
口ではともかく、内心では見かえり欲しさに誘致する構造。

303 :山崎渉:03/01/18 03:03 ID:ceOH9v9Q
(^^;

304 :無責任な名無しさん:03/01/18 21:52 ID:rfy4UqjT
現在26市町村が法務省に対して刑務所誘致を呼びかけてるんだって!!!!
刑務所で町おこしだって・・・・・w

305 :無責任な名無しさん:03/01/18 22:06 ID:N7KfCHe8
服役囚の分もカウントされて地方交付税交付金が入るからね。

306 :無責任な名無しさん:03/01/19 02:20 ID:liL4LWbm
あの、年間の死刑の執行数って数人程度なんですが

307 :無責任な名無しさん:03/01/19 09:57 ID:4DSoBH9N

宅間 守 氏みたいに「死刑を望む」人達の人権は どうなるんですか??


308 :無責任な名無しさん:03/01/30 02:32 ID:ErY6QQCT
死刑求刑age

309 :世直し一揆:03/01/30 17:39 ID:5sPzrUPj
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的・ファイト満々(キモイ、自己中心)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようと
する(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際に
はたいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く
、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、「世間体命」)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は
個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)


310 :無責任な名無しさん:03/01/30 23:17 ID:AuhlPyAN
1.世論調査で死刑支持が多いと言うが、調査の仕方に問題があるとの指摘も。

2.実際のところ、熟慮した上で死刑の賛否を考えている人は少ないと思われ。


311 :無責任な名無しさん:03/02/02 15:16 ID:0EK+EY1o
>>302
ごみ処理場だって、なんだってそうだろ。。
原発の特殊性を良く考えなさい。

312 :無責任な名無しさん:03/02/11 18:47 ID:MatFV5/3
現行犯で捕まった殺人犯(例:池袋の通り魔とかバス乗っ取りのガキとか)は、
冤罪の危険は無いから、死刑にしても良いのでは?
他人の人権を尊重しない奴は、自分の人権(更生の可能性)を
考えてもらう権利はないと思う。
どんなケースでも無条件に死刑は無しって意見は賛成できない。



313 :無責任な名無しさん:03/02/14 20:08 ID:ujOXE/xt
根拠の無い空想に近いのですが、死刑は国民感情の安全弁、という考えです。
死刑執行ではなく、死刑制度が、国民を安心させるという事。

また、死刑廃止派は、法の根本を否定する者(内乱や外患、無差別テロ等)に
対する、否定としての死刑、という観点が欠けていると思う。抽象的な話だが、
こういう種類の犯罪者は、教育ではなく、法自身による自律的な応報が科せら
れるべきではないだろうか。・・・何を言ってるんだかなあ。

314 :無責任な名無しさん:03/02/14 21:41 ID:0HIrK7mV
・死刑制度に犯罪抑止効果はない

315 :無責任な名無しさん:03/02/15 19:51 ID:fzBMoab6
犯罪抑止力については分からないけれど、仮に執行しなくても、ただ制度が残
っている事に、国民感情の安定効果があるんではないかと。
死刑制度に関するアンケートはあっても、死刑執行に関するアンケートは行わ
れない事からも、死刑の言い渡しが重要なんであって、国民は執行に関して大
して考えていないのではないかと。

316 :無責任な名無しさん:03/02/16 00:52 ID:S67/ZOJQ
高度な法学の知識をひけらかしてても、宅間であっても死刑にするわけにはいかない
などどほざいている奴は人間として欠陥があると思うぞ。
死刑廃止を声高に叫んでいる奴、家族が惨殺されても決して考えを変えるんじゃないぞ。
法廷でも、寛大な処置を望む、と言えよな。



317 :無責任な名無しさん:03/02/16 17:45 ID:8HWMMri2
今、誰でも良いから人を殺したいと思っている輩は、
死刑反対派の関係者を殺ってくれよな!!
そうしたら連中どうするかな?
考え変えるなよっ!!

318 :無責任な名無しさん:03/02/16 17:51 ID:eEAoPz7q
★遂に発見★みんなの掲示板★
http://jbbs.shitaraba.com/travel/832/

319 :無責任な名無しさん:03/02/25 05:58 ID:OAbmohu+
>>316
死刑廃止論者が、寛大な処置を望んで死刑に反対しているわけじゃないと思うが?
産まれてきたことに罪は無いのだから殺すわけにもいかん、でもこの社会にいてもらっても迷惑だから終身隔離すべき
っつーのは、寛大な処置?

320 :無責任な名無しさん:03/03/06 13:50 ID:8prsPNOV

> 終身隔離すべきっつーのは、寛大な処置?

これ以上考えられないほど「寛大な処置」でしょう。
無期懲役になってホッとした被告は大勢いますが
死刑喰らってホッとした被告はいません。

あの宅間も、今では死刑を逃れるために精神異常を主張してるし。


321 :無責任な名無しさん:03/03/06 16:13 ID:eeEs77+3
死刑のレベルに差を付けると良い。
公開残虐死刑(熱い鉄板の上でのたうちまわせる等最大限の苦痛を
       与えた上で処刑する)
通常死刑(絞首刑)
安楽死刑

これであれば、抑止効果も期待できるし、ある程度罪を犯した人間でも、
楽に死にたいと思って反省することも期待できる。


322 :無責任な名無しさん:03/03/09 11:28 ID:35QvvPw/
宅間守に同情して死刑に反対する奴って、一体ナニを考えてるんだろう??


323 :無責任な名無しさん:03/03/09 11:49 ID:gIzYPHY0
>>321
君のいう公開残虐刑等は憲法36条違反になろう。
従って無理。

おれは一生臭い飯を食ってもらう(終身刑)でいいのでは
と思う。監獄のきびし〜〜い生活を死ぬまで。
ケツに高圧放水はいけないけどね。

324 :山崎渉:03/03/13 13:44 ID:cIx8UKf8
(^^)

325 :無責任な名無しさん:03/03/17 05:30 ID:LSRGgvI2
男性は男性差別に抑圧されて、逃げ場を失い、自殺、ホームレス、犯罪へと
追いやられる…。差別によって抑圧され犯罪へと追いやられた男性には更なる
試練が待っている。それは、同じ犯罪を犯しても裁判での判決は女性の方が軽いという
男性差別である。これは統計が出てる。検察の求刑も裁判官の判決も女性には甘い。
女性が死刑になる可能性は殆ど無い!
更に!!実刑を受けた場合、刑務所での待遇は男女で雲泥の差なのだ。
女性受刑者は名前に「さん」づけで呼ばれるのに、男性受刑者の場合は番号で呼ばれること。
女子刑務所には集会室やレクリエーションルームがあり、房にはカーペットが敷かれ、
ドレッサーやカーテンがあり、鍵がかかっていないので刑務所内を自由に歩ける。
しかし、男子刑務所には集会室やレクリエーションルームなどなく、
房は板張りと畳で、一級受刑者(十何年も真面目な態度だとなれる)以外
鍵がかかっていて刑務所内を自由に歩けない。
また、男性はトイレの近くで食事をすることになるが、女性は大食堂で食べられる。
男性には毎日二回屈辱的な裸検身があるが、女性には入所時一回のみである。
もちろん、労働差にも恐ろしいほど男性差別が有ると言う。
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1039170347/l50

326 :無責任な名無しさん:03/03/17 12:39 ID:+0sGlEf3
例えば自分の家族や友人が身勝手な理由で(金目当てetc)殺された場合、
その犯人が「人を殺しておいて自分は生きてる。この世に存在してる。」ってだけで
虫唾が走らない?・・・想像力を働かせろ。w

人殺して懲役っつったってほんの数年。たとえ罪を償ったと言っても
それは法律上、あるいは犯人側の立場での「償い」でしかないのでは?

だからこそ、ね?だから今こそ、死刑すればいいじゃなぁ〜い。

327 :無責任な名無しさん:03/03/17 22:03 ID:BFV8fy3q
参考文献

重松一義『死刑制度必要論』(信山社)
板倉宏『「人権」を問う』(音羽出版)

328 :セニョリート名無し ◆40WnEtzSeY :03/03/19 23:27 ID:STUwU/dp
アメリカ南部州を除く、ほとんどの欧米文化圏内では、死刑は廃止です。
死刑支持派は、カンボジア人以下なんじゃないかな?

↓死刑撤廃に関する情報はここにあります。
http://web.amnesty.org/rmp/dplibrary.nsf/ff6dd728f6268d0480256aab003d14a8/daa2b602299dded0802568810050f6b1!OpenDocument

・死刑を完全に撤廃している国は、
 アンドラ、アンゴラ、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン
 ベルギー、ブルガリア、カンボジア、カナダ、カボベルデ、コロンビア、
 コスタリカ、コートジボアール、クロアチア、キプロス、チェコ、
 デンマーク、ジブチ、ドミニカ、東チモール、エクアドル、エストニア、
 フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギニアビサウ、ハイチ、
 ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、
 キリバス、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マケドニア、
 マルタ、マーシャル諸島、モーリシャス、ミクロネシア連邦、モルドバ、
 モナコ、モザンビーク、ナミビア、ネパール、オランダ、ニュージーランド
 ニカラグア、ノルウェー、パラオ、パナマ、パラグアイ、ポーランド
 ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、サントメプリンシペ、
 新ユーゴスラビア(セルビア・モンテネグロ)、セイシェル、スロバキア
 スロベニア、ソロモン諸島、南アフリカ、スペイン、スウェーデン
 スイス、トルクメニスタン、ツバル、ウクライナ、英国、ウルグアイ、
 バヌアツ、バチカン、ベネズエラ



329 :無責任な名無しさん:03/03/19 23:32 ID:RJuHHuJP
死刑廃止=冤罪防止という論はくさるほど聞いたが、
そういう(冤罪を論拠にする)人たちは宅間や池袋の通り魔みたいに現行犯で冤罪の余地が
ない場合はどういう理論構成をするんだろう

330 :らっこもどき:03/03/19 23:44 ID:EXYA2FmK
>>329
同じ行為をしたとしても(5人を殺したとして)、@現行犯と
A間接証拠等で有罪認定に達した場合とをわける不合理ゆえ。

検察官の出来、捜査の出来で結果が左右されることになるから。

331 :無責任な名無しさん:03/03/20 15:03 ID:/DBlGUX6
死刑廃止国といっても現場射殺が非常に多いね。
日本もドンドン射殺すべき。
死刑にできないということでは、危険侵してまで逮捕する必要ないと。

332 :無責任な名無しさん:03/03/20 20:26 ID:ZHLTXc4y
>>331
ホントですか?
あんな野蛮なことするのはアメリカとイスラエルくらいだと思っていたが・・・

333 :無責任な名無しさん:03/03/25 18:40 ID:4BQh4P4m
死刑廃止国でも現場での犯人への対処は非常に厳しいよ。
日本の場合だと殉職者出してまで犯人の身柄を確保しようとしているようだが(浅間山荘事件なんか)、
そういう変な発想は外国では通用しません。「犯罪の鎮圧」と「刑罰」は別物。

もっとも、日本でも最近は発砲したりするようになってきたみたいだけどね。

334 :無責任な名無しさん:03/03/28 04:51 ID:zotcHIcI
死刑は反対。
終身刑を導入して、その稼ぎを遺族に送るに賛成。
死刑執行の話を本で読んだけど、とても嫌な気分になった。
大量殺人の凶悪犯だって、泣いてしっこをちびるらしい。

おあいこと思えば、簡単な算数だけど、そんなものじゃない。
法の基に人が、なぜ人を裁けるのか。

335 :無責任な名無しさん:03/03/30 21:06 ID:rlfzLVYY
>>334
しかし囚人の稼ぎでは実は刑務所の維持費すら出せない罠。


336 :無責任な名無しさん:03/03/30 21:17 ID:q6hNF4pC
すごいスクールを発見しました!!
新聞でもとりあげられて、人気急上昇中だそうです!
そのうち、子供たちほとんどが通うんじゃないかな。
オンラインもあるのがすごい。。
http://www.tus-net.com/entre/


337 :無責任な名無しさん:03/03/30 22:56 ID:hjGsnRnk
死刑廃止の人たちは自分の身内が無残な殺され方をしても
法廷で被告人に対して「死刑は反対」と意見陳述してくれますよね。きっと。

338 :無責任な名無しさん:03/03/30 23:48 ID:yKKJ706b
>337
そういった少数の人も確かにいると思うが、俺なんかはちがうだろう。
憎くて憎くてたまらないはず。

そうではなくて、平常時に考えて、現時の社会装置としての「死刑制
度」には問題が多い。という廃止派が一般的だと思う。

339 :無責任な名無しさん:03/03/31 02:35 ID:3eJutYil
死んだらどうなるかわからんのに死が最大の罰というのはおかしいといつもオモテル。
天国や地獄にいくのか生まれ変わるのかどうなるかわからんよ。
もしかしたら早く死ねてよかったと思うような世界に行けるのかもしれない。
ログ読んだら同じようなこと書いてあるからここらで辞めとく。

340 :無責任な名無しさん:03/03/31 11:05 ID:6v4+T02P
>>326
死刑廃止論者は死刑を廃止しろと言ってるだけじゃなくて、代わりに仮釈放のない終身刑を
導入しろと主張してる人も多い。
死刑と終身刑とは法的にはともかく実質的にはどちらが厳しい罰かは一概には比較できな
い以上、殺人犯にはそれなりの報いをという命題からは、必ずしも死刑を肯定することはで
きないと思う。

>>329
現行犯でも違法性や責任の点で冤罪は生まれうるし、ビデオで録画されてるならともかく
目撃者の証言が確実ではないのは(2)の場合と同じ。録画も場合によっては捏造しうるし。

>>334
>法の基に人が、なぜ人を裁けるのか。
この論理でいくと、刑罰を加えること自体が否定されることになるね。

341 :無責任な名無しさん:03/04/01 03:18 ID:lYNCP553
>>340
>死刑廃止論者は死刑を廃止しろと言ってるだけじゃなくて、代わりに仮釈放のない終身刑を
>導入しろと主張してる人も多い。

冤罪死刑の危険性を殊更言う割には仮釈放制度の危険性を無視してるのが解せないよ。
冤罪死刑は死刑制度を無くせば無くなる。
仮釈放中の殺人再犯も仮釈放制度無くせば無くなる。
この2つの無辜の人命救済措置を前者のみ声高に叫ぶのは非常にバランスを欠いてると思うね。
とくに発生頻度は後者の方が遥かに高いにも関わらずなんで仮釈放制度の危険性は無視なのか...

342 :無責任な名無しさん:03/04/03 17:56 ID:kArTGNwj
先進国で死刑存続してるのは日本以外ではアメリカだけなわけだが
そのアメリカも半分以上の州では廃止されてるわけだが
発展途上国のトルコやロシアですら事実上廃止されてるわけだが

343 :無責任な名無しさん:03/04/04 00:30 ID:rWoMdQUB
>>342
死刑廃止の目的は国際協調なの?

344 :無責任な名無しさん:03/04/04 00:41 ID:1RKxaBwQ
先進国=死刑廃止せねばならんという発想自体がおかしい。


345 :342:03/04/04 01:33 ID:KlH0/P7h
>>343
国際協調というより国際世論ね
時代の潮流なんだよ
>>344
もし先進国の多くが死刑存続してたら日本も存続するべきだろうが、
今のところ逆だからね
死刑なんて当然って時代が何百年貸したら来るかも知れんが

346 :無責任な名無しさん:03/04/04 01:41 ID:rWoMdQUB
>>345
じゃあ潮流に乗って死刑廃止、仮釈放有りの終身刑導入ですか?

347 :342:03/04/04 02:50 ID:eLXvaKYU
>>346
そういうことだね

348 :無責任な名無しさん:03/04/04 03:02 ID:rWoMdQUB
>>347
終身刑は何で仮釈有りなん?

349 :無責任な名無しさん:03/04/04 03:11 ID:rWoMdQUB
あぁゴメン・・・これも潮流だからか..なんか、すげーなー。

350 :無責任な名無しさん:03/04/04 05:11 ID:r117RHUM
ちょうりゅうは 無敵。

ということで終了___________________

351 :無責任な名無しさん:03/04/04 05:31 ID:u1iHbAsv
http://www.k-514.com/

352 :無責任な名無しさん:03/04/09 04:29 ID:CgP9rkl4
冤罪死刑が有るからと言ってる人たちは
>>341の仮釈放の件はどう思ってるの?

353 :無責任な名無しさん:03/04/09 04:38 ID:1b+sFh+F
http://www.k-514.com/
(σ・∀・)σ

354 :早起き:03/04/09 06:42 ID:/Pvj0gDG
特別予防的には死刑はそこで終わりみたいで嫌だな。

355 :無責任な名無しさん:03/04/09 16:43 ID:lgkF3Qqc
死刑を野蛮かどうかはさておき、大事なことを忘れている。
終身刑だけにしたら、そいつのメシ代は漏れたちの税金で賄うことになる。

凶悪犯罪者は死刑でいいよ。ムダに金を使わなくていい。
劉邦なんてすごいぞ。人を殺したら死刑だからな。これ最強。

356 :無責任な名無しさん:03/04/10 13:48 ID:+dNMWvX/
>>355
金がもったいないから死刑、か。
なんて野蛮な発想。。。時代が違うぜ
紀元前の中国の事例を現代に当てはめるなんて、
どういう神経してるんだか。。。

357 :無責任な名無しさん:03/04/10 15:14 ID:5fKJZGGz
>>356
お前と五十歩百歩。

358 :無責任な名無しさん:03/04/10 21:19 ID:naLjunu+
>>357
私は違うさ。
そもそもね、そいつらのメシ代を出すことも社会的には損じゃないよ
確かに金を払う漏れたちは損するけど、そいつらのメシを作ってるやつらは儲かるんだぜ?
つまりこっちは損でも向こうは得ってわけ。
総合して見ればプラスマイナスゼロで社会全体としては損でも得でもないわけ。
いやむしろこの不況下、いい財政出動策になって景気が回復するかもしれないw

359 :無責任な名無しさん:03/04/10 21:24 ID:OH4K0wLJ
飯を作ってる奴も受刑者の中から自営作業に割り振られた人だけどね。

360 :無責任な名無しさん:03/04/10 21:35 ID:naLjunu+
>>359
じゃ、米を作ってるやつらが儲かる

361 :無責任な名無しさん:03/04/11 02:21 ID:sCX/SHBe
議論がどこまで進んでも、結局はどんな倫理観、価値観を規準にするかで答えが分かれるはずだ。
残虐刑を容認する考えもあった。これは死刑を当然認める。
残虐なものは否定しても「罪」という概念が強調される考えなら死刑は肯定される。これも認められる。
あるいはどんな人間でも幸福を追求する権利は保障されるべきだという考えもあるかな知れない。この考えでは死刑は否定されるだろう。
では法律はたくさんの倫理規準の中からどれを採用すればいいのか?
簡単だ。時の流行、時代の潮流に従えばいい。
そうじゃないって言うの?じゃあどう選べばいいのさ。好みで?
何百年前までは一番最初にあげたようなのが主流だった。
でも時が経つにつれて思想は穏健になってきて、いまは大半の国で死刑が認められてない。
時代がそれを選んだんだ。日本もそれに従うべきだ。

362 :無責任な名無しさん:03/04/11 02:44 ID:7gxaYmTR
>>361
一行目はすごく同感なんだが・・・なんでその結論になるのやら...

363 :無責任な名無しさん:03/04/11 02:53 ID:nJObo/9o
 日本国憲法下ではリベラリズムを基底として判断するべきであろう。

 死刑制度について、目的-手段の違憲審査基準で丁寧に検討してみよう。
 (最大の基本的人権たる生命を対象とする以上、厳格審査基準かLRAで判断
 するべきであろう)
 死刑制度を正当化するのは難しいことが分るとおもう。
  例えば「国民感情を慰撫する」ことを立法目的にすることがそもそも許されるのか?
   犯罪の抑止の手段として(立証責任を含めて)実質的関連性ありといえるか?
 私は、死刑存置論は思弁的・観念的なもの以上の根拠を示すことが
 出来ていないと思う。
  
 リベラリズムそのものも倫理観・価値観の一種に過ぎないという批判もありえるとしても、
 法制度の是非は、曖昧茫漠とした「時代の潮流」(=その時々の共同体的確信)に任せるものでは
 ないと考える。

364 :無責任な名無しさん:03/04/11 10:18 ID:Yfmuq7k/
>363
 >リベラリズムそのものも倫理観・価値観の一種に過ぎないという批判もありえるとしても、
 >法制度の是非は、曖昧茫漠とした「時代の潮流」(=その時々の共同体的確信)に任せるものでは
 >ないと考える。

この意見345にも言ってください


365 :無責任な名無しさん:03/04/11 20:38 ID:s5J/NThv
麻原彰晃と宅間守の論告求刑が近いんだが、多分両方とも死刑求刑だろう。
>>345 を始めとする方々にはこういう時期にこそメディアなどで
冷静、かつ論理的に死刑廃止を主張してもらいたいね。

「(世間が)感情的になっていて冷静な論議ができない」とか言いそうだけど、
世間が感情的になっているからこそ冷静な論議を呼び起こすために死刑廃止の主張は
必要だと思うんだが。

366 :無責任な名無しさん:03/04/11 20:52 ID:yeKrZyZc
>>365
皆がやってないからお前もやるななんて主張は廃止派からも勘弁。

367 :無責任な名無しさん:03/04/12 00:26 ID:9lUgEnf3
国際協調論なんて自分側に都合が良いから言ってるだけだろうに。
国際協調、冤罪死刑、抑止論否定、人命尊重等を同時に言っているって事は
目的は死刑廃止って事だろうに。
論理が先ではなく結論が先なのに、死刑廃止は論理的帰結と吹聴してる廃止派はウザイね。

368 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:09 ID:34s6Yye+
>>362
何か合点が行かないところでも?
>>363
> リベラリズムそのものも倫理観・価値観の一種に過ぎないという批判もありえるとしても、
> 法制度の是非は、曖昧茫漠とした「時代の潮流」(=その時々の共同体的確信)に任せるものでは
> ないと考える。
じゃあ倫理規準を選ぶほかの方法を示してくださいよ。
無いはずだ。あっても私の示した選び方のほうが適切なもののはずです。
法律は時代に従って背景におく倫理を変えるし、今まで実際にそうしてきた。
明治時代と現代の日本の法律の違いは一目瞭然です。
それに時代の潮流は曖昧でもないし漠然ともしていない。
数世紀前までは「確実」に死刑は容認されたし(昔の法律を見てみればそう確信するのは簡単)、現代は「確実」に死刑廃止の方向に向かってます(先進諸国の法律を見てみればそう確信するのは簡単)。
私たちは時代の潮流に従うしかないし、そうすればいいんだ。
つまり死刑は廃止するべき。
得られた結論はあなたと同じだね。
>>364
>>361>>345も私です。メール欄。

369 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:16 ID:34s6Yye+
>>366
でも先進国の大半が死刑を廃止する中で日本だけがバリバリ死刑やってるんだよ?
恥ずかしいと思わない?
本来なら世界をリードする側にいて当然の国なのに、司法は発展途上国と同じ。死刑も存続してる。
私は日本人として恥ずかしいよ。。。
>>367
あなたも人のこと言えるの?

370 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:17 ID:9lUgEnf3
>>368
>じゃあ倫理規準を選ぶほかの方法を示してくださいよ。

今の所、民主主義的手続きしか無いでしょうね・・・
学者やエリートが決める訳にもいかんしね。

371 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:21 ID:9lUgEnf3
>>368
>現代は「確実」に死刑廃止の方向に向かってます(先進諸国の法律を見てみればそう確信するのは簡単)。

これはもっぱらキリスト教文化圏の事でしょ。
それとも宗教と倫理基準は関係無いとでも言うのかな?

372 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:23 ID:9lUgEnf3
力の無い小国が死刑を廃止するのは外圧も有るでしょ。
国連や欧州評議会が政治的に圧力かけてるジャン。

373 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:30 ID:9lUgEnf3
世界の潮流に倫理基準を合わせろって
一つの宗教になれって言うのに近くないか?

374 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:39 ID:34s6Yye+
>>370
あ、なるほど、法律に関しては民主主義的手続きで決定するのが一番かもしれない。それが民主国家の原則だし。。。
でも世論を決める国民たちは拠りどころにする倫理規準を時代の潮流にしたがって選ぶべきであるはずだ。
私たちが潮流に適った倫理観をもって考えれば、民主的手続きでの結果は絶対に死刑反対になるはずだ。

375 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:43 ID:9lUgEnf3
>>374
「・・・選ぶべきであるはずだ。」とか「絶対に死刑反対になるはずだ。」とか
始めに結論有りきでは議論しにくいんだけど・・・・

376 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:51 ID:34s6Yye+
>>371
それはたまたま先進諸国がキリスト教圏に集中しているだけだ。
一部の宗教を偏重するわけじゃない。
>>372
外圧があっても民意がなければ法律は変わらないでしょう。
>>373
いや、宗教が違っても倫理は一致し得る。
キリスト教だろうがイスラム教だろうが、殺人を善とすることはないはずさ。

377 :無責任な名無しさん:03/04/12 03:54 ID:34s6Yye+
>>375
「でも世論を決める国民たちは拠りどころにする倫理規準を時代の潮流にしたがって選ぶべきであるはずだ」
この部分は>>368で根拠は述べてる。
もう一つはわざわざ証左を示す必要のあることだろうか。


378 :無責任な名無しさん:03/04/12 04:07 ID:9lUgEnf3
>>376
>それはたまたま先進諸国がキリスト教圏に集中しているだけだ。
>一部の宗教を偏重するわけじゃない。

http://www.asahi-net.or.jp/~ef4j-tkgi/img/map9707.gif
↑コレを見る限り俺には偏重してるように見えるが・・・

>外圧があっても民意がなければ法律は変わらないでしょう。

政府与党が外圧で法律を変えた事が無いとでも?

>キリスト教だろうがイスラム教だろうが、殺人を善とすることはないはずさ

そもそも全ての殺人が悪なのか?ではなぜ今まで死刑が有ったんだ?
それに世の中に死刑以外にも肯定される殺人は有るだろうに。

379 :無責任な名無しさん:03/04/12 04:11 ID:pkPVRSIg
これですか?
http://www.k-514.com/sample/sample.html

380 :無責任な名無しさん:03/04/12 04:13 ID:9lUgEnf3
>>376
>いや、宗教が違っても倫理は一致し得る。

倫理が一致しないから個々の国々で法が違うんだろ。
ようは国際ルールと国内法のすり合わせの問題ちゃうの?

381 :無責任な名無しさん:03/04/12 04:17 ID:34s6Yye+
>>378
>http://www.asahi-net.or.jp/~ef4j-tkgi/img/map9707.gif
>↑コレを見る限り俺には偏重してるように見えるが・・・
「事実上廃止国」にトルコが含まれているじゃない。
>>外圧があっても民意がなければ法律は変わらないでしょう。
>
>政府与党が外圧で法律を変えた事が無いとでも?
それはまあそうだが、全部外圧のせいとも言えないだろう。
>>キリスト教だろうがイスラム教だろうが、殺人を善とすることはないはずさ
>
>そもそも全ての殺人が悪なのか?ではなぜ今まで死刑が有ったんだ?
>それに世の中に死刑以外にも肯定される殺人は有るだろうに。
問題をすり替えないで。私は異なった宗教でも共通する倫理を持ちうるといったんだ。
殺人の善悪はここでは関係ない。

今日はもう寝ます。おやすみなさい

382 :無責任な名無しさん:03/04/12 04:32 ID:9lUgEnf3
>>381
>「事実上廃止国」にトルコが含まれているじゃない。

それでも偏重してると思わんか?

>それはまあそうだが、全部外圧のせいとも言えないだろう。

全部とは言ってない。ただ外圧で法律が変わりうると言っただけ。
とくに国際的政治力が小さかったり、先進国に援助されてる小国とかね。

>問題をすり替えないで。私は異なった宗教でも共通する倫理を持ちうるといったんだ。
>殺人の善悪はここでは関係ない。

スマン、スマン!誤解した。
表現が適切かどうかワカランがあなたは最小公約数的倫理観が
世界には有る筈だって言いたい訳ね。んでその一つに死刑廃止とくる訳か・・・
でもね〜いくら人を殺しても罰としてその人を殺してはいけませんと言う倫理観は
世界的にみて民衆レベルでは最小公約数的倫理観とは思えないんだよなー。
死刑を廃止してる国でもこの倫理観が民衆レベルに受け入れられているとは思えないし。

んじゃ、おやすみ。

383 :無責任な名無しさん:03/04/12 05:06 ID:cd+JZdw+
378で紹介されたマップでもわかるが(↓)、
http://www.asahi-net.or.jp/~ef4j-tkgi/img/map9707.gif
存置国の多くは「政治犯(反体制派)」に死刑を課しているであろう
国がおおいな。しかも政治的に未熟な体制が多いからいつでも体制転
覆がありうるような国ばかり。
だからこそ、死刑廃止が強く求められるわけで。

その点、日本には内乱罪等あるとはいえ、そういった体制に歯向かう
連中への道具として「死刑制度」が使われているわけではない。

こういった点が、日本において(冤罪問題・改心問題等があるとはい
え)廃止運動が盛り上がらない一因かもしれない。

384 :無責任な名無しさん:03/04/12 11:13 ID:0Y2Ep4iQ

死刑廃止したけりゃ国民を納得させれば良いだけの話でしょ。
死刑反対者に国民主権という考えは無いみたいだね。


385 :無責任な名無しさん:03/04/12 19:30 ID:cd+JZdw+
>384
亀チャン筆頭にがんばっとりますよ。

386 :無責任な名無しさん:03/04/12 20:08 ID:jsgInWZI
>>382
>>「事実上廃止国」にトルコが含まれているじゃない。
>
>それでも偏重してると思わんか?
だらそれはたまたまなんだって。

>>それはまあそうだが、全部外圧のせいとも言えないだろう。
>
>全部とは言ってない。ただ外圧で法律が変わりうると言っただけ。
>とくに国際的政治力が小さかったり、先進国に援助されてる小国とかね。
こういった国の世論が死刑廃止の方向に向いていないことも確かにあるかも知れない。
でも時代の潮流を決めるのは発展途上国じゃなくて先進国なんだ。

>表現が適切かどうかワカランがあなたは最小公約数的倫理観が
>世界には有る筈だって言いたい訳ね。んでその一つに死刑廃止とくる訳か・・・
>でもね〜いくら人を殺しても罰としてその人を殺してはいけませんと言う倫理観は
>世界的にみて民衆レベルでは最小公約数的倫理観とは思えないんだよなー。
いまのところはね。でも将来的にはそれが共通した倫理になるのは不可能ではないと私は言ったんだ。宗教の違う国でも。

>死刑を廃止してる国でもこの倫理観が民衆レベルに受け入れられているとは思えないし。
そうだろうか。少なくとも先進国では民衆レベルでそういう倫理観が浸透してたから法律が変わったのではないかい?

387 :無責任な名無しさん:03/04/12 20:12 ID:Zjs88nt/
http://www.onparade.jp/textb/click.php3?t=c&u=U01940&b=C00154

388 :無責任な名無しさん:03/04/12 21:29 ID:9EMOKlem
>>386
>少なくとも先進国では民衆レベルでそういう倫理観が浸透してたから法律が変わったのではないかい?
かならずしもそうでないことは、世論に逆らって死刑廃止に踏み切ったフランスの例でも明らか。
(まあ、フランスはそのまま死刑廃止が定着したが)
むしろ、一旦死刑を廃止したがその後復活させた例があることに注意を向けるべきでは?

389 :無責任な名無しさん:03/04/12 21:54 ID:AWSCXWuv
>>386
法律板で死刑の存廃を語るなら元判事のあの本くらいは読んでるんだろうな。
どうも法律の素養があるとは思えないから書名と概要くらいを言ってみてくれ。

390 :無責任な名無しさん:03/04/12 23:45 ID:hHB6P/K5
>>388
世界の潮流を構成するのは世論ではないかもしれない。
仮に現在、死刑廃止国の大半で世論がそれに反対していても、死刑廃止は依然時代の潮流であるのではないか。
フランスが世論にそむいても死刑廃止を決定した理由を考えてみてはどうか。
>>389
他板から来たんで法律の素養はないです。邪魔なら退散しますけど。
どういう本なんですか?

391 :工房:03/04/13 00:11 ID:lNafbRCb
報復のための殺人が許されないならば、
報復としての死刑も許されてはなるまい。

一度人を殺した人間が、いつまた人を殺さないという保証は無いが、
一度も人を殺した事の無い人間が、いつ人を殺さないという保証も全く無い。

自分だけは人を殺す事も殺される事も無い、とは思わないことだ。
でなければ、死刑の存廃を語ることは単なる言葉遊びに過ぎない。

死刑制度を廃止するということは、国家の名による殺人をなくすという事だ。
そしてそれは殺人による死者を減らすための、確実な選択肢の一つなのだ。


392 :工房:03/04/13 00:11 ID:lNafbRCb
「「生きて償う」なんて残された人々と罪人の気休めに過ぎない」、とあなたは言う。
だがそんな「気休め」が与えられれば、どれだけこの世は救われる事だろう。
被害者の心境なんて、他人が忖度できるはずも無いし、まして
それを代弁する資格を法によって規定できるはずもない。法は非情なものだ。

「何で死刑になっているのかを考えていないのではないか。」
逆に、何人も殺した人間が何で死刑にならないのかを考える事はある。
卑近な例で言えば、陰湿ないじめ・いやがらせによって自殺への追いこみをかけた男、
薬害や公害を蔓延させた男や、不景気の世の中に何億という金を横領した男、
社会的に信用ある立場にありながら、のうのうと関係者を死に至らしめた男、
直接手を下してないからといって、その行為が極刑を以って裁かれないことに
苛立つ事はある。いや、むしろ直接手を下したものよりもその罪は大きい。
だが、だからといって彼らを極刑にすればそれで事足りるか、というとそうではない。

偽善と言われようと何と言われようと、人を殺した人をただ殺すだけで、
あるいは自殺したとしても何の償いができるか、私には実感として何も分からない。
勝手に殺しておいて、勝手に殺されて、真実はいつもヤミの中で、
事件の事なんて簡単に忘れられてしまう。
事件がそうやって「処理」されるだけの社会に、何の進歩があるだろう。
死刑とは、真相を明らかにすることを目的としない、極めて政治的な「処理」なのだ。

好むと好まざるとに関わらず、人間は決して完璧じゃないし、間違える存在だ。
死刑制度を廃止したところで完璧な社会になるわけでもない。
それに完璧な社会というものが本当に存在したとして、
誰も苦悩する事の無い世の中が、そんなに住みよい社会であるとも思えない。
だが、私は誰も苦悩することなく、真実が葬り去られる世の中よりも、
苦悩しながらも、真実を知る機会を失わない社会の方がまだましだ、と思う。
単純な思いで死刑制度に異を唱えているわけではないことを分かって欲しい

393 :無責任な名無しさん:03/04/13 01:45 ID:J8ayYIlv
>>389
団藤重光「死刑廃止論」を読んでないからといって、語る資格
がないとも思えない(読んでりゃそれに越したことはないが)。

資料としてすばらしい本だ。存置派の方も御座右にどうぞ。

394 :無責任な名無しさん:03/04/13 03:02 ID:jDILXFYH
>>391-392
高校生ですか、さすが。
一番知識と考える意欲のある時期の人間が書いた文章にはやはり説得力があるね。
もしかしたらこの問題は倫理の中だけで語るべきものではないのかもしれない。
悪と思ってすらしていても求めたいものに出会うことが、私たちには確しかにある。
あなたは死刑の善悪にかかわらず廃止を要求するのですね。そのほうが気が休まるし、ましだと思うから。
問題はどういった「倫理」を選ぶかではなくどういった「嗜好」を選ぶか、ということなのかもしれない。
とにかく感動したぜ、工房。
>>393
読んでみます。紹介ありがとう。

395 :無責任な名無しさん:03/04/13 03:03 ID:U+HC2IB2
団藤言ってる事は同業者擁護の理論じゃん

396 :無責任な名無しさん:03/04/13 03:48 ID:foKm91FG
>>391
自由刑と財産刑は構わないのかい?

>>390
時代の潮流を先進国が決めるという発想自体が時代の潮流に反してるし、そもそも君は
多数派の意見が正しいという主張じゃなかったのかい?
としたら世論に反して死刑を廃止するフランスは正しくないということになるが。
さらにいえば日本は軍隊を持つべきになるな。っていうかそんなの主権国家じゃないし。

時代の潮流とかはどうでもいいから、そろそろ制度自体の是非について語った方がいい。
日本人て野蛮なんてメール欄に打ち込んで倫理や価値観に優劣があるなんて言ってたら
基地外と変わらんぞ。自分の野蛮さを皮肉ってどうする。

397 :無責任な名無しさん:03/04/13 13:08 ID:PqfB6+JV
>>396
>>>390
>時代の潮流を先進国が決めるという発想自体が時代の潮流に反してるし、
いーや、時代の潮流は先進国で決められるよ。貧しい国で進んだ発想が生まれるものか。
仮にこういう考え方が時代の潮流に適っていないとしても、私が時代の潮流に従えといったのは「倫理に関して」だけだ。ほかの分野に関しては必ずしもそう言っていない。

>そもそも君は
>多数派の意見が正しいという主張じゃなかったのかい?
>としたら世論に反して死刑を廃止するフランスは正しくないということになるが。
>さらにいえば日本は軍隊を持つべきになるな。っていうかそんなの主権国家じゃないし。
そんなこと言っていないよ。フランスは正しい。
あなたは時代の潮流に従うのは主権国家じゃないとい言うのかな?どうして?根拠を示してよ。

>時代の潮流とかはどうでもいいから、そろそろ制度自体の是非について語った方がいい。
>日本人て野蛮なんてメール欄に打ち込んで倫理や価値観に優劣があるなんて言ってたら
>基地外と変わらんぞ。自分の野蛮さを皮肉ってどうする。
うそだぁ。どこで私が倫理や価値観に優劣があるなんて言ったのさ。
倫理に優劣はないよ。だからこそその中からどれを選ぶかは時代の潮流を基準にするしかないって言ってるんだ。
死刑制度の是非については既に語っているよ。時代の潮流として選ばれた倫理観は死刑制度を否定している。だから死刑は現在では「非」だ。
もっとも、背景におくべきは倫理ではなく「嗜好」なのかも知れないけどね。

398 :無責任な名無しさん:03/04/14 16:05 ID:AXjNGBrF
>>397
時代の潮流というものを先進国で決めるってアメリカさんみたいな発想だな。
貧しかろうが何だろうが、思想・発想は人間の資質によるものだ。生まれた場所で決まるものではない。

そもそも倫理観という概念を時代の潮流などという曖昧なものを基準にするという発想がどうかと思う。
人間が50億いるなら、多少の類似はあるにせよ50億通りの倫理観があろう。
さらに、国や宗教、民族の意識や立場によって、様々な価値観が存在する。

基準を世界レベルで位置付けようとするからおかしくなる。
単純に日本という国の現在の法制度と、日本国内の治安の現状で考えて見るべきだろう。
死刑を廃止にしたら、どうなるかと脳内でシミュレートしてみればいい。(もちろん個人差はあるだろうが)

一例として未成年者の犯罪を犯すことに対する抵抗感の薄さの背景には
「死刑にならない」「実名で報道されない」「ハクがつく」 などが挙げられると思う。(異論もあるかも)
同じように成人にも「何やっても死刑にはならない」としたら、どうなるか。
基本的に人間という生き物は「死ぬ」ということを恐れている。それゆえに死刑という制度が有効である。
犯罪が減少しているならいい、だが現実は増加の一途をたどっているということを忘れてはならない。



399 :無責任な名無しさん:03/04/14 16:55 ID:rIIbrR1Z
>>398
>時代の潮流というものを先進国で決めるってアメリカさんみたいな発想だな。
>貧しかろうが何だろうが、思想・発想は人間の資質によるものだ。生まれた場所で決まるものではない。
貧しい国に優れた思想家が生まれることもあるが、全体としての文化のレベルは進んだものではないだろう。
彼らの生活水準は私たちが50年前100年前に経験したものとさして変わらない。

>そもそも倫理観という概念を時代の潮流などという曖昧なものを基準にするという発想がどうかと思う。
>人間が50億いるなら、多少の類似はあるにせよ50億通りの倫理観があろう。
>さらに、国や宗教、民族の意識や立場によって、様々な価値観が存在する。
驚くほどたくさんの数がある「からこそ」、その中からどれを選ぶか、その基準が必要なんだ。

>基準を世界レベルで位置付けようとするからおかしくなる。
>単純に日本という国の現在の法制度と、日本国内の治安の現状で考えて見るべきだろう。
つまり状況は国によって違うからそれに合わせた法制度が必要だと?
だけど発展途上国と比べるならともかく、先進国の間では差異とか違いはそれほど大きくないように思える。

>死刑を廃止にしたら、どうなるかと脳内でシミュレートしてみればいい。(もちろん個人差はあるだろうが)
>
>一例として未成年者の犯罪を犯すことに対する抵抗感の薄さの背景には
>「死刑にならない」「実名で報道されない」「ハクがつく」 などが挙げられると思う。(異論もあるかも)
>同じように成人にも「何やっても死刑にはならない」としたら、どうなるか。
>基本的に人間という生き物は「死ぬ」ということを恐れている。それゆえに死刑という制度が有効である。
>犯罪が減少しているならいい、だが現実は増加の一途をたどっているということを忘れてはならない。
死刑が犯罪防止に役立つという理論だろうか?だけどその考えなら死刑は犯罪防止のための一手段に過ぎないということになる。
犯罪防止の方策はもっとあるはずだ。なんで死刑という特定の一つの方法だけにこだわるんだろう。
ほかの方法とは比べ物にならないほど強い抑止効果があると実証されたわけでもないのに。

400 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:06 ID:rIIbrR1Z
同様に犯罪被害者の「心の療養」を考えて死刑存続を唱える人がいるけど、その考えなら死刑は犯罪被害者の「心の療養」のための一手段に過ぎないということになる。
「心の療養」の方法ならもっとあるはずだ。何で死刑という特定の一つの方法にこだわるんだろう。
他の方法とは比べ物にならないほど強い効果があると実証されたわけでもないのに。

これらのほかにも、死刑肯定派の主張は、たいていそのひとの倫理観か、そうでないなら実用主義的な態度から来ている。
前者ならそれは時代の潮流に反しているし、後者なら死刑以外の方法もたくさんあるから、どちらにせよ誤っているんだ。

401 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:14 ID:AXjNGBrF
>>399
文化レベルと人間の思想は関係ない。
優れた文化が多少なりとも、そこに住む人間の思考に影響を与えることはあるかもしれないが。

必ずしも基準が必要というわけでもあるまい、国ごとの状況によって、それに適した法制度があろう。
先進国だって、それぞれ内情が違うぞ?国によって主義や主張が異なっている。
犯罪レベルだって、当然異なるのだから、先進国だけで基準を決定するのは単に押し付けがましいだけ。

死刑が犯罪防止の一手段に過ぎないのは同意。だが、効果的な手段であることも確か。
犯罪防止の方策は確かにほかにもあるだろうが、効果がなければその存在価値はない。

別にこだわっていないよ。死刑よりももっと他に犯罪を抑制する方法があるならば、それを
使用すればいい。しかし、現状では何があるのだろうか?

ただ、人間の心理は「死」を恐れる(例外もあるが)ので、死刑という手段は効果はある。
人が人の命を取る(例えそれが刑罰であっても)その行為それ自体を野蛮といわれても、
人でなければ人を裁くことはできないのだから、仕方のないこと。
死刑になるのが嫌なら犯罪を犯すなと、むしろ凶悪犯罪者に対していいたい。それは自業自得なのだと。


402 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:24 ID:AXjNGBrF
>>400
死刑という手段が犯罪被害者の心の療養になりえるかどうかはさて置き、
具体的な死刑以外の効果的な方法というものを一例に出してみてはどうか?

被害者にしてみれば「目には目を」を犯罪当事者に与えたいわけだし(もちろん、これは感情論だが)
現状で最高の刑罰が「死刑」であり、死に対する恐怖を犯罪者に与えて、そしてその報いを与えると
いう行為は遺族や被害者にとってもある程度の慰めにはなるだろう。


403 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:33 ID:KzTbfgwS
時代の潮流に合わせて死刑を廃止しろという論調は学会の潮流に外れてるから採用できません。

一度死刑廃止論者の論文を読んで、どうして先進国が廃止してるから日本も廃止しろという君と
同じ意見がないのか考えた方がいいよ。
誰も思い付かなかった独創的な発想だ、オレって天才ってことになるだろうけどw

404 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:48 ID:rIIbrR1Z
>>401
>文化レベルと人間の思想は関係ない。
>優れた文化が多少なりとも、そこに住む人間の思考に影響を与えることはあるかもしれないが。
だけどその国の世論は文化レベルに適当なものにならざるを得ない。

>必ずしも基準が必要というわけでもあるまい、国ごとの状況によって、それに適した法制度があろう。
その国その国で独自に選べばいいと?でもそんなんじゃ世界が混乱する。

>先進国だって、それぞれ内情が違うぞ?国によって主義や主張が異なっている。
細かなところではもちろん違うけど、基本的なところでは一緒さ。先進国と分類された原因はそこが共通してたからでは?

>犯罪レベルだって、当然異なるのだから、先進国だけで基準を決定するのは単に押し付けがましいだけ。
わたしは日本について言っているんであって全世界の国が死刑廃止しろと言っているのではないよ。
発展途上国に関しては文化レベルが私たちに追いつくまで先進国の規準は受け入れる必要はないし、できないと思っているから。

>死刑が犯罪防止の一手段に過ぎないのは同意。だが、効果的な手段であることも確か。
>犯罪防止の方策は確かにほかにもあるだろうが、効果がなければその存在価値はない。
仮に死刑が効果的な手段でも、それ以上に効果的なのが見つかればそっちをとるべきだ。
私の倫理で言わせてもらえば、人間の命を奪うんだから、よっぽどずば抜けた効果が見込めない限り死刑は優先的に除外されるべきだ。

>別にこだわっていないよ。死刑よりももっと他に犯罪を抑制する方法があるならば、それを
>使用すればいい。しかし、現状では何があるのだろうか?
あるさ。ありあまるほど。

>ただ、人間の心理は「死」を恐れる(例外もあるが)ので、死刑という手段は効果はある。
>人が人の命を取る(例えそれが刑罰であっても)その行為それ自体を野蛮といわれても、
>人でなければ人を裁くことはできないのだから、仕方のないこと。
>死刑になるのが嫌なら犯罪を犯すなと、むしろ凶悪犯罪者に対していいたい。それは自業自得なのだと。
犯罪心理学には詳しくないから分らないけど、仮に死刑に効果があっても、そこからそれ以上の効果があるほかの方法が無いことは導かれないよね?

405 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:52 ID:rIIbrR1Z
>>402
だから死刑だけじゃないんだって、方法は。
不幸な目にあった人を慰める方法は「復讐させる」ことだけだとしたら、石につまずいてころんだ人は誰に復讐すればいいのさw
なんで真っ先に死刑って方法を思い浮かべるのかな。

406 :無責任な名無しさん:03/04/14 17:56 ID:KzTbfgwS
>>404
> その国その国で独自に選べばいいと?でもそんなんじゃ世界が混乱する。
> 細かなところではもちろん違うけど、基本的なところでは一緒さ。先進国と分類された原因はそこが共通してたからでは?

これで確信した。釣りだ。基地外でもこんな馬鹿なことは言わない。

407 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:01 ID:rIIbrR1Z
>>403
>時代の潮流に合わせて死刑を廃止しろという論調は学会の潮流に外れてるから採用できません。
あほめ、学会の潮流なんかより時代の潮流のほうが優先されるに決まってる。

>一度死刑廃止論者の論文を読んで、どうして先進国が廃止してるから日本も廃止しろという君と
>同じ意見がないのか考えた方がいいよ。
>誰も思い付かなかった独創的な発想だ、オレって天才ってことになるだろうけどw
論文を手に入れる時間なんてあるかボケェ!
あんたが論文を持ってんならどうして彼らが私と違う論拠を採用してるのか教えてよ。

408 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:08 ID:rIIbrR1Z
>>406
じゃああなたは先進国の分類がくじでも引くように恣意的になされたと言うの?それは違うと思うなぁ…
沸け分らん釣りはウザイだけだからさっさと帰っちゃってよ。

409 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:09 ID:KzTbfgwS
>>407
釣りだとばれたから煽りに方針転換ですかw

410 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:26 ID:rIIbrR1Z
自分の意見を簡潔にしてみます。
倫理的な理由で死刑存続を唱えるならそれは時代の潮流に反しているから否定される。
実用主義的な理由からの死刑存続論は死刑が他の方法から突出して強力な効果を挙げる見込みがあるとき以外は否定される。
そして、死刑存続論の説得力を持った根拠はこの二つのほかに分けられない。
つまり、現在の場合それが実用主義的な理由からで、しかも死刑が他の方法から突出して強力な効果を挙げる見込みがあるときにだけ死刑は肯定される。
そして死刑が他の方法から突出して強力な効果を挙げる可能性は少ない。
だから現在で死刑が肯定されるべきものである可能性は少ない。

411 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:35 ID:rIIbrR1Z
>>409
>>407はまじめに書いたつもりだ。教えて下さい。

412 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:42 ID:VahCXRMZ
>日本人て野蛮。。。

と言う事は、死刑が有る日本国は倫理後進国、
そしてその制度を肯定する日本人の倫理観は後進的と言う事か?

413 :無責任な名無しさん:03/04/14 18:45 ID:RCYxqnSD
自然保護のために、割り箸を使おう。
これは、間伐材を使わなければ、山の維持ができず。
結果的に自然破壊になるためです。
人間も多すぎると、自然を破壊します。
人間を間引くなら、犯罪者からで良いでしょう。
将来の子供たちのために、凶悪犯罪者を間引きましょう。

414 :無責任な名無しさん:03/04/14 19:48 ID:m/6JIeI8
死刑廃止して終身刑とか何百年とかの刑を作る+他の刑罰も重くする。
んで、囚人は全員労働をさせる。1日5000円分の労働。刑の重さにより何円分の労働をさせるか決める。(最低刑務所に利益が出る額)
もちろん働かない奴には飯を食わせない。労働で稼いだ金は全部公庫に帰属する。
本人の請求により死刑を執行することも出来る。
之最強。

415 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:09 ID:lEBLDIw4
>>412
>>413とか>>414のような発想が簡単にできるからです。

416 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:18 ID:VahCXRMZ
>>415
では日本は倫理後進国だとして、
先進国の中で一番治安が良いのは何でだ?

417 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:22 ID:lEBLDIw4
>>416
野蛮性のあったほうが実用的だ、という理論ですか?
でも日本人が仮に野蛮であるとしてもそれと治安のよさはは結びつかないような。。。

418 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:28 ID:VahCXRMZ
>>417
は?倫理の話じゃないの?
モラルと治安は関係ないのか?

419 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:29 ID:VahCXRMZ
倫理観が先進的、後進的と判断する基準は何?

420 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:32 ID:RCYxqnSD
世界一の倫理後進国はアメリカでしょ。
たった1人を死刑にするために、何万人も虐殺するのだから。

ところで、倫理先進国はどこだ?
そんな国 とこにもないよ!


421 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:36 ID:lEBLDIw4
>>418
治安維持に効果的な倫理を選ぶべきだと?
しかし残虐刑を平気で行うような状況は実用主義的な観点からみても好ましくないはずだ。
第一ね、今の日本人でそんな人ははるかに少数派だと思うよ。>>413とかもまさか本気で言ってるわけではないでしょう。
>>419
時代の潮流。

422 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:37 ID:lEBLDIw4
>>420
私もあの国には全くあきれるよ。

423 :無責任な名無しさん:03/04/14 20:52 ID:RCYxqnSD
>>421
本気で思ってます。マジレスですみません。
とにかく人間は増えすぎている。このまま200年も放置すれば
間違いなく、人類滅亡です。
中国は世界のために1人子政策をしている。でも、これはかわいそうだ。
だったら、犯罪者から間引くのは当然でしょう。


424 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:14 ID:I+shLx8N
倫理に関する意見を簡潔にしてみます。

実用主義的な志向を除外して倫理だけで、もしくは倫理を重視して法律を決めるなら、莫大な数の倫理規準の中からどのようなものを選んで背景におくかが問題になる。
残虐刑をも肯定する規準を選ぶか、残虐刑を禁止しても死刑は除外する規準を選ぶか、死刑も含めて否定する規準を選ぶか、他にも他にも・・・
本来なら優劣の「無い」これらの倫理規準にどう優劣をつけるか。
私は「時代の潮流」や「時の流行」を基準にすればいいと思う。
それが慣例だったから。
現在、時代は死刑を廃止する規準を優としているようだ。
日本はそれに従えばいい。

425 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:16 ID:I+shLx8N
>>423
慈悲の無い人…
ともかく、あなたのようなことを言う人は少数派だと思います。

426 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:18 ID:RCYxqnSD
>>424
おっちゃん 難しくて意味わからん。 どこが簡潔?
いったい、何に従うんだ?
時の流れに身を任せてどうするの?
自分の考えで発言したら!

427 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:30 ID:RCYxqnSD
>>425
あなたの方が慈悲がないのでは?
被害者の気持ちを考えたことなど一度も無いのでしょうね。
中国では1人出産後に避妊手術をしなかった医者を死刑にしているのですよ。
死刑はより多くの善人者を救うためには、しかたがないことです。
犯罪者がまた罪を犯す率が高すぎる。
殺人犯を社会復帰させた人は気持ちがよいでしょうが、
同じ殺人者がまた、人を殺せば家族は社会復帰させた人を恨むでしょう。
自分425の自己満足のために、殺人者を増やすのは悲しすぎる。

428 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:31 ID:I+shLx8N
>>426
よく分らなくてゴメソ。
要するに、いま流行ってる倫理規準を選べばいいってことです。
そんで今の流行は死刑廃止だから日本も廃止するべきと言っているのです。


429 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:37 ID:I+shLx8N
>>427
>>391からの抜粋です。

>一度人を殺した人間が、いつまた人を殺さないという保証は無いが、
>一度も人を殺した事の無い人間が、いつ人を殺さないという保証も全く無い


430 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:38 ID:RCYxqnSD
>>428
ふー。 やっとわかった。

431 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:42 ID:I+shLx8N
>>430
分ってもらえてよかった。

432 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:43 ID:RCYxqnSD
>>429
今時の人はマークシート世代だから二者択一しか考えられないようじゃのう。
あなたが殺人をしない保証も全く無い。
あなたは将来殺人者かもしれませんね。


433 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:51 ID:I+shLx8N
>>432
ではもう一つの選択肢とはいったいどんなので?

434 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:55 ID:I+shLx8N
風呂入るのでいったん切ります。

435 :無責任な名無しさん:03/04/14 21:56 ID:RCYxqnSD
>>433
人(あなた)が殺人をするか・しない でしょ。

436 :無責任な名無しさん:03/04/14 22:18 ID:la7vILxe
なんて主体性のない発想なんだw 明治時代じゃあるまいし欧州マンセーしてどうするんだろう。

437 :無責任な名無しさん:03/04/14 22:32 ID:RCYxqnSD
本気でいかなる状況においても、死刑を批判できるのでしょうか?
ほとんどの国家の法務大臣は殺人者になってしまうのでしょうか?
むごい殺人者が何度も殺人を繰り返しても許してあげられるのでしょうか?
被害者の気持ちはどうでも良いのでしょうか?

自分の家族が虫けらのように殺されても、本気で死刑を反対できるのでしょうか?

私の意見は少数意見でしょうか?

438 :無責任な名無しさん:03/04/14 23:09 ID:I+shLx8N
>>435
よくわかんない。。。
>>436
死刑存続派は多いけど国粋主義者は少ないと思うよ。
>>437
>むごい殺人者が何度も殺人を繰り返しても許してあげられるのでしょうか?
時代の選んだ倫理規準は死刑以外の罰で彼らを許すでしょう。
>被害者の気持ちはどうでも良いのでしょうか?
これは>>400を参照。どうして加害者の人権配慮=被害者の人権無視って考えるのかなぁ…
>自分の家族が虫けらのように殺されても、本気で死刑を反対できるのでしょうか?
そりゃ、自分や自分の周辺が被害者の場合なら別だけど、第三者が被害を受けた場合なら本気で反対できるさ。
>私の意見は少数意見でしょうか?
多数派でしょうね。困ったものだ。

439 :無責任な名無しさん:03/04/14 23:29 ID:RCYxqnSD
>>438
>自分の周辺が被害者の場合なら別だけど
私も被害者になる可能性がなければ、善人だから死刑反対と言えるよ。
自分に関係無いから反対とは自己中心的発想ですね。
そういう人のことを偽善者と呼ぶのでしょうか?

440 :無責任な名無しさん:03/04/14 23:37 ID:RHQd73vE
>自分の家族が虫けらのように殺されても、本気で死刑を反対できるのでしょうか?
そりゃ、自分や自分の周辺が被害者の場合なら別だけど
第三者が被害を受けた場合なら本気で反対できるさ。


単なる自己中の論理だな。

たとえ自分や自分の周辺が被害者の場合であっても
本気で死刑に反対できるような奴しか
人間としては全く信用に値しない。

だから本物(信念を持った)死刑反対論者は、少数派なんだよ。


441 :無責任な名無しさん:03/04/14 23:43 ID:RCYxqnSD
少数派と言うことは、本当に自分の目の前で子供がむごい殺されかたを
しているのを見ていても、殺人飢に社会復帰させる人もいるのでしょうか?

もし、本当にいるのであれば、私の考えも改めても良いかも?

442 :無責任な名無しさん:03/04/14 23:49 ID:RHQd73vE
>>441
極めて少数だが、確実にいると思う。

人間の性質の分布は
快楽殺人者から聖人君子までバリエイションの豊富さにその特徴がある。



443 :無責任な名無しさん:03/04/15 00:03 ID:AiGFu+yB
ついでに言うと

人間の性質を決定する要因は、約50%が(先天的)遺伝子
残り50%が(後天的)環境による
ということらしい。

444 :無責任な名無しさん:03/04/15 00:11 ID:H6e8RABe
>>442
歴史上に1人でも、それに近い人はいましたか?
人間のDNAはDNAが将来存続を続けるように設計されている。
その障害となる要因を許容することなど、正常な人間にはできないはず。

445 :無責任な名無しさん:03/04/15 00:15 ID:H6e8RABe
ついでに言うと

DNAは一生変わりません。
DNAが人間のすべてです。後天的性質は遺伝子とは無関係。

446 :無責任な名無しさん:03/04/15 01:53 ID:nwjWHGfU
>>439>>440
でも、私がどんな人間だろうと死刑は廃止するべき制度だという事実は変わらないでしょう?
聖人が言おうと、愚か者が言おうと、事実は事実なのさ。

ところで法律の専門家いませんか?
>>410>>424で自分の意見をまとめてみたんですけど法学的な観点から考えてどう思われますか?
それが一番知りたい。。。

447 :無責任な名無しさん:03/04/15 02:43 ID:Ghonj+0m
>>446
このスレ内で「死刑を廃止すべき制度」だと言っているのは現在、貴方だけで
それが絶対的な事実にはなってないよ。貴方の中だけの事実に過ぎない。
また我が国でも、それは一つの意見でしかない。
貴方の意見で一番の欠点は、
・「死刑存続を唱える」ということが時代の潮流に反している、が証明されていない。
・「死刑」以外で他に強力な効果を上げる見こみのある具体的な方法を提示していない。
例えば、>>401=402が、具体的な方法について述べよとの問いに対して、貴方は抽象的な
回答しかしていない。これでは説得力もなにもない。

何より滑稽なのは>>405の”石につまづいた〜”の部分。
ここで論じられているのは、死刑についての話であって、そんな事故の話ではない。
もし、それをたとえ話としてあげているのなら、それはなんら説得力をもたない。

慈悲云々は個人の価値観によるから避けとくが、俺個人は
被害者>>>>>>>>>>>超えられない壁>>>>>>>>>>犯罪者
なので、犯罪者の権利よりも被害者の権利を優先する。

448 :無責任な名無しさん:03/04/15 04:05 ID:z5VJKvbK
>>446
死刑を廃止すべきという理由を何ら主張していないから点数の付けようがない。
時代の潮流に反してると主張してると反論されるだろうが、法制度の是非と時代の潮流(≒多数派
の支持)とは別問題で、多数派が是としていることは法内容の適正を立証するものではない。
つまり正しいから多くの人が賛成することはあっても、多くの人が賛成しているから正しいということ
にはならない。そして法的には正しいかどうかが問題だ。
倫理に関しても言及しているが、法と倫理の峻別という法学の基本が分かってないから減点される
ことはあっても加点対象とはならない。この話を続けたいなら哲学板(あるのか分からないが)あたり
が適当かな。受け入れられるかどうかは保障しないが。

一生懸命考えていることは分かるけど方向性が間違っていて独り善がりな印象。まず本やサイトを
あたって基礎的な知識や学説を確認した方がいい。

449 :393:03/04/15 04:30 ID:We6C/LbX
>447
一応俺も(どちらかといえば)死刑廃止ね。
意見述べてないんでわかるわけないんだが。
なぜ意見を述べないかといえば、相手を説得する等の
行為につかれた(このスレじゃないんだが)から。

廃止派になる時ってのは、だれかに説得されてなるも
んでなくて、メディア(おもに本かねえ)から得た材
料やらを前にして、自己の価値判断で「えいっ」と踏
み切るようなところがある。
おなじ材料をまえにしても同じ結果にならないという。



450 :無責任な名無しさん:03/04/15 04:52 ID:Fmt4lkqU
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

451 :無責任な名無しさん:03/04/15 05:43 ID:g9Utwg7z
死刑廃止って声高々に叫んでいる香具師は、
自分の親や子供、恋人なりが殺されても
絶対に考え変えんなよ。
大体、監獄法だっけ?
加害者に人権なんてねーよ。

452 :無責任な名無しさん:03/04/15 06:45 ID:AiGFu+yB
>後天的性質は遺伝子とは無関係。

相関関係あり。

>DNAは一生変わりません。

あのねえ利根川博士はどうしてノーベル賞取ったの?
中学校の生物の勉強からやり直し。

>DNAが人間のすべてです。

ある意味で正しい。

453 :無責任な名無しさん:03/04/15 07:08 ID:AiGFu+yB
>DNAは一生変わりません。

だた性質・性格に関わる遺伝子の基本構造は
一生変わらないと思う(科学的なデータはないけど)


>廃止派になる時ってのは、だれかに説得されてなるも
んでなくて、メディア(おもに本かねえ)から得た材
料やらを前にして、自己の価値判断で「えいっ」と踏
み切るようなところがある。
おなじ材料をまえにしても同じ結果にならないという。

例えば一卵性双生児は、DNAは同一だが
おなじ材料をまえにした場合(ほぼ同一環境)
他の人間より 同じ結論(考え)に達する確率ははるかに高いと思う。

統計データはないけどね。

454 :無責任な名無しさん:03/04/15 07:38 ID:K307SR6/
http://www.k-514.com/
(σ・∀・)σ 娘です
http://www.k-514.com/img1.html

455 :無責任な名無しさん:03/04/15 09:48 ID:H6e8RABe
>>452
おまいは医者か?
後天的性質の一番の要因は環境だろうが?
死刑執行のボタンを押している人間だって、結果的に殺人者であるが
罪の意識は、少ないと思う。 それは環境が死刑を正当化しているから。

10億塩基対に1個程度の複製ミスでDNAの変化と呼ぶのか?
一部の病気で自分の間違いを正当化するな。

456 :無責任な名無しさん:03/04/15 11:30 ID:AiGFu+yB
>後天的性質の一番の要因は環境だろうが?

その通り。

死刑執行のボタンを押している人間だって、結果的に殺人者であるが
罪の意識は、少ないと思う。 それは環境が死刑を正当化しているから。

10億塩基対に1個程度の複製ミスでDNAの変化と呼ぶのか?

たとえ複製ミスもしくは変化であっても
それは次の世代に受け継がれる可能性がある。
この意味分かる?



457 :無責任な名無しさん:03/04/15 11:40 ID:AiGFu+yB
要するに

主に遺伝+主に環境・経験(記憶)など = 思考・行動に大きな影響を及ぼす。

ということ。

458 :無責任な名無しさん:03/04/15 11:51 ID:AiGFu+yB
それから

複製ミスもしくは微少な変化こそ
生物の進化の正体だという説もある(俺も部分的にはそう思うが)

だた性質・性格に関わる遺伝子の基本構造は
その世代に関する限り大きく変わる確率は極めて低いと思う。あくまでも確率だが

459 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:03 ID:H6e8RABe
>>458
それで、おまいは死刑制度廃止ついてどう思っているの?
生物学者には答えられなきゃ 生物スレで発言したら?

私は死刑が必要だと考えております。


460 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:05 ID:AiGFu+yB
補足

もちろん生物の進化の正体の一番の要因は
DNAの再合成つまり世代交代(出産など)のところで起きていると思っているよ。
誤解なきように。

461 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:07 ID:AiGFu+yB
>>459

現時点では必要だと思う。


462 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:18 ID:AiGFu+yB
凶暴、極めて反社会的な性質・性格になる傾向が高い遺伝的要素は存在するし
それを後天的な環境(教育など)で十分フォローしきれない場合は
死刑もやむをえないだろう。

凶暴、極めて反社会的な性質・性格になる傾向が高い個体が増えすぎた場合
種の存続すら脅かしかねない。というのは事実だからね。


463 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:20 ID:AiGFu+yB
という訳で俺は消極的死刑肯定派だよ。

464 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:23 ID:H6e8RABe
>>463
なんだ、仲間じゃん

465 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:29 ID:AiGFu+yB
矛盾するように感じるかもかもしれないが

凶暴、極めて反社会的な性質・性格になる傾向が高い個体は
完全に排除すべきではない。

種全体としての多様性・適応性を維持するためには
そういった極めて反社会的な性質・性格になる傾向が高い個体も
一定比率は必要だと思うし 結果的にも完全に排除することは不可能だろう。

466 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:35 ID:H6e8RABe
>>465
おっちゃん 難しすぎて意味わからん。
個体とは人のことか?
ひょっとして本人も意味わからんのでは?

467 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:38 ID:AiGFu+yB
>>466
辞書を読め。

>ひょっとして本人も意味わからんのでは
生物学的な視点で述べたまでさ。

468 :無責任な名無しさん:03/04/15 12:50 ID:H6e8RABe
>>467
>矛盾するように感じるかもかもしれないが

明らかに矛盾している。
ここは法律板である。

おまいは、殺人鬼も必要だと思ってんの?

そういう人間が多いから犯罪が減らないんだよな。
やっぱし、仲間じゃない。

469 :無責任な名無しさん:03/04/15 13:07 ID:AiGFu+yB
>おまいは、殺人鬼も必要だと思ってんの?

社会学的には必要ではないと思う。

遺伝学的には、それを完全に排除することは困難だし
社会の都合に合わせて特定の遺伝要因が強い者を完全に排除するには
更なる犯罪学的医学的検討が必要だろう。


470 :無責任な名無しさん:03/04/15 13:24 ID:H6e8RABe
>>469
おまいは、どう思っているのだ?
結論解らない。 
おまいがどの学問見地に立とうが自由だが
もっと自分の言葉で話す練習をしたほうが良いよ。
学問は所詮、人の意見です。

死刑は反対という訳ではないのであるが、そうなる可能性を
否定できなくも無い事実は、誰が考えても明らかであろう。

471 :無責任な名無しさん:03/04/15 13:35 ID:AiGFu+yB
>>470
>死刑は反対という訳ではないのであるが、そうなる可能性を
否定できなくも無い事実は、誰が考えても明らかであろう。

おまいが自分の言葉で話す練習をした結果がこれかい↑
・・・俺とあまり変わらんと思うが ・・・

472 :無責任な名無しさん:03/04/15 13:39 ID:AiGFu+yB
前にも書いたが おれは消極的死刑肯定派だよ。

その根拠のいくつかは前に書いた通り。

473 :無責任な名無しさん:03/04/15 13:41 ID:H6e8RABe
>>471
皮肉で書いた文書を批判するなよ。

おまいの言っている言葉は↑ のように解りにくいと書いたのです。

474 :無責任な名無しさん:03/04/15 13:45 ID:H6e8RABe
>>472
消極的死刑肯定派ですか。

やっと、理解できた。
もう、変な注釈はつけないでください。
解りにくいから。

漏れは普通の死刑肯定派です。

意見が ほぼ一致したので終了にして 今から仕事します。


475 :無責任な名無しさん:03/04/15 14:00 ID:AiGFu+yB
>やっと、理解できた。
もう、変な注釈はつけないでください。
解りにくいから。

様々な視点からみても
死刑肯定は、理にかなっている。
というようなことが言いたかっただけさ。以上


476 :無責任な名無しさん:03/04/15 19:56 ID:AiGFu+yB
>種全体としての多様性・適応性を維持するためには
そういった極めて反社会的な性質・性格になる傾向が高い個体も
一定比率は必要だと思うし 結果的にも完全に排除することは不可能だろう。

これには、一つの例を挙げておくよ。

例えば、人を殺すことにさほど罪の意識を感じにくい遺伝的要因があるとする。

(恐らくミラー細胞(他人の痛み・感情を 自分の痛み・感情として感じるような働きの細胞系)
(が発達しにくい遺伝的要因があるとする(仮説)

そういう人間は、環境・訓練によって 優れた兵士になる可能性がある

同時に環境によっては、狡猾な連続殺人鬼になる素質があるとも言える。

つまり遺伝には 諸刃の剣のようなところもある。

477 :無責任な名無しさん:03/04/15 20:49 ID:z5VJKvbK
>>476
生来性犯罪人説を主張するなら、科学的な証拠を提示しないとはじまらないよ。

478 :無責任な名無しさん:03/04/15 21:04 ID:AiGFu+yB
>生来性犯罪人説を主張するなら

よく読んで欲しい。そういった主張はしていないよ。

479 :無責任な名無しさん:03/04/15 21:09 ID:z5VJKvbK
>>478
悪い悪い、>>476じゃなくて最近の議論全体に対してだった。

480 :無責任な名無しさん:03/04/16 00:41 ID:c1evteoo
>>447
レスありがとうございます。でもあなたの指摘は私は回避できそうです。

>・「死刑存続を唱える」ということが時代の潮流に反している、が証明されていない。
これは死刑廃止が時代の潮流であることは確か>>380->>400あたりで確認したと思います。

>・「死刑」以外で他に強力な効果を上げる見こみのある具体的な方法を提示していない。
これはについては>>410の「死刑が他の方法から突出して強力な効果を挙げる可能性は少ない」を「死刑が他の方法から突出して強力な効果を挙げるのは可能性の一つに過ぎない」と変えるだけで解決しそうです。
強力な方法は死刑ではないことは証明されなかったけど、死刑だけが強力な方法であることも証明されていないから。
これに合わせて結論も「現在で死刑が肯定されるべきものである可能性は少ない」から「現在で死刑が肯定されるべきものであるには可能性の一つに過ぎない」と変化しますが、
これは死刑廃止論に「ほぼ確実な」正当性を与えることはないとしても、死刑存続論にも「ほぼ確実な」正当性は与えない。
つまり私は死刑廃止論に正当性を与えたわけではないけど、死刑存続論からも正当性を奪ったことになる。

>何より滑稽なのは>>405の”石につまづいた〜”の部分。
>ここで論じられているのは、死刑についての話であって、そんな事故の話ではない。
>もし、それをたとえ話としてあげているのなら、それはなんら説得力をもたない。
これは不幸な目にあった人間を慰める方法は「復讐させる」ことだけではないことの証明を試みたつもりです。
犯罪の被害というのも不幸な目の一種に過ぎませんからね。それが人間によって(非合法の形で)なされたというだけで。
もし慰めの方法が復讐だけなら自然災害とかによる被害を受けたひとを慰めることは永遠に出来ないことになる。復讐する相手がいないんですからね。
でも私たちはそういう人ををさまざまな方法で慰めてるし、しばしば成功しているのではないか。

価値観については議論を避けますが、私は犯罪者も犯罪被害者も同じように扱います。少なくとも自分が当事者でないなら、犯罪者は殺せなんて「絶対に」言わない。

481 :金正日:03/04/16 00:53 ID:xmWz094E
   ,rn                 
  r「l l h.                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 、. !j                | 
  ゝ .f         _      |  
  |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.  │  http://freehost.kakiko.com/hiroyuki/
  ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. │   こんなのあったニダ
 ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  | 
  |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ   | 
  \    \.     l ; r==i; ,; |'  .人_ 
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.  
        y'    /o     O  ,l    |

482 :無責任な名無しさん:03/04/16 01:00 ID:c1evteoo
>>448
わかりました。ちょっと法学を勉強してからまた来ます。
ただもし法学で言う「法的な正しさ」が実用性を意味しているのなら>>480で言ったことをそのまま言えるかもしれません(でもこれは死刑廃止の主張にはならないか。。。)。
ところで哲学板ですが、はじめは向こうに書いたんですよ、>>361と同じのを。でも向こうの連中は「時代の潮流」って考えが気に食わなかったみたいで。選ぶ必要がなかったんでしょうね。


483 :無責任な名無しさん:03/04/16 01:17 ID:j1uJ47dj

凶悪犯を矯正するには刑務所に何年も入れておかないといけないので費用がかかる。
その費用は、すなわち税金。
だから矯正するより死刑にしてしまった方が安上がり。
特に中高年は矯正しても使い道がないので死刑がいいよ。
日本の死刑執行率は低すぎ。
俺が法務大臣だったら毎日一人は刑を執行するね。

484 :無責任な名無しさん:03/04/16 03:01 ID:7jhHFb8m
   ,rn                 
  r「l l h.                
  | 、. !j                 
  ゝ .f         _        
  |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.  
  ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. 
 ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)   
  |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ  
  \    \.     l ; r==i; ,; |'  
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.  
        y'    /o     O  ,l    |




485 :無責任な名無しさん:03/04/16 03:19 ID:yhpeKuzj
>>483
バカなヤシ。。。
金使ったときどっかが損してもどっかが得をするってことを忘れてるぜあんた。。。
なんて自己中心的な物言いだろう。。。
自分のことしか考えてない。。。

486 :無責任な名無しさん:03/04/16 04:38 ID:LLDqVerG
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

487 :無責任な名無しさん:03/04/16 06:48 ID:QqowFOnZ
>凶悪犯を矯正するには刑務所に何年も入れておかないといけないので費用がかかる。
その費用は、すなわち税金。
だから矯正するより死刑にしてしまった方が安上がり。

経済面から見るのもある意味で正しいよ。
犯罪者の比率が予想以上に増えすぎた場合

・刑務所を増設する
・死刑囚の執行をする
・(法的に可能ならば)刑を減免ぎみにして早めに釈放するか・・・

刑務所の絶対数を確保しなければならない。
そういう裏事情というか避けられない現実もあるんだよね。


488 :藤井浩司:03/04/16 19:30 ID:wyaO3Vzl
改造車のったら死刑ってな法律つくってほしいな。
死刑が嫌なら乗らなきゃいいだけの話だもんね!
マジでうるさくて迷惑!憎たらしい。

489 :山崎渉:03/04/17 08:34 ID:Hj+bXxDo
(^^)

490 :無責任な名無しさん:03/04/17 14:22 ID:dB9j4XEI

俺は死刑の犯罪抑止力を信じているんだけど、これほど死刑の執行数が少ないと抑止にならない。
それに殺人を犯しても一人殺したくらいじゃ無期か懲役15年くらいだから誰も怖がらない。
こうなったら死刑の刑罰を刑法81条と同じにするしかない。

491 :無責任な名無しさん:03/04/17 14:23 ID:dB9j4XEI
>>490
× こうなったら死刑の刑罰を
○ こうなったら殺人の刑罰を

492 :無責任な名無しさん:03/04/18 23:23 ID:sAtxSZ4M
死刑がらみインフォメーション
 @韓国国会に現在上程中の死刑廃止法案は可決するかどうか?
  金大中(元死刑囚でもあった)政権下での4年間執行無し。新
  大統領も死刑廃止論者だが、少数与党のため可決は?
  ただし、執行は今政権下でもなさそう。

 A台湾では、来年度死刑廃止が決まりそう。くわしいソースなくて
  すまそ。

493 :無責任な名無しさん:03/04/19 09:06 ID:9ImW0Hn5
「台湾――絶対的死刑の範囲を縮小
1月 8日に、台湾の立法府は、略取・誘拐、武装強盗および他の
暴力犯罪に対する絶対的死刑を廃止した。しかし、まだ死刑判決
は裁判所の裁量で言い渡されている。法務部の説明では、過去10
年間に 176人が処刑されたというのに、「最も重い刑罰を科すこ
とによってさえ犯罪を抑止することができなかった」ということ
である。法務部は、今後 3年の間に全面的な死刑廃止に向かう重
要な一歩であるとして、絶対的死刑の縮小を歓迎している。」
死刑廃止ニュース2002.3より

台湾、2004年中に廃止の意向。近隣国の動きが急だね。


494 :無責任な名無しさん:03/04/19 09:36 ID:dPcdcm5b
日本で死刑廃止の動きが広まらないのは、8年前のオウム事件からだろうか。

495 :無責任な名無しさん:03/04/19 10:05 ID:9ImW0Hn5
>494
凶悪な事件がおきると人情としてねえ・・。

あの事件に死刑を科すとしても、首謀者の麻原くん以外必要ないだろう。
内乱罪類似ではあるし、確信犯として罪の意識も?だったし。

496 :山崎渉:03/04/20 03:32 ID:wYZFnE+g
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

497 :山崎渉:03/04/20 03:37 ID:wYZFnE+g
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

498 :無責任な名無しさん:03/04/20 19:22 ID:X6z5iML/
実際の事件のお勉強にどうぞ

http://pine.zero.ad.jp/~zac81405/index.htm

499 :無責任な名無しさん:03/04/20 21:49 ID:XC4PXD6t
>498
勉強になるサイト紹介ありがとう。

電気椅子処刑の際の写真等はじめてみたよ。
また、なぜ日本において相対的に犯罪が少ないか?の考察
も興味深い。



500 :無責任な名無しさん:03/04/21 06:02 ID:rzH7epxz
500get!

501 :堕天使:03/04/21 14:06 ID:4NCCFVE4
http://life.fam.cx/

502 :::03/04/22 12:29 ID:FJFJEshQ

☆^〜^★ 50音順で探せて楽して得する
http://sagatoku.fc2web.com/
   あなたの探し物きっとみつかるよ☆^〜^★



503 :無責任な名無しさん:03/04/22 12:57 ID:VA4fWjyp
団藤じいさんはまだお元気かな?

504 :無責任な名無しさん:03/04/24 16:37 ID:ZoGvjteU
団藤は残虐刑、国際協調、人権、冤罪、抑止否定、人命尊重、教育刑
等を同時に言ってるんだから結局は死刑廃止が目的。
論理が先では無いと言う事だな。

505 :無責任な名無しさん:03/04/24 20:33 ID:jVXCe9ZP

20世紀中ごろまで中国で行われていた肉削刑って犯罪抑止力がありそうだ。
公衆の面前で犯罪者の肉を削いで殺すという刑罰。
受刑者がわめけないように声帯を切除してから行うという徹底ぶり。

506 :無責任な名無しさん:03/04/24 22:34 ID:6cu2FYTE
最近の少年犯罪ってデヴィルレヴェンガーみたいに精神に普通ではない異常があって、動物虐待をわざと捕まるように
ネット上で公開とかを行う。こいつらにはどんな刑罰も抑止力にならない。抑止力というのはある程度の判断能力が
ある人間のみに適合するものと思うがどうか?死刑があろうがなかろうが犯罪起こさない奴は起こさないし、起こす奴は
起こす。

507 :無責任な名無しさん:03/04/24 23:12 ID:6cu2FYTE
死刑廃止論の理由づけにはいろいろの論点があります。しかし、他の論点については賛否が論者の立場によって岐れて
きますが、誤判の問題だけは、違います。少々の誤判があっても構わないという人はいても、誤判の可能性そのものを否
定することは誰にもできないはずです。その意味で誤判の問題は死刑廃止論にとってもっとも決定的な論点だとおもうの
です。・・・誤判の問題は何も死刑事件に限りません。・・・(懲役刑でも)失われた時間、失われた青春は再び戻って来な
いという意味では、これもたしかに取り返しがつかないものです。・・・(しかし、)死刑は、すべての元にあるその生命その
ものを奪うのですから、同じ取り返しがつかないと言っても、本質的にまったく違うのであります。その区別がわからない
人は、主体的な人間としてのセンスを持ち合わせない人だというほかありません

508 :無責任な名無しさん:03/04/24 23:13 ID:6cu2FYTE
私は、個々の事件について死刑が相当かどうかという問題と、死刑制度そのものの存廃の問題とは、次元が違うと思うの
です。個々の事件に関する限り、私自身にしても、事件によっては、事実認定にまったく疑問を容れる余地がなく、犯行の
残虐さを考えると素朴な人間的感情から言って死刑が当然だと思うことがないわけではありません。しかし、そのことと死
刑制度そのものの存廃のこととは、問題が違います。すべて制度というものは、その運用を離れては存在しませんから、
死刑制度にしても、どうしても誤判の問題に行き当たらざるを得ないのです。
学者によっては、誤判は死刑に限ったことではないのだから、死刑存廃の議論には、誤判の問題は括弧に入れて、およそ
「人を殺した者」に対して死刑を科する道を残しておくべきかどうか、という純粋な形で問いと答えを出さなければ、議論に
夾雑物がはいって来るという意見の人がいます。これは制度ということを忘れた議論だと思います。哲学の問題ならこれ
でいいかも知れませんが、法律の議論としては、これでは通らないのです。

509 :無責任な名無しさん:03/04/24 23:14 ID:6cu2FYTE
最高裁の判例

「死刑制度を存置する現行法制の下では、犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性、結果の
重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各般の情状
を併せ考察したとき、その罪責が誠に重大であって、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむをえ
ないと認められる場合には、死刑の選択も許される」

510 :無責任な名無しさん:03/04/24 23:22 ID:ZoGvjteU
>>507
無辜の人命救済の為にと言うのは分かる。
だが本当に無辜の人命の事を考えたら、死刑よりも仮釈放制度の方が
むしろ大問題だし、先に無くすべきでは?

511 :無責任な名無しさん:03/04/25 00:04 ID:3sP8ChJr
>20世紀中ごろまで中国で行われていた肉削刑って犯罪抑止力がありそうだ。
>公衆の面前で犯罪者の肉を削いで殺すという刑罰。

そうかあ、20世紀中頃までは、中国はとっても安全なくにだったんだあ。
勉強になるなあ。

512 :無責任な名無しさん:03/04/25 00:44 ID:R4L3BH8a
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|  < 死刑になりそうだ 助けてくれ
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|    \_________
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》

513 :無責任な名無しさん:03/04/25 01:42 ID:lVo+E28x
麻原死刑決定だな。死刑廃止論者は反対運動しなくていいのか?

514 :無責任な名無しさん:03/04/25 10:48 ID:fRHe1zQd
>>513
でも刑の確定には10年以上かかるだろうよ。

515 :無責任な名無しさん:03/04/25 18:32 ID:FdiCl5Y0
廃止論者が唱える終身刑は脱獄の危険がある。

516 :無責任な名無しさん:03/04/25 21:28 ID:1KS5aM0v
脱獄できないように発信機埋め込む。もちろん何処に埋め込むかは知らせない。また、複数の箇所に埋め込み、
金属探知機に引っかかるようにする。

517 :無責任な名無しさん:03/04/25 23:34 ID:3sP8ChJr
>513
おまえら新聞くらい読め、亀ちゃんらの死刑廃止議員連盟が今国会に
関連法案提出予定らしい。

518 :無責任な名無しさん:03/04/26 01:36 ID:YuVV1scW
◆ 死刑廃止を推進する議員連盟 ◆
90年から92年にかけて実施されなかった死刑が93年に執行された
のを受けて94年4月に発足し、衆参両院議員からなるメンバーは最大
197人にまで増えた。地下鉄サリンなど凶悪事件の続発で活動は低迷
していたが、亀井静香衆院議員の会長就任(昨年11月)以降、法案提
出に向けての動きに加速がついた。党派別構成は自民24人▽公明15
人▽民主44人▽社民17人▽共産6人▽自由2人▽無所属3人。

毎日新聞HPより

519 :無責任な名無しさん:03/04/26 05:12 ID:snXDpPXv
>>518
この数字からいくと各政党内での死刑反対議員の比率は
自民6.8%、自由13.6%、民主25%、公明約27.3%、社民70.8%、共産15%

やはり左寄りと言う事だね。


520 :無責任な名無しさん:03/04/26 16:12 ID:YuVV1scW
>519
賛同していても名前は貸せない(議員連盟に)って奴も多いだろうね。
世論(票と金)の動向は気になるし。おれも人前で死刑廃止論者という
のは少しだけ抵抗が有る(めったに告白する機会なんてないんだが)。
犯罪被害者支援の会合なんかではとてもとても。

521 :無責任な名無しさん:03/04/26 16:14 ID:YuVV1scW
>519
共産党が少ないんだな。なんでだろう?

522 :無責任な名無しさん:03/04/26 17:20 ID:snXDpPXv
>>521
左の理想的理念が共産主義から人権主義に移ったからじゃないの?
結果の平等と人権が対立する場合、共産主義者は結果の平等を取るからじゃないのかな?

523 :無責任な名無しさん:03/04/26 18:00 ID:YuVV1scW
>522
そんな面もあるのかもシレンネ。解説さんくす。

524 :無責任な名無しさん:03/04/26 20:03 ID:LzqvfdVp
自分の払った税金で、殺人犯罪犯すような香具師に
食わせるメシなんかない。
だから、凶悪犯罪者は死刑賛成。

日本もそのうちアメリカみたいに、刑務所不足、犯罪者早期出所とかなって
ますます犯罪率上がるぞ。。


525 :無責任な名無しさん:03/04/26 22:33 ID:PYX4QhIg

死刑で問題なのは冤罪で刑を執行した場合だ。
現在の科学捜査なら冤罪の確率は低そうだが。

526 :無責任な名無しさん:03/04/27 00:08 ID:09eNuv5b
>525
俺も基本的に「科学的捜査」を推進していくべきだと思う。
しかし、問題はその「科学的」の名の下に問答無用のまちがいが引き起こされる
点だな。俺やその辺の裁判官等「科学的」って言葉には弱いからな。

例えばDNA鑑定で毛髪を用いる場合、以前の形状・色から同定するよりかは、
遥かに精度が高い。しかし、例えば、ある福岡の事件(強姦殺人)で毛髪のD
NA鑑定の結果、遺留品の頭髪と被告の頭髪は等しいという鑑定結果が出た、
その後弁護側が遺留品の状態を確認したところ10cm以上の直毛だった。こ
れは被告が事件以前からパンチパーマかつ短髪だったことと矛盾するとして控
訴審で無罪。なんつう事件も有った。弁護士の技量で決するような、かつ検体
のすり替えもあるような事件もあるのが現状。先日も民事だが監察医が解剖し
たとされる被害者の心臓の組織が別人のものだったなんつう事件もあったなあ
(横浜)。

527 :訂正:03/04/27 00:10 ID:09eNuv5b
>526
>遺留品の頭髪と被告の頭髪は等しいという

事件現場で残された加害者のものと思われる頭髪と被告の頭髪は等しいと

528 :無責任な名無しさん:03/04/27 03:06 ID:TzS5UXpp
>>526
鑑識が警察組織の一部であることを考えると証拠捏造もありえなくはないな。

529 :無責任な名無しさん:03/04/27 13:01 ID:ZCuI1miH
死刑 大賛成。人、一人殺せば、内容によっては、死刑にすべき。日本の法律は、いつ改善されるのか、少年犯罪も、そう。幼児じゃあるまいし、良い、悪いの分別だってわかるんだから、少年犯罪にも凶悪な場合は、死刑導入するべきだ。

530 :動画直リン:03/04/27 13:05 ID:GbxZ25ZS
http://homepage.mac.com/hitomi18/

531 :無責任な名無しさん:03/04/27 13:25 ID:wRp35gz4
自分の家族が殺されてそれでも死刑反対とユウなら
仕方がない
けど自分は安全なところいて死刑反対なんてユウやつ
殺してやりたい

532 :無責任な名無しさん:03/04/27 13:36 ID:w9ki0tiS
これは安いアダルトDVD700円〜!!
http://www.net-de-dvd.com/
送料全国一律600円!!
http://www.net-de-dvd.com/
代金後払い!!
http://www.net-de-dvd.com/


533 :無責任な名無しさん:03/05/01 16:46 ID:8zR5psvt
>>531
当事者に同情するのは悪い事では無いが、
過剰に共感するのはマズイ。
第三者は第三者にしかできない事、つまり
「冷静な判断を下す事」を心がけるべき。


534 :---:03/05/01 20:52 ID:CE5JhlSn
http://www8.plala.or.jp/yamashita/




535 :無責任な名無しさん:03/05/01 21:19 ID:NX6Nfa3+

世の中には処理した方がいい人間がいるのも事実。
死姦するような香具師は倫理矯正不可能。

536 :無責任な名無しさん:03/05/01 21:39 ID:8zR5psvt
>>535
別に死姦趣味だろうが何だろうが、そういう嗜好の持ち主を
矯正する必要も処理(=殺害な)する必要も無い。
そいつが死体を犯したりそのために人を殺したりしないように
すれば良いだけ。


537 :無責任な名無しさん:03/05/06 20:45 ID:Q5zVoRZX
死刑に犯罪抑止力がないという意見に対しては、絞首刑ならば、あまり、
抑止力は無いかもしれませんが、例えば、強姦は絞首刑、強姦殺人は
磔(はりつけ)あるいは、被害者遺族によるノコギリ引きによる斬首
1人殺せば絞首刑、2人殺せば石打による死刑、3人殺せば鞭打ち後、
全身の皮を生きたまま剥ぐことによる死刑、4人殺せば釜茹でによる
死刑、もしくは、とろ火で炙り殺しなど、苦痛を伴う死刑を、しかも
公開で行なえば、充分に抑止力を持つことできます。

538 :無責任な名無しさん:03/05/06 21:04 ID:exyNJ+vK
>>537
残虐刑に当たるのでそれらは論外。

539 :無責任な名無しさん:03/05/06 21:18 ID:Q5zVoRZX
>>537
残虐な刑罰を禁止している憲法を改正すべきです。
残虐刑の復活を希望

540 :無責任な名無しさん:03/05/06 22:33 ID:TBUdZ3CK
>>539
犯罪防止の方法として残虐刑を唱えるなら、少しは他の方法を省みてからね。

541 :無責任な名無しさん:03/05/06 22:39 ID:MsXjeGbO
>>540
 けど、少年犯とかで「俺は人殺したって刑務所行きになんねえさ」
みたいな話聞くと、せめて片手片足でも切り落としてしまいたくなっ
てしまう。

542 :無責任な名無しさん:03/05/06 22:42 ID:TBUdZ3CK
>>541
感情でものを語っちゃだめだよ。

543 :無責任な名無しさん:03/05/06 23:16 ID:VPo/HCIU
>>542
しかし、現実問題としてこんな言葉を吐く少年がいるから困ったものだ。

って被害者になったらこんな悠長なことは言っていないだろうが。

544 :無責任な名無しさん:03/05/07 02:47 ID:GYteeGHH
6日(火)18時頃、福岡県筑紫野市内の大型ショッピングセンター「ゆめタ○ン筑紫野」食品館において
人間様に対し「おまえは軽犯罪法違反だ!」などと意味不明の言葉を怒鳴り散らす新種の生物(人間でいうならおっさん。この生物こそ刑法(威力業務妨害罪)違反)が発見された。
このような生物を社会に野放しにしておくのはいかがなものか?
佐賀バスジャック事件などを見ればおわかりいただけるだろう。なんとかに刃物。
野良犬同様保健所に通告して処理してもらいましょう

545 :無責任な名無しさん:03/05/07 05:19 ID:xHHFcVdV
死刑の抑止力が、完璧に否定されない限り
選択肢の一つとして放棄すべきではない。

ただしその運用は、完璧を目指すべきだ。

546 :無責任な名無しさん:03/05/07 12:09 ID:g5G2L8Ac
>ただしその運用は、完璧を目指すべきだ。

不可能かと


547 :無責任な名無しさん:03/05/07 14:50 ID:u0eojcpF
>>545
違うね。
人間の命を奪うんだから、よっぽどずば抜けた効果が見込めて、しかもそれと同等な犯罪抑止効果を持ったほかの方策がないことが完璧に肯定されない限り、死刑は選択肢から優先的に除外されるべきだ。
ずべての犯罪抑止の方法の集合に占める死刑の割合は1を犯罪抑止の方法の総数で割った数に過ぎないのに、あなたはどうして優先的に死刑を採用しようとするの?

548 :無責任な名無しさん:03/05/07 15:10 ID:eH11WpwS

死刑囚の生首を渋谷駅前に腐るまで晒したほうがいい。
抑止力はかなりあるだろう。

549 :無責任な名無しさん:03/05/07 15:26 ID:0kBboH+j
>>547
人間の命を奪うんだから、よっぽどずば抜けた効果が見込めて、しかもそれと同等な犯罪抑止効果を持ったほかの方策がないことが完璧に肯定されない限り、死刑は選択肢から優先的に除外されるべきだ。

人間の自由/財産を奪うんだから、よっぽどずば抜けた効果が見込めて、しかもそれと同等な犯罪抑止効果を持ったほかの方策がないことが完璧に肯定されない限り、自由刑/財産刑は選択肢から優先的に除外されるべきだ。

違いは?

550 :無責任な名無しさん:03/05/07 19:15 ID:dvbIOnaW
>>549
わざわざ指摘する必要があるほど僅かな違いかな?

551 :無責任な名無しさん:03/05/07 19:17 ID:dvbIOnaW
>>548
「だろう」じゃだめさ。

552 :無責任な名無しさん:03/05/07 20:08 ID:0kBboH+j
>>550
自由刑や財産刑にも上記死刑の場合と同様の厳格な条件を課すの?
課すとしたら、自由刑や財産刑には顕著な効果が認められ、他の選びうる手段がないこと
が完璧に証明されているの? 完璧な証明されているならそれを提示してくれ。
課さないとしたら、死刑と他の刑罰とを区別する合理的理由は? 言い換えれば、効果が
顕著でなく、他の選びうる手段があっても死刑以外の刑罰は課すことができるのはなぜ?

553 :無責任な名無しさん:03/05/07 21:22 ID:exF9uMGJ
>>552
死刑の是非が昔から長いあいだ議論され続けているのに対して、自由刑なり財産刑なりがほぼ議論もなく認められている理由を考えるといいよ。





554 :__:03/05/07 21:24 ID:gFVyZVU7
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku07.html
http://muryou.gasuki.com/zenkaku/index.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku10.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku01.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku03.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku09.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku06.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/zenkaku/index.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku05.html

555 :無責任な名無しさん:03/05/08 02:32 ID:FijD4a7T
>>553
問いに正面から答えるのを避けているみたいだけど、分かっているが答えないのか、分から
ないから逃げているのかどちらだろうね。以前の君のレスをみると後者だろうが。
お勉強してこいと言われたのに、結局学んだのは547後段みたいに小難しい言い回しを使っ
て賢そうにみせる今更なテクニックと、思わせぶりな回答で質問をはぐらかすことだけかw

ほぼ議論もなく認められている??? ふーんw
議論のない点は問題がないって論法も凄いね。「時代の潮流」説に並ぶ大ヒットだ。

とりあえず552はいまだ君からの回答を募集中にしておこう。

556 :無責任な名無しさん:03/05/08 11:23 ID:/iR4zzg6
>>555
>問いに正面から答えるのを避けているみたいだけど、分かっているが答えないのか、分から
>ないから逃げているのかどちらだろうね。
答えはわかってるけどうまい言い回しが見つからないのさ。変に曲解されるといやだからね。

>お勉強してこいと言われたのに、結局学んだのは547後段みたいに小難しい言い回しを使っ
>て賢そうにみせる今更なテクニックと、思わせぶりな回答で質問をはぐらかすことだけかw
あの程度で難しいだって?ばかw
あなたが誰か知らないけどね、ここは「まじめに」議論するスレなんだから野蛮な煽り行為をするような人は議論から出て行ってよ。
勉強はしてるさ。あと少ししたら死刑廃止論が説得力のないことがこのスレで証明されるでしょう。

>ほぼ議論もなく認められている??? ふーんw
>議論のない点は問題がないって論法も凄いね。「時代の潮流」説に並ぶ大ヒットだ。
そう?
まあいいさ、ようは死刑に適用される条件を自由刑ほかに適用することができないならその条件は死刑にも適用されるべきではない、ということが必ずしも肯定されないことを示せばいいんだから。
明らかに簡単に証明されそうなのになぁ…

>とりあえず552はいまだ君からの回答を募集中にしておこう。
いいでしょう。今日中には回答を出すよ。わからず屋めが。

557 :もろうさぎ:03/05/08 11:28 ID:HfnlRE3w
              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ  
         l   , .-. 、`´    l
         ヽ  ヽ ̄フ     / やっぱもろ〜〜〜!
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  ) http://www.dvd01.hamstar.jp
      (( ( n ([N],ハ_う
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ



558 :質問です:03/05/08 11:54 ID:UieuyjBn
以下の内容は客観的におかしいですか?(N議論の死刑スレの書き込みです)
-------------------------------

ちなみに、ログから読み取れる廃止派の主張は
1.生命に対する法的評価から、生命制約(死刑)を正当化する根拠が必要となる
2.死刑が正当化される根拠として、特別な抑止力の存在が証明される必要がある
3.死刑の特別な抑止力は証明されていないので、死刑は正当化されない

ちなみにこれは、以前よくコピペされていた、
判例百選の押久保倫夫氏(東亜大学専任講師)による解説と同じ。

>とりわけ人権主体の存在にかかわる生命に対する権利の制限であれば
>反論の余地のない程合理的で明確な根拠が要求されよう。即ち、死刑の
>存置を主張する側に、それが必要不可欠であることを厳格に立証する責任が
>存在するのである。そうすると、死刑の威嚇力による一般予防の現実的効果が
>証明されていない以上、死刑は違憲であるということになる。

しかし、これは廃止論の主流の考え方ではない。
ここにいう「反論の余地がない程合理的」「必要不可欠」が、どのようなものか
その基準が不明確であるという指摘は、何度も繰り返されているが、さらに、
それがなぜ、「死刑の威嚇力による一般予防の現実的効果の証明」ということに
なるのか、その理由も不明である。

つまり、論理ということでいえば、1→2が飛んでる。
仮に、刑罰の存在意義の中心を一般予防に求めるという考えを前提にするならば、
理解はできるが、その前提自体に異論があろう。

これとは別に、ここでは冤罪を根拠とする廃止の主張もある。
ログからは詳細まではわからないが、
アプローチとしては、こちらの方が学説の主流見解に近いだろう。


559 :質問です:03/05/08 11:55 ID:UieuyjBn
>>558に対して以下のようなレスがありました。
-------------------------------

>しかし、これは廃止論の主流の考え方ではない。
>アプローチとしては、こちらの方が学説の主流見解に近いだろう。
強烈だね。
何を根拠に言っているかは知りたいものだね。


560 :無責任な名無しさん:03/05/08 13:32 ID:saICH8ge
>>558
これは
>>とりわけ人権主体の〜〜

>しかし、これは廃止論の主流の〜〜
で批判したものと考えていいかな。
>>とりわけ人権主体の〜〜
で語られていることを要約すればこんな感じになるはずだ。
つまり、1.死刑存置には「反論の余地のない程合理的で明確な根拠」が必要2.死刑の予防効果が証明されていない3.なので死刑は廃止。
それでこれに、
>しかし、これは廃止論の主流の〜〜
が「反論の余地のない程合理的で明確な根拠」という言い回しが曖昧である上にそれがなぜ予防効果を意味するのかが示されていないことを指摘して、その理由として挙げられるであろう命題は一般的に認められてはいないと反論したわけだ。

これはおかしくないでしょう。
曖昧性の点はいいとしても、
>>とりわけ人権主体の〜〜
は、確かに一般的に認められているわけではない命題を前提においているところにに欠点があることは明らかだからね。
>>とりわけ人権主体の〜〜
は「刑罰の存在意義の中心」が予防にあることを証明しなくてはいけない。

561 :質問です:03/05/08 19:50 ID:UieuyjBn
>>560
ありがとうございます。

死刑廃止論に関する学説の状況についての話はどうでしょうか?
>>558で批判されている主張は学説では主流の見解ではなく、
冤罪を根拠とする説が主流ということでいいのですか?

562 :無責任な名無しさん:03/05/08 20:48 ID:XbCi1M6s
あんまり”死刑廃止”をネタにして、オダを上げるのは、好きじゃないんだけど、
結構マジレス的な内容もあるので、ちょっと飛び入り。
論点@  死刑は、憲法に言う”残虐な刑罰(同36条)”にあたるか?
   判例  絞首刑は残虐な刑罰にはあたらない。(火あぶりや磔と比較して)
   学説A  あたる。なぜなら、収監中常に”死”の恐怖にさらされた”生”を
       強要するから。
   学説B  あたる。なぜなら、”生命を奪う”ということ自体が十分残虐だから。
論点A  死刑制度に、合理的な”凶悪犯罪抑守力”が存するか?
   米国例 存しない。(と、評価)
   欧州例 存しない。(と、評価)
   他国例 存する場合もある。(と、評価)
論点B  旧派、新派の対立から見ての見解、如何?(但し、ステロタイプ)
   旧派−応報刑=目には目を。歯には歯を。→死刑肯定可。
   新派−目的刑=極悪犯は、社会から永久に隔離→死刑肯定。
論点C  刑事政策的見地からの考察
   (1)行政経済からのアプローチ(終身刑のコスト)
   (2)犯罪抑止力からのアプローチ
論点E  憲法規範からのアプローチ
   (1)刑法における謙抑性の評価
   (2)人権保障の重要性(生存権?)
   (3)憲法第31条の文理(反対解釈の是非)からのアプローチ
論点F  被害者(あるいは遺族)の応報感情からのアプローチ
論点G  "誤審の可能性”からのアプローチ
   (1)誤審の可能性は、抹消できない。
   (2)”十人の犯罪者を取り逃がすとも、一人の冤罪者を生み出すなかれ”
     の原則
結論   犯罪者に科刑するにあたり、"死刑"しかとりえない場合は、観念できない。
     より人権に配慮した、変わるべき科刑が、常に存する。(終身刑も含む)
     よって、死刑制度は、違憲且つ不法であり、廃止されるべきである。


   

563 :無責任な名無しさん:03/05/08 22:37 ID:Pc+UdJ5P
ここでアンケート
日本の裁判官についてのあなたの印象を
以下の選択肢から選ぶとすれば?

1とても信用できる

2やや信用できる

3あまり信用できない

4全く信用できない

死刑肯定派か廃止派かどうかも合わせてお答え下さい。
よろしくお願いします。

564 :無責任な名無しさん:03/05/08 22:44 ID:4cb+RtcT
>>563

4に近い3だな...
古川判事の件で結局はあの人達も法倫理より同業者防衛を優先させた事を露呈したから。

565 :564:03/05/08 22:46 ID:4cb+RtcT
おっと忘れた・・・死刑肯定派です。

566 :無責任な名無しさん:03/05/08 22:48 ID:Pc+UdJ5P
>>564
死刑肯定派か廃止派かどうかもお答え下さい。
よろしく。

567 :やや廃止派:03/05/08 22:55 ID:mJ4Efx8c
2 やや信用できる

極端な例で全体を評価できない。
なお、2chでは「警察、裁判官、検察官、弁護士」の評価が低い
にもかかわらず「死刑は存置」が多い。少し笑える。

568 :無責任な名無しさん:03/05/08 23:01 ID:yYVaUGGM
1 とても信用できる。
法的観点から非常に精緻な裁判を(基本的に)する。
結論がおかしいと感じるのは法自体に問題がある場合が多いのでは。

死刑は肯定派でございます。

569 :行政書士候補生:03/05/08 23:12 ID:V1Xf9mdA
死刑肯定派
2−3の中間です。
痴漢冤罪事件のあの分裂した判決を見ると…

570 :やや廃止派:03/05/08 23:26 ID:mJ4Efx8c
http://www.deathpenaltyinfo.org/index.html
死刑情報センター(アメリカ)

Innocence and the Death Penalty

Since 1973, 107 people in 25 states have been released from
death row with evidence of their innocence. (Latest release,
Rudolph Holton, January 24, 2003)

アメリカの場合、殺人事件も多いが(日本の20倍位)、それゆえ
死刑冤罪も段違いに多い。


571 :やや廃止派:03/05/08 23:39 ID:mJ4Efx8c
>569
刑事と民事じゃ結論わかれても当然だと思うよ。
後者は弁論主義(自己責任)なわけであるし。

572 :564:03/05/08 23:42 ID:4cb+RtcT
>>570
犯人に間違われて射殺って事例もあるしね...

573 :無責任な名無しさん:03/05/08 23:46 ID:yYVaUGGM
冤罪があるから死刑廃止というのは違うと思うねえ。


574 :やや廃止派:03/05/08 23:56 ID:mJ4Efx8c
>573
日本じゃ冤罪事件が比較的少ない(表面的)から、冤罪がメインになら
ない印象があるかもしれんね。
しかし、それも比較的まともな官警のおかげで、諸外国では冤罪問題が
メインだよ。無謬な刑事システムは不可能だとわかっているんだろう。

日本でも個別に見れば、やれ証拠の検体のすり替えだの、警官の偽証だ
のあるが、総じて言えば彼らを信じたい。おねがい夢を見させてって感じ。

575 :無責任な名無しさん:03/05/09 00:00 ID:K2sXmh8w
>>574
冤罪がどうのってのは死刑だけじゃなくて刑罰そのものの当否の話かな
という気がします。

576 :やや廃止派:03/05/09 00:14 ID:2EgAPbmg
>575
その辺は「人生観」によるんでしょうね。死刑(生命刑)を他の刑罰
とは異質のものとかんがえるか、同一線上で考えるかの。
故植松正(ダンディ刑法学者)はあなたと同じ意見だったね。

577 :575:03/05/09 00:22 ID:K2sXmh8w
>>576
まあそうでしょうね、人生観って言っちゃうともう議論の対象になりませんが。
自由刑だろうと生命刑だろうと元に戻すことはできない
程度の差だと私は考えてるけど
生命刑と自由刑はまったく異質のものだという考えは当然あるでしょう。

思想的には死刑には賛成なんだけど
憲法から見ると残虐な刑罰に当たらなくもないような気がするんで
難しいところです。

578 :無責任な名無しさん:03/05/09 05:30 ID:gcPv5k0i
>>563
1と2の中間。信用できる。
裁判内容はまともでしょう。2chでは批判が多いけど、的外れなことがほとんど。

死刑は法を学ぶ者としては廃止、一般人としては賛成。
自分が被害者側に立ったときのことを考えるとね。

冤罪に関する論点には>>575に同意。
異質として区別すると死刑以外の刑罰において冤罪を容認しかねないと思うから。


579 :無責任な名無しさん:03/05/09 07:19 ID:mHPb/oIV
>>562
>犯罪者に科刑するにあたり、"死刑"しかとりえない場合は、観念できない。

応報刑的観点からの「死刑がやむを得ない」と
目的刑的観点からの「死刑がやむを得ない」は同じではないと思う。

応報という観点で刑罰を考えた場合は、罪に対する罰の重さを
どのように決めるのかという問題にからんでくるのではなかろうか。
そこで目的刑としての意義を考慮するにしても、
必ずしも、"死刑"しかとりえない場合は観念できない、ということには
ならないと思う。

580 :無責任な名無しさん:03/05/09 09:53 ID:Pyupatrv
>>267で憲法解釈上終身刑規定は死刑制度を駆逐するってあるんだけど、
死刑制度と終身刑の並存っていうのはありえないの?
国民への感情的な配慮、犯罪抑止的な観点、
何より司法への関心もあがるし、かつ監視の強化にもならないかな。
素人意見ですが。
少なくとも日本国内における具体的な法律で死刑と終身刑を対立させることは
後の存廃議論の活性化にもなると思うんだけど。

581 :無責任な名無しさん:03/05/18 01:49 ID:CanJCP7L
無辜の市民にとっては死刑制度より遥かに危険な制度である
仮釈放制度についてご意見をお聞かせ下さい。
特に冤罪死刑で死刑に反対されている方々。

582 :無責任な名無しさん:03/05/18 08:49 ID:cYr/CYmf
>遥かに危険な制度である仮釈放制度

遥かに危険であることの数字を示して欲しい。

583 :無責任な名無しさん:03/05/18 09:46 ID:mLRkm/vl
>>582
死刑判決後再審無罪の人数<無期懲役で仮釈放中の者による殺人被害者数
ということかな。

584 :無責任な名無しさん:03/05/18 18:55 ID:CanJCP7L
>>582
質問一の(8)
無期懲役の受刑者が仮出獄中、強盗殺人や殺人事件を起こし、
再び有罪判決を受けたケースは戦後何件あるか。それぞれについて、
仮出獄までの服役期間、仮出獄中の事件の判決内容と検察官上訴、
確定の有無を明らかにされたい。

回答一の(8)について
仮出獄を許された無期懲役受刑者のうち、仮出獄中の平成二年から
平成十一年までの間に強盗殺人事件又は殺人事件を起こしたとして
有罪判決を受けた者は四名である。
これらの者の仮出獄までの服役期間、判決結果、検察官上訴の有無
及び判決確定の有無は、別表三のとおりである。
なお、平成元年以前の事例については、十分な資料がないため、お答えすることは困難である。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b149019.htm


これはあくまで平成二年から平成十一年まで無期懲役受刑者の殺人再犯。
殺人でも有期刑受刑者の殺人再犯はカウントされてない。
戦後からとなるとかなりの数になると推測できる。

そして戦後の冤罪死刑執行数はゼロ。疑惑が1件(藤本事件)。

おのずとどちらの制度が市民にとって危険な制度か分かると思うが・・

585 :無責任な名無しさん:03/05/18 18:59 ID:CanJCP7L
>>584を一部訂正。

× 殺人でも有期刑受刑者の殺人再犯はカウントされてない。
○ 殺人でも有期刑受刑者の仮釈放中の殺人再犯はカウントされてない。

586 :無責任な名無しさん:03/05/18 19:05 ID:CanJCP7L
>>583
>死刑判決後再審無罪の人数<無期懲役で仮釈放中の者による殺人被害者数

片方の被害者は生きているが、もう片方の被害者は既に死んでいるので
この比較には同意しかねる。


587 :名無し草さん:03/05/18 19:08 ID:L+7Bmn3H
http://www.topworld.ne.jp/tw/mktjapan/AD/a2335/

詳しくは↑


588 :無責任な名無しさん:03/05/18 20:47 ID:mLRkm/vl
>>586
確かに。左辺を「死刑執行後再審無罪の人数」に更正する。

589 :無責任な名無しさん:03/05/18 20:52 ID:ksSSXNBB
20代OLです毎日上司のセクハラや通勤電車での痴漢でストレスがたまっていた
そのときにネットで見つけたアダルトDVDショップ以前からオナニー用にDVD
が欲しかったのですぐ注文しました、とても安くてびっくりしましたが次の日には
もう届きました私が買ったのは、オナニー、レズ、レイプです毎日オナニーしてま
す。
http://www.net-de-dvd.com/


590 :無責任な名無しさん:03/05/18 22:21 ID:cYr/CYmf
>581
行刑にも知識がある人だよねえ?ならば、その辺の「まともな人」が
何年か入るのと違い、該当する連中が何十年かのお勤めをして出てき
た場合の就労能力のなさも知っているわけだ。
該当する連中の場合、身元引受人もほとんどなく(就職不可)親族と
も縁を切られているようなのがほとんどだとも知っている、と。
もともと意思が弱い(だからこそ塀の中へ)連中が、就職もできずほ
っぽりだされた場合、なにをして食っていくんだろうねえ?



591 :無責任な名無しさん:03/05/18 22:24 ID:oz9N6mwP
>>590
そんなことより処女保護法案作ってくれ
それと非処女強制収容所観察法

592 :無責任な名無しさん:03/05/18 22:25 ID:mLRkm/vl
>>590
更生保護会が何もしていないと?
意志が弱いのは本人の責任だろ。
ましてや、窃盗や詐欺(無銭飲食)ならともかく、傷害や殺人、放火に走る理由は全くなかろう。

593 :無責任な名無しさん:03/05/18 23:02 ID:cYr/CYmf
>592
>意志が弱いのは本人の責任だろ。
あのねえ、道徳の話をしてんじゃないんだから、悪いのは犯罪行為者に
きまっとろうが。
いかに犯罪を減らすか、の観点からでなきゃ、わざわざ「法律相談板」
で話をする意味がなかろうが。

保護司の方がたなど頭の下がる活動をしていらっしゃるが、このご時世
では「就職の世話」までは無理だろうな。また、規則・刑務官に従うだ
けの生活を何十年かつづけた連中に、自制力・生活力を求めるのは楽観
的にすぎる。

再犯を防ぐ為にも、刑務所内での「個人的な時間」やら、刑務作業中の
自己裁量、自己責任を育てる余地を広げたほうがいい。
ある程度の軍隊式も刑務所の性格上やむをえないが、今のままじゃ、ただ
の生活無能力者を生産しているだけだ。

>傷害や殺人、放火に走る理由は全くなかろう。
われわれが形而上的に考える罪刑の差異は、彼らにはあまり意味をもたんだ
ろう。


594 :593追加:03/05/18 23:09 ID:cYr/CYmf
>592

一般常識人の結論が「悪い奴の自己責任」となるのは当然なんで、
ここで繰り返しても仕方がないと思う。

くそ餓鬼は罰を加えればいい、という「ある意味」まともな意見に
反して、少年院での手厚い教育が効果あり(再犯20%くらいだっ
け?忘れた)、との認識が行刑関係者に共有されているように。

595 :無責任な名無しさん:03/05/19 00:11 ID:HlgbH7cq
>>593
だからこそ社会から隔離しておけ、ということにならんのか?

596 :無責任な名無しさん:03/05/19 01:09 ID:IFDaAVU8
>595
犯罪者はすべて隔離。そして人がいなくなった、とw



597 :無責任な名無しさん:03/05/19 01:36 ID:HlgbH7cq
>>596
あほか。程度ってもんを考えろ。
だいたい前科ついてない奴の方が圧倒的に多いわけだし(w

598 :無責任な名無しさん:03/05/19 02:04 ID:IFDaAVU8
道交法違反も立派な犯罪だよ。反則金納付を条件に起訴されないだけで。

まあ、殺人等の自然犯をさしている話なんだろうが、どうも厳罰を叫ぶ
だけの連中は「人間理解が浅い」と思うがね。自分自身の10代のころ
の心の不安定さだのを振りかえれば、到底「俺だけは絶対犯罪をやらな
い」なんぞいえないし、凶悪犯罪を犯すような連中でも、多面的な心を
持っている点に心が及ばない。

などと言ってみるw

599 :無責任な名無しさん:03/05/20 00:34 ID:HhkJn3WU
なんか死刑と全然関係ない話になってるな

600 :無責任な名無しさん:03/05/21 13:29 ID:r+Inl8U3
仮釈は死刑の代替で終身刑の時に関係はあるんだがな..

601 :無責任な名無しさん:03/05/21 17:12 ID:r+Inl8U3
2女性殺害…仮釈放中の殺人に死刑判決
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_05/2t2003052127.html

602 :山崎渉:03/05/21 21:24 ID:Rhmn0OSj
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

603 :山崎渉:03/05/28 14:26 ID:txwuG5cS
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

604 :氏名黙秘:03/06/08 15:30 ID:LXEN9zut
>>598
あなたの様に、子供の頃に犯罪を犯しても
罰せられなかった経験をした人間は、
一体どんな人間に成長するんでしょうかね?

私が一番問題だと思ったのは、犯罪を犯したことよりも、
その責任を自分が取らねばならないとは全く思わず、
あくまで社会や他人のせいにする態度です。


605 :無責任な名無しさん:03/06/08 18:23 ID:kSc44qLv
例の菊田教授は死刑を廃止した後は
終身刑も廃止の方向で、
つまり全ての刑に仮釈放を認める方向で。
というようなことを言っていたな。

606 :無責任な名無しさん:03/06/08 20:15 ID:Husrb8gB
死刑のリスクは過大評価、仮釈放のリスクは過小評価か・・・・
なんで法学バカがこんな感覚になるのか誰か説明願う

607 :無責任な名無しさん:03/06/10 11:12 ID:cYjrHfG0
> なんで法学バカがこんな感覚になるのか誰か説明願う

「法律の窓」からしか社会を覗かない人間にとっては、

非常識な判決の方が 斬新で興味深く感じるからでしょう。


608 :無責任な名無しさん:03/06/10 11:30 ID:OlSBGixi
この板に初めて来たけど
俺は死刑制度はない方が良いと思う
だって死んだらおしまいだもんな、タブーなんだと思うけど
裁判官も人殺し・・だって意味ねぇ〜じゃん
人を殺した人をまた人が殺すんだから、刑務所で一生暮らしさせるのが良いと思う
悪い事をやったらそうなるんだと

そりゃ残された遺族の為にもってあるかも知れないが、
死刑なんて誰が聞いても後味悪いと思うがな

例えば性犯罪者は性器を切るとかさ、もっと恐怖を与えるようなものでないと
犯罪はなくならないだろうし、死刑は極端でさ
「俺死んでも良いから」って開き直って犯罪する奴もいるしね

低レベルな意見ですまん

609 :無責任な名無しさん:03/06/10 12:28 ID:c1udde+t
★主犯少年に実刑判決/少年集団暴行致死で那覇地裁沖縄支部

・昨年11月、沖縄市の路上で特別養護老人施設アルバイトの森屋雄一さん=当時(19)=
 を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた元石油配達員のA被告(17)と、
 元高校生のB被告(17)の判決公判が9日、那覇地裁沖縄支部で開かれた。飯田恭示
 裁判長は主犯格のAに懲役3年6月以上5年以下の実刑を言い渡し、Bは保護処分が
 相当と判断して家庭裁判所への移送を決定した。

★「刑軽すぎる」/傍聴の遺族声震わせ
・「殺してやる、必ず。ちくしょう」。少年集団暴行致死事件の判決で、主文の言い渡し後、
 森屋さんの父・初雄さん(54)は、主犯格の少年・A被告に言い放った。犯行事実を
 読み上げる飯田恭示裁判長の朗読が一瞬止まり、重苦しい雰囲気の法廷内が、さらに
 緊張した空気に包まれた。 (一部略)
 http://www.ryukyushimpo.co.jp/news01/2003/2003_06/030610a.html

★残忍犯行に怒り新た/少年暴行死判決遺族ら無念さにじむ
・「最初にA少年が殴り始め、B少年、別の少年少女二人も犯行に加わった」「四人は
 『ごめんなさい』と哀願する被害者に二時間にわたり暴行を続けた」「途中、コンビニで
 飲み物を買い、殴り疲れると木の枝で暴行を続けた」「被害者の全身に皮下出血があり、
 内臓も損傷していた」「B少年と別の少年は遺体を隠す相談をした」(一部略)
 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200306101300.html#no_2

※関連スレ
・【社会】19歳暴行死事件、"リーダー格が20年間毎月3万円支払い"で和解
 http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1055148477/

610 :無責任な名無しさん:03/06/10 18:46 ID:2qEaLG3K
609 のように、今やリンチ殺人なんて立ちションベン並みの
ありふれた軽犯罪なのに、それに何とも思わない人間が
何で死刑だけは そんなに怖いんだか?

611 :無責任な名無しさん:03/06/12 09:13 ID:HGPD9Y1u
さいたまで またあったね、リンチ殺人。

http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200306/10/20030610k0000e040060000c.html


612 :無責任な名無しさん:03/06/14 22:01 ID:/eQHHNGG
死刑は廃止すべきだと思います。
人が人を殺すことを駄目だとするなら、死刑もまた人殺し。

613 :無責任な名無しさん:03/06/14 23:05 ID:de5m70+x
むごい殺し方してる奴は、加害者と同じ目にあわせて そして、死刑にするべき。

614 :無責任な名無しさん:03/06/16 00:57 ID:2LkuNwLy
刑務所内の不審死二百数十人。

死刑判決を受けて死刑を執行される者より、私刑で殺される者のほうが多い
国で死刑を廃止しても何の意味ももたん。

615 :無責任な名無しさん:03/06/16 11:24 ID:MjDgNrVL
ttp://www.paw.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/nren/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=1237;id=
過剰反応逆ギレ厨。


616 :無責任な名無しさん:03/06/16 16:47 ID:2LkuNwLy
夜、布団に入って15分くらいしてウトウトしたところを見計らって、思いっきり
ゴトン、ガタン、ドンドンと騒音を立てる。朝は朝で、早朝、まだ寝ているとこ
ろをドタドタ、ドンドンと嫌がらせの音を立てられる。

あるときは早朝、まだ寝ているときに、川越警察署の警官がやってきて、アパート
のドアを思いっきり、ドンドン叩いて人を叩き起こす。

いつも、部屋の中を盗聴・盗撮していて、こちらの動きに合わせて、音を立てら
れる。

また、深夜12時過ぎに「アンケートだ」などと言って、人が寝ているところを叩き
起こす。

こういった手口でやられると、一日中、頭痛がし吐き気がし、気分がいら
だち、めまいがする。

だが、どうしようもなく、逃れるすべは無い。こういったリンチに耐え切れず
自殺を計ると、偽装工作のため、職場の上司だった野口廣を、自分のアパート
に入らせ、「心配している」などと置き手紙をしていく。ところが、氏に切れ
ず、アパートに帰ると、偽装工作に来た男が、川越警察署に電話していた記録
がNTTの通話記録から分かった。

その野口が後で言うには、「氏ぬのを確認してから降ろすんだよ、そういうこと
なんだよ。」とリンチを加えて、自殺に見せかけて殺す意図であることを明ら
かにした。

この様に、実は市井でも、警察署でも刑務所内部でも、リンチで事故や自殺に
見せかけて違法に殺しているのが、実態なのであるから、死刑を廃止するかど
うかなど議論してもまったく意味をなさないのである。

617 :無責任な名無しさん:03/06/18 10:04 ID:MWpNgFie

犯罪者の鉄則として「目撃者は消せ!」というのがある。

藤沢放火殺人の判決は、この鉄則が正しいことを証明しました!

殺人、放火をやっても「目撃者ナシで徹底否認すれば無罪を勝ち取れます!!

死刑になりなくないのなら、この 佐々木慶 氏を見習えばよいのです。


618 :無責任な名無しさん:03/06/18 10:22 ID:b8JmwJiH
みてね♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html

619 :無責任な名無しさん:03/06/19 12:08 ID:9Zs7Fxfo
617 墓毛ぇー。

620 :無責任な名無しさん:03/06/22 11:15 ID:lkZdwSal
>>609
これほどまでに人の命の価値が軽い時代に「死刑は殺人」なんて言ったって、何の感慨も無いよ。


621 :無責任な名無しさん:03/06/22 12:34 ID:t4/kJpN0
戸部警察署容疑者取調べ中射殺事件

http://www.independence.co.jp/police/tobe/index.html

死刑を表向き廃止しても、裏で殺害して自殺や事故として処理するだけのこと。

622 :市川一家四人殺人事件(1992年):03/06/22 13:59 ID:lkZdwSal
 関光彦(19:当時)は、2月に交通事故を起こして負傷させ、介抱する
ふりをして暴行し、現金を奪った女子高生(15)のマンションに忍び込んだ。
住所は生徒手帳に書かれてあったものを控えていた。

忍び込んだ関光彦は、女子高生の祖母(83)を電気コードで縊り殺し、
母(36)の背中を包丁でメッタ突きにした。
帰宅した父(42)も同様に刺し殺し、最後に妹(4)にも包丁で刺殺した。
残った女子高生を血に染まった部屋の中で強姦した。

現金を奪った後、室内から逃げられないように閉じこめた。
このとき、少年は長女に知人の家に電話をかけさせ、金を工面するよう
に要求した。この電話を不審に思った知人が 6日朝、派出所に届け、
警官が部屋に駆けつけたため、少年は逃亡しようとしたところを捕まえた。
同日夜、犯行を自供、逮捕された

623 :市川一家四人殺人事件(1992年):03/06/22 14:00 ID:lkZdwSal
 女子高生は自分の母親を目の前で殺され、その血だまりを拭かされながら
犯されたという。4歳の妹に至っては祖母の死体の横で泣き喚き疲れて
眠った後目を覚まして泣いたところ、後ろから顎をつかんで包丁で
背中から深々と刺し貫いた。その刃は胸から突き抜けたという。

関光彦は他にも、行きずりの女性を強姦したり、路上ですれ違った車の運転手
に傷害を与えたりするなど、91年10月から一家殺害直後に逮捕される
までの約5カ月間に 計14の犯罪を繰り返していた。


624 :無責任な名無しさん:03/06/22 15:43 ID:7gNkHMB5
>市川一家四人殺人事件

この殺人鬼に対して死刑は重過ぎるとか少年法のなんて
妄言を吐く馬鹿はいないのですか?

もしくは、犯行当時少年は心神耗弱状態とか、更正の可能性
うんぬん言う人権屋はいないのですか?

625 :無責任な名無しさん:03/06/22 23:46 ID:t4/kJpN0
死刑確定後再審無罪事件

死刑が確定したあとに再審によって無罪となった冤罪事件に免田事件、
財田川事件、島田事件、松山事件の4件がある。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/muzai.htm

626 :法を厳しくしてくれ。:03/06/23 17:01 ID:tqBfoP4I
なんか、普通に死刑にするのは、なんか腹ただしい。これからの死刑は、しよんべんがたれ流れるほど、恐怖感を味あわせて そして、処刑してほしい。


627 :無責任な名無しさん:03/06/23 18:30 ID:UrwPPnXy
>>625
冤罪者の
死刑確定後再審無罪が許容出来なくて、
終身刑獄中死が許容できる理屈を教えてくれ。


628 :無責任な名無しさん:03/06/23 19:07 ID:XSy0sxxN
冤罪は、死刑制度に関係無く、あってはならない事。

死刑制度が無くなって困るのは、生かしておく間が、税金の無駄使いに
なる事。

629 :無責任な名無しさん:03/06/23 23:27 ID:3M/yEVxS
俺なんかは”気に入らない奴がいても”、こいつの欠点はむかつくが、
100%真っ黒ではないんだろう。また、人によっては違う見方も出来
るだろうし、こいつを大切に思う奴もいるんだろう。俺もたいしたやつ
ではないし・・・などと人間関係を相対化するくせがついてしまってる。

だから廃止派なんだろうね。


630 :無責任な名無しさん:03/06/23 23:31 ID:ZNLS7oDN
>>629
 冤罪と死刑を結びつける発想なんだね。
 こいつは,100%クロではないから,
 死刑はもちろん,終身刑,有期懲役刑,罰金に処するのも
かわいそうだよね。

631 :無責任な名無しさん:03/06/24 00:08 ID:5/K61FY0
うんにゃ、死刑以外は「生きているから」本人の目覚めの可能性は
あるわな。別に犯罪犯したら刑に服するのは自然なこと。

死刑は異質

632 :無責任な名無しさん:03/06/24 00:14 ID:gXjbmSIL
たしかに、法理論的には冤罪可能性も「無いもの」として擬制できる。
しかし、終身刑以下は本人が生きているうちは再審無罪を得る可能性があるが、
死刑はその可能性をも闇に葬ってしまいかねない点で
再審制度が定められた趣旨からしても問題性が多きい。

 政策的考慮として死刑について冤罪可能性を重視することも可能だろう。

633 :無責任な名無しさん:03/06/24 00:22 ID:7aaRV1w2
>>632

>>627は如何?

634 :無責任な名無しさん:03/06/24 00:26 ID:KN8VCMuP
>>632
 ハァ?知ったかは,イヤだねw
>>631
 冤罪と死刑を結びつけているわけではないんだね。
 これはこれで,説得力あるよ。

635 :無責任な名無しさん:03/06/24 01:12 ID:ot7c40wl
裁判員制度は、お手つき3回で絞首台送りにしてはどうだろうか?

636 :無責任な名無しさん:03/06/24 01:37 ID:2NyNehzI
死刑執行されてから実は無罪だったてのは割と多いらしい

637 :強姦マニア同好会メンバーOPEN:03/06/24 01:50 ID:OLiifdu8
強姦軍団スーフリメンバーリスト
■和田真一郎(早稲田大学2文2年)
東京都豊島区高田3-11-14-405 **-3203-3032 ***-9322-3333
■沼崎敏行(早稲田大学3年)横浜市緑区寺山町 ***-4922-5488
■小林潤一郎(早稲田大学4年)新宿区中落合1 ***-1850-0588
■藤村翔(日本大学3年)神奈川県茅ケ崎市今宿 ***-8313-9239
■小林大輔(学習院大学経済1年)横浜市泉区西が岡2 ***-7637-1513
佐藤慎一郎(サヴ)***-4386-6180東洋大学
飛田 祐介***-4247-9174横浜市立大学 辻 純平***-9051-6081東京理科大学
江澤 匡亮***-3043-2811早稲田大学   西井 薫***-4450-0033東洋大学
木村 直人***-3534-1741早稲田大学   細見 圭太郎***-7882-5434大阪府立大学
谷田 詔一***-5880-1668京都大学     足立 浩雅***-9096-3148帝塚山大学
山川 貢太***-9257-1367京都文教大学 川崎 慧 ***-5057-4366早稲田大学
島崎 諒  ***-6118-3415 帝京大学    高山 知幸***-4734-1922東京大学

p64065-adsau12honb2-acca.tokyo.ocn.ne.jp :03/06/24 00:14 ID:baPdJAU0
218-42-229-118.eonet.ne.jp :03/06/24 00:14 ID:edLrKc1y
YahooBB218178176013.bbtec.net :03/06/24 00:17 ID:XeVdPtof
248-35-229-91.adsl.waseda.net.pp :03/06/24 00:37 ID:baPdJAU0
123-netfu.waseda.ac.jp :03/06/24 00:44 ID:wqi15aT0
(スーフリ擁護者晒し)




638 :632:03/06/25 00:11 ID:4iv1UfPG
俺そんなに変なことかいたかなぁ。。
625じゃないけど

>>625
>冤罪者の
>死刑確定後再審無罪が許容出来なくて、
>終身刑獄中死が許容できる理屈を教えてくれ。

再審制度が定められた趣旨から考えてほしい。たとえば
死刑確定後再審無罪・・・再審請求をしているのにそのまま死刑にされるかもしれない
終身刑獄中死・・・少なくとも死亡(国家が意図的に殺害するのではない)までは再審請求できる



639 :無責任な名無しさん:03/06/25 01:06 ID:WbZhC6R8
コピペ

1998年10月に愛媛県宇和島市内で発生した事件について、
窃盗と有印私文書偽造、同行使、及び詐欺罪で松山地裁宇和島支部
に起訴され、1年以上にわたって拘置されていた愛媛県北宇和郡吉田町
の男性(51)が、この度<無実>だったことが判明して釈放されました。
この事件に関しては、高知地裁で現在窃盗罪で公判中の大阪市内の
建設解体業の男(60)が<真犯人>である可能性が高まった
( @この男は連続窃盗の容疑者で手帳に犯行メモを残していた
A農協の窓口で応対した職員の顔写真を複数の写真の中から選んだ )
ためにとられた措置で、愛媛県警宇和島署の<誤認逮捕>であるのは
明らかです。また、一時的ではありますが、同じ事件についての裁判が、
ふたつの裁判所で別々の容疑者に対して行われていたという、
前代未聞の事実も明らかとなりました。

上の事件は窃盗などで死刑判決を受けるようなものではなかったけれども
もし、死刑を執行してしまったあとで、上のように真犯人が現れたらどう
するのか?


640 :無責任な名無しさん:03/06/25 02:21 ID:1Gr1v0Gz
無期懲役でも 社会に出て来る可能性があるのではないでしょうか?
凶悪な犯罪者にはそれなりの刑が必要だと思います。
だいたい日本は刑が軽すぎると思いませんか?
人を殺しても 過失致死だと執行猶予ですか??
特に性犯罪者は犯罪を繰り返しますね。
更正ができない人たちです。
被害者が泣き寝入りをしてしまうケースが多いのが性犯罪です。
刑を重くすれば 再発をある程度 防ぐこと出来ると思いますが どうでしょう?
今問題になっている 早稲田の事件は殺人よりも酷い!
刑法を変えてでも厳しく罰して ニ度と同じような事件が起きないようにすべきではないでしょうか?
 

641 :無責任な名無しさん:03/06/25 08:00 ID:HWEVMpWx
>刑法を変えてでも厳しく罰して ニ度と同じような事件が起きないよう
>にすべきではないでしょうか?

男全部刑務所にいれておけばだいじょうぶっしょ。まじで。

642 :無責任な名無しさん:03/06/25 12:27 ID:WbZhC6R8
松本サリン事件で誤認タイーホされた、河野さんに死刑を執行した後、
オウム真理教が犯人だとわかったらどうするのか?

643 :無責任な名無しさん:03/06/25 23:03 ID:EsJlnPOo
性犯罪者は全員去勢すれば良い。
攻撃性ホルモンである、男性ホルモンが減り、再犯の可能性がかなり減る。

切れ!

644 :無責任な名無しさん:03/06/25 23:44 ID:0IY1CEZh
>>638
>死刑確定後再審無罪・・・再審請求をしているのにそのまま死刑にされるかもしれない

いや、かもしれないではなく執行されずに無罪になったのですが・・・
つまり死刑制度は再審制度が有るにも関わらず判決が出ること自体
許容出来ないと言う事ですか?

645 :無責任な名無しさん:03/06/25 23:46 ID:3rDqC80T
>つまり死刑制度は再審制度が有るにも関わらず判決が出ること自体
>許容出来ないと言う事ですか?

 かなり意味不明。

646 :無責任な名無しさん:03/06/26 08:47 ID:3g48PVIR

「冤罪対策のために死刑は なくすべき」というのは大ウソです。

草加事件では、少年達は冤罪を訴えていますが、裁判所の主張は
「少年法には裁判やり直しの規定はない、すでに保護処分は終了
しているので、保護処分の取消は出来ない」とのこと。

この事件は民事で「少年達は犯人でない」と、されました。
この事件では数多くの物的証拠が残されていますが、少年達と
事件を結び付けるものは何一つありません。 唯一の証拠が、
警察の取り調べで作られた少年たちの「自白」だけであること
は判決も認めるところです。

にもかかわらず、この少年達には再審を受けられないのです。

こんな現状があるのに、それには全く感心を示さず、何とか
しなければ、という意識も無い。死刑廃止論者というのは
そういう連中です。

「冤罪の可能性が…」とか うそぶく奴らは、実は被告のこと
など、どうでもよいのです。

ただ単に「死刑を廃止させたい」という私的な願望を満たすために
「冤罪が…」と理屈にもならぬ理屈を呻いてるだけなのです。


647 :無責任な名無しさん:03/06/26 12:50 ID:r5VuWxLD
>>645
バカはしゃしゃりでてくんな(w

648 :無責任な名無しさん:03/06/27 01:08 ID:BYNMOkJh
松本サリン事件で誤認逮捕された河野さんの講演を聞いたことがあるが、
捜査当局は、一度逮捕すると自らのメンツを保つため、マスコミにしゃ
べってもないことを、さもしゃべったかのように漏らして、犯人に仕立
てあげるんだそうだ。実験中に、誤ってサリンが漏れてしまったとか。
週刊辛調は、河野さんの系図まで掲載し、犯人に仕立て上げるのに大い
に協力した。
 
仮に、オウムが用いたのがサリンでなく青酸化合物だったら、河野さん
は写真現像用に青酸化合物をもっていたので、間違いなく犯人とされ、
死刑となっただろう。

死刑を執行した後、オウムが真犯人だとわかったら、いったい誰が責任
を取るのか?


649 :無責任な名無しさん:03/06/27 03:00 ID:sirBO/DK
>>648
仮に終身刑で冤罪獄中死後に真犯人が分かったら誰が責任とるの?

650 :無責任な名無しさん:03/06/27 03:05 ID:ACH7LhBT
>649
責任転嫁はいけまへん。

651 :無責任な名無しさん:03/06/27 10:30 ID:BYNMOkJh
イギリスでは、サッチャー政権下で重大な冤罪事件が起こり、それ
を契機に警察の取調べ中の様子をすべて、ビデオに録画するように
なった。(オーストラリアでも同様)

日本でも、死刑になるような重大事件で冤罪事件が起こっているの
に、取調べの様子はまったく外部から伺いしれない。戸部警察署の
ように、取調べ中に射殺され、自殺として処理されているありさま
である。

日本の警察の中では違法な拷問・陵虐による取調べがまかり通って
いるので、今後も冤罪や誤審は起こりうる。誤審で死刑を執行して
しまうと取り返しがつかない。

652 :無責任な名無しさん:03/06/27 14:49 ID:ACH7LhBT
やはり存置派の一部(全部ではない)の方には「お上のやることは正しい」
感覚が残ってんのかなあ?



653 :無責任な名無しさん:03/06/27 14:58 ID:dktn+VRX
激&超かわいいイエローキャブのライブチャット登場!!

あなたの命令で若い娘たちがヌレヌレモード&イクイクモード

☆★ アメリカ西海岸発 ☆★ 当然モザイクありません ☆★

あなたの言葉で「若い娘」を・・・ヌードにさせてくださいmase

あなたの指で「イエローキャブ」を・・感じさせてくださいmase

あなたの声で「GAL」を・・・イ・カ・セ・テ・くださいmase

寂しがりやの留学生の若い娘がお待ちしております!
もちろん、オナニー&バイブ好きの娘ばかり・・・・
あなたのチャットをお待ちしております!!
日本人留学生のハレンチな「性」を覗いてみてくださいmase
チャット・セフレをお探しのあなた!今すぐ! Let's Live!!
☆★10分間無料で体験できるほか7日間会費無料でございます
http://www.gals-cafe.com

654 :無責任な名無しさん:03/06/27 16:28 ID:sirBO/DK
>>652
思ってる訳ないじゃん。
だったら何で廃止派は無辜の救済目的で仮釈放制度廃止って言わないんだ?
廃止派こそお上のやることは正しいと思ってるのか?
それとも一般市民とリスクの感覚が乖離してるのか?

655 :無責任な名無しさん:03/06/28 10:51 ID:1zMABGUr
>>651
> 誤審で死刑を執行してしまうと取り返しがつかない。

取り返しはつきますよ。
名誉が回復されるでしょ。
何が問題なの??


656 :無責任な名無しさん:03/06/28 11:30 ID:Dz5o9pH+
>>655

じゃあ、あなたが
「今から死刑を執行するよ。でも誤審だったら、死後名誉回復してあげ
 るからありがたく思ってね。」
って言われたら喜んで死刑になる?

657 :無責任な名無しさん:03/06/28 11:35 ID:1zMABGUr
>>656

進んで刑罰受けたい人なんて いなくて当たり前

死刑を受ける側が どう思うか? なんて、法とは何の関係のない話

その質問に、一体なんの意味があるの??


658 :無責任な名無しさん:03/06/28 13:33 ID:E5RIZluK
>>656
その論理だと、懲役刑でも同じことになると思うが。

失われた青春は帰ってこない。

659 :無責任な名無しさん:03/06/28 14:39 ID:mCar/Skm
>>650
そうそう責任転換はイカンね。
司法の問題を刑罰改正でやろうなんて責任転換だもんな。

660 :伝道師:03/06/28 14:49 ID:NUxL7dKQ
http://life.fam.cx/



661 :誤判と死刑:03/06/28 17:23 ID:meyQmnuY
しかしながら、処刑された人の「生命」そのものは、戻ってこない。
狭山事件などでも、再審請求人「ご本人」が、自ら、全国各地を飛び回っておられるが、
「死刑」冤罪事件では、処刑されてしまえば、それもかなわぬこと。
懲役刑の場合とは、くらべようもないのでは−−−−−−。

662 :無責任な名無しさん:03/06/28 17:24 ID:fb8kNCiI
『 超過激&超かわいいイエローキャブのライブチャット登場 』
  あなたの命令で若い娘たちがヌレヌレモード&イクイクモード
☆★ アメリカ西海岸発 ☆★ 当然モザイクありません ☆★
 あなたの言葉で「若い娘」を・・・ヌードにさせてくださいmase
 あなたの指で「イエローキャブ」を・・感じさせてくださいmase
 あなたの声で「GAL」を・・・イ・カ・セ・テ・くださいmase
 寂しがりやの日本人留学生の若い娘たちがお待ちしております!
☆★もちろん、オナニー&バイブ好きの娘ばかり☆★
 あなたのチャットをお待ちしております!!
 日本人留学生のハレンチな「性」を覗いてみてくださいmase
 チャット・セフレをお探しのあなた!今すぐ! Let's Live!!
☆★10分間無料で体験できるほか7日間会費無料でございます
 http://www.gals-cafe.com

663 :無責任な名無しさん:03/06/28 21:51 ID:vN35PBcl
個人的に三回刑務所に入るくらいのことをしたら死刑で良いとおもう。税金の無駄遣い
刑務所も入れなくなるまえに対策をねって欲しい。あとレイプは懲役が短い気がして
ならない…スーフリの事件も時と共に忘れられていくのである。

664 :無責任な名無しさん:03/06/29 20:10 ID:vHmDK89p
>>661
殺された被害者は一言も裁判で弁明できないのに対し、
容疑者は 取り調べ、三度の裁判でいくらでも好き勝手
言えるのだから、全然フェアな比較ではありませんね。

何一つ主張できない被害者のことは何とも思っていない
のに、なんで これほど恵まれている死刑囚のことが
心配なの??

私には理解できませんね。

665 :無責任な名無しさん:03/06/29 20:33 ID:eK9tM4yf
 >>664
 法的素養の全くない一般人の意識って、こんなものなんだね。

666 :無責任な名無しさん:03/06/29 20:53 ID:M+webW49
>>665
そんな意識の人達が裁判するのが裁判員制度だったりする。

スレ違いすまん。

667 :無責任な名無しさん:03/06/30 16:19 ID:lQgdgiIN
>>663
確かにレイプ犯と殺人犯の量刑は軽すぎると思う。
あれじゃ国がレイプを勧めているような物。
懲役50年とか100年とかの刑を作れば良いのに。

児ポ法なんか強化した日には、本物に手を出した方が捕まりにくいし、量刑も
対して変わらんからペド犯罪に走る奴がさらに増えるんだろうねぇ。嫌な時代だ。

668 :どっちが危険な制度かな?:03/07/01 14:19 ID:+0/6aCJs
養鶏場殺人、仮出獄中犯行の被告に死刑判決…埼玉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030701-00000003-yom-soci

埼玉県熊谷市で1989年4月、養鶏場に住み込みで働く
知的障害者夫婦が住宅に放火され殺傷された事件で、
現住建造物等放火、殺人、同未遂罪に問われた同県
大里町手島、元同養鶏場従業員福島大三被告(78)の
判決が1日、さいたま地裁であった。

 川上拓一裁判長は「人の生命に対する畏敬(いけい)の
念はみじんもうかがえない」として、求刑通り死刑を言い渡した。

 判決によると、福島被告は、夫婦を殺害して保険金を得る
ことを計画した同県熊谷市村岡、養鶏場経営者長井俊一
被告(63)(殺人罪などで一審無期懲役、控訴中)の指示を受け、
89年4月5日夜、同市村岡の同養鶏場内にあった夫婦が住む
プレハブ住宅にガソリンをまいて放火。住宅を全焼させた上、
妻(当時48歳)を焼死させ、夫(67)にやけどを負わせた。
事件後、福島被告は長井被告から自宅建築費用などのほか、
現金300万円を受け取っていた。

 福島被告は捜査段階で「長井被告の指示で夫婦方に放火し、
現金などの報酬をもらった」と自白していたが、公判で弁護側は
<1>福島被告が実行犯だという夫の供述は変遷があり信用できない
<2>自白調書は取調官が一方的に作成したもの――などと一貫して無罪を主張していた。

 福島被告は、別の殺人罪などで懲役20年の刑が確定し、13年余り
の服役後、仮出獄中に今回の犯行に及んだ。

669 :西口:03/07/01 18:42 ID:PLD0i71k
にゃん。

670 :無責任な名無しさん:03/07/01 22:50 ID:+mqfv0Xe
日本の量刑は甘い。
殺人には死刑だ。

671 :無責任な名無しさん:03/07/02 19:14 ID:XIsojeuB
処刑された遺体から臓器を外して海外に売ってしまえばいいかも。
そのお金は被害者への見舞金に当てる。
いかがのものか?

672 :無責任な名無しさん:03/07/02 19:53 ID:cVpAgUk9
武○士の逮捕された中川○博は
徹底的にバカだ。
サリン事件オウムに関係の深い、
趙万吉にも踊らされ、
犯罪者のくせに正義ぶって、「バカ」としか言い様が無い。
所詮、逮捕されておしまい。
いずれ誰からも声も掛けられなくなる。
マスコミ連中などに「正義の告発者」
と気取っいるが、利用されているだけ。
中川を持ち上げ利用しているクレサラ弁護士・共産党!
自分達の主張に利用しているだけで汚い人間だよまったく。
目的を達成する為には何でもありである。
こういう人達は真剣に汚いと思う。


673 :無責任な名無しさん:03/07/02 21:34 ID:GgQraWbH
名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :03/07/02 20:59 ID:8Ds2VGGx
あ〜ん がまん汁が・・・
★★ココをクリックで思わずニンマリの無修正画像★★
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://upbbs.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html


674 :無責任な名無しさん:03/07/03 01:16 ID:Yr0OE8Fu
>>664

>容疑者は 取り調べ、三度の裁判でいくらでも好き勝手
>言えるのだから、全然フェアな比較ではありませんね。

取調べで好き勝手は言えませんがなにか。

取調べ室における拷問的取調べの実態。

1 長時間起立させ座らせない。
  一日8から9時間に及ぶこともある。
2 長時間、床に座らせ正座させる。
3 耳元で長時間、大声で怒鳴る。
4 腰ひもでクビを締める。
5 「座れ」と言っておきながら、イスを引いて転倒させる。
6 目に玉ねぎの汁を入れる。
7 証拠物を身体目掛けて投げつける。
8 身体を押さえつけて、パンツまでぬがせ。性器にティシュをあててしごいた例がある。
9 足をひっかけてつまずかせて転倒させる。
10 腕立て伏せ300回、腹筋300回をさせた例がある。
11 柔道のわざを使い拷問を加える。
12 頭から袋をかぶせて殴る。
13 窓から飛び降りて死ねと迫る。
14 コンビニのビニル袋をかぶせ首元をしばる。

などなど これだけ拷問をうけると、やってないことでもやったと言って
しまい、冤罪により誤審で死刑判決が出てしまうことになる。


675 :_:03/07/03 01:16 ID:dxncWvtE
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

676 :無責任な名無しさん:03/07/03 05:26 ID:YYsscCaW

死刑を廃止できるほど、人間が清い精神性の高い
存在になればねえ。
もめごとも話し合いで解決できるようなレベルに
達したら不要。

故意に殺意をもって人を殺す人がいる以上、
廃止には反対します。
いまの日本人の精神性では、死刑は必要。


677 :すると>>661補足:03/07/03 15:02 ID:DM60Loh7
>>664
狭山事件(これも、1審は死刑判決だつた)も、「取り調べ、三度の裁判で
いくらでも好き勝手言え」た事案だったと?

まあ、「世論」が 法廷の刑事被告人を「有罪.推定」している 現状は、よく
理解できますがねえ。

678 :無責任な名無しさん:03/07/04 09:49 ID:AJFsuxUI
> 狭山事件

こんなもの犯人がエッタだったから解同が騒いで
「差別事件」に仕立て上げたシロモノだろうが。

被差別賤民は強姦殺人やっても許されるのかよ?


679 :はい、:03/07/04 18:36 ID:Gny+itPX
>>678
証拠によらない「推測」による 論考であり、「話にならない」(小泉純一郎)。

680 :無責任な名無しさん:03/07/05 10:35 ID:zZi1GXTx
社会から隔離され、代用監獄で、24時間警察に管理されていると、
通常の精神状態ではなくなってしまうんだろうね。
 長時間身柄拘束されていると精神的にまいってしまうのは当然、
公判中に真犯人が見つかって無罪となった愛媛の窃盗被疑者みたいに、
身柄拘束後すぐに虚偽の自白を行なってしまう例もある。

>>678 
 でも、社会性の全くないヒッキーには、社会から隔離されることで
精神的にまいってしまうことはないかもねw

681 :無責任な名無しさん:03/07/06 10:16 ID:ZMTei2M6

厳正な裁判の結果「石川被告は有罪」とされたんでしょ。

再審請求も繰り返し棄却されてるんでしょ。

「石川は無罪」と飽くまで主張するなら根拠を示して下さいね。

ただ「やってない、潔白だ」と言うだけではオウムと同じだよ。



682 :無責任な名無しさん:03/07/06 13:23 ID:HMfztRCW
冤罪に関しては、法律の改正を含めた補償制度の確立が必要。
警官の味方をする訳ではないが、誤認逮捕は絶対に起きます。
問題は、間違いを認めない体質と、十分な補償と名誉回復にあります。
日本の場合、名誉回復=警察への批判となっている現状に問題があります。
官憲は絶対に正しく、万能であると言う夢想。この夢想を国民全体で保持している事が問題です。

死刑廃絶運動は、何を持って、万死に値する刑罰の代わりとするかが問題です。
また被害者である死者の人権や、終身刑囚の『利用方法』の問題もあります。収監も無料では出来ません。
最低限の収支を確立する事は、収監問題にとって深刻な問題です。予算は無尽蔵にはありません。
あと、理由が必要となります。
西洋では『人権が神によって補償された物であり、生殺与奪は主の権限』とされています。
しかし法律上では「人権とは、他人の基本的人権を尊重した者に与えられる』となっています。
つまり殺人犯は、法律的には『基本的人権を保持する権利を持っていない』という事になります。

被害者への人権保持や補償問題と、加害者の人権をいかに両立することが出来るかが問題ですね。

ちなみに私は、他者の人権を無視した殺人犯には、基本的に人権は与えられるべきではないと考えており、
死刑に賛成しています。(敵討ちに類する物は、また例外でもあります)

683 :無責任な名無しさん:03/07/06 15:35 ID:ncBk5kMA
 >>682
 加害者とされている者が、真実、加害行為を行なっているならば、
被害者と加害者との利害調整には争いない。
 死刑囚が、真実、加害行為を行っていない可能性があるからこそ、
問題になっている。

 ところで、被害者対被告人・被疑者という対立構造は、
刑訴の無罪推定の原則を分かっていないからこそ
平気で論じることができるのだろうね。

684 :無責任な名無しさん:03/07/06 20:06 ID:YfVR+FF9
>>683
> 刑訴の無罪推定の原則を分かっていないからこそ
> 平気で論じることができるのだろうね。

まともな中身の有る記事は書けないくせに、自分の僅かな知識を
ひけらかして他人を貶めたがる、「ネガティブ思考人間」が、
余りにも多いと、司法の信頼性も ますます「衰退」していく
ばかりでしょう。

685 :厳正な裁判の結果「石川被告は有罪」:03/07/06 22:00 ID:+KgLNCyh
1974年の 「東京 高等裁判所」の判決の時点で
(アサヒはともかく)毎日、読売、サンケイなどの 大手メディアも
有罪の判断に 異を唱える記事を掲載済みですが------。

あと、「被害者の殺害方法」の「細かな部分」が

「再審請求をするたびに」 担当裁判所がドンドン「書き換えて」ゆく。

素直にみれば、「合理的な疑いがあるから、無罪」でなくてはならないんだけど----。

(まあ、政策的な理由で 無罪に デキナイ ということなんでしょうかね。)

686 :無責任な名無しさん:03/07/06 22:10 ID:QRQKIff2
死刑の執行手段として日本では絞首刑を採用しているが これはフランスのギロチンと同じく残忍な方法である。
米国のように薬殺とか、銃殺とかを死刑囚が選択できることが望ましい。
安楽死というものも選択肢にいれてもらいたい。

687 ::03/07/06 22:20 ID:QRQKIff2
電気イスも絞首刑よりも残忍性は低い。

688 :無責任な名無しさん:03/07/06 22:58 ID:I3ztE3l0
>>682
>しかし法律上では「人権とは、他人の基本的人権を尊重した者に与えられる』となっています。
>つまり殺人犯は、法律的には『基本的人権を保持する権利を持っていない』という事になります。

憲法11条を100回ほど朗読することをオススメします。

689 :無責任な名無しさん:03/07/07 01:13 ID:kStSqur9
>>687

>電気イスも絞首刑よりも残忍性は低い。

スティーブン・キング原作のビデオ「グリーンマイル」を見ることをお勧めする。
電気イスによる処刑が、あまりに残忍で身の毛もよだつ。


690 :無責任な名無しさん:03/07/07 15:13 ID:kWoM5aoL
>狭山事件

 知っている限りで書くと、今から37年前の1963年5月1日
埼玉県狭山市で女子高校生が行方不明になり、脅迫状が届けられる
という事件がおきました。

 警察は身代金を取りに現れた犯人を40人もの警官が張り込みながら
取り逃がしてしまいました。女子高校生は遺体となって発見され、警察
の大失敗に世論の非難が集中。警察犬を使った犯人の足取り追跡では
石田養豚場という所にたどり着いた。

この石田養豚場の経営者の石田一義やその家族、従業員は狭山市内の
被差別部落の出身者であった。この段階から狭山事件は部落差別問題と
関わりを持ち始めるようになる。

警察は、ここの従業員に対する捜査を集中し、従業員であった石川一雄
(当時24歳)を別件逮捕し、 1ヶ月にわたり警察の留置場(代用監獄)
で取り調べ、 ついに自白に持ち込む。

1審は死刑、2審は無期懲役、1977年無期懲役が確定。現在第2次再審請求中。

この事件では、ほかに何人もの容疑者や関係者がいたんだけど、全員自殺や
変死を とげている。被害者遺族にも何人もの自殺者が出ている。殺された
被害者も、そこの地域特有の埋葬方法で埋められていて、単純な強姦殺人・
死体遺棄ではなく、闇だらけの奇怪な事件。

ただ一つ言えるのは、狭山という土地は 怖ろしく特殊・異形な陰惨な土地だ
ということ。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

691 :無責任な名無しさん:03/07/07 16:55 ID:k+H0UPw5
ていうか、死刑が残酷だどうとか騒いでいる連中は、アレだろ。
自分たちが何かやらかしたとき、死刑になったらイヤだからだろ。
残酷いうたかて、別におまえらが死刑を見るわけじゃなし、どうでもいいだろ。
悪いことやったら、それなりの報いを与えるのが常識だろ。
神が黙して語らないんだから、人間が人間をそれ相応の罪で裁くのは当たり前。
死刑になるに値するだけの行為をやったヤツは死んで当然。
まあ、俺個人としては死刑よりもさらに残酷な刑罰を与えるべきだとは思うが。
それなら、死刑廃止だの犯罪者にも人権をとかいってるアフォどもも納得いくよな?
両手両足を切ったり、足の指を切ったり、目を潰したり、薬品の人体実験にしたりと色々あるだろ。


692 :無責任な名無しさん:03/07/07 17:24 ID:XbZxgNaH
死刑に抑止効果求めるなら、もっとハードルを低くしないとだめじゃないの?
ひとり殺した位じゃ死刑にならないこと皆知ってるでしょ
それに人殺す奴は逃げ切るのを前提にしてるだろうし
衝動的に殺す奴は、何も考えてないだろうしね

人を殺せば「原則として死刑」
検挙率もほぼ100%

これなら抑止効果はかなり上がると思いますが・・・まぁ無理だな・・・

693 :無責任な名無しさん:03/07/07 17:30 ID:k+H0UPw5
>>692
はげどー。情状酌量は置いといて、基本原則はそのくらいにするべきだよ。

694 :無責任な名無しさん:03/07/07 17:31 ID:k+H0UPw5
ところで今気付いたが、俺のIDが刑法だ。

695 :無責任な名無しさん:03/07/07 22:12 ID:AMfDzAMU
>>684
自分の事かい?

696 :無責任な名無しさん:03/07/07 22:39 ID:uIQueJjt
死刑が残忍性の低いものでなくてはならないというのは 誤審による死刑執行が一件でもあった場合の死刑囚が余りにも気の毒であるからだ。
死刑制度を廃止しないかわりに残忍性を軽減させようということだよ。

697 :_:03/07/07 22:42 ID:LIKnZj8a
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

698 :無責任な名無しさん:03/07/08 02:31 ID:Jg9rdlyK
>>688
>憲法11条を100回ほど朗読することをオススメします
日本国憲法/第3章 国民の権利及び義務
第11条〔基本的人権の享有〕
国民は、全ての基本的人権の享有を妨げられない。
この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

じゃあ、>>688.に聞きたい。他人の侵されさる権利を侵した国民は、どう裁くつもりだ?
現状の生温い司法制度、犯人の人権を擁護する考え方は、被害者の関係者にして見れば違憲とも言える。

殺人、即死刑。そのかわりに官憲と司法において十分な審議と、誤認逮捕を受け入れる体制作りが必要と言ってる。
誤認が起訴される場合、多くの事例が官憲の面子によって行われている現状を、同時に修正しなければならない。

ミスという物は0には出来ない。誤認は違法であり、人権侵害であるのは理解している。
その事を承知の上で、大多数の民衆の生活を守る為にも、死刑や厳しい罰則を維持する事に賛成。

お前が被害に遭ったらどうする?と言い出すと思うが、承知の上だ。
その為に、審議や認識を改良しろと言っている。
絶対に起こりうる誤認を防ぐという無駄な行為よりも、起こった誤認をどう見付け出し、納めるかだろ?

699 :無責任な名無しさん:03/07/08 02:45 ID:Jg9rdlyK
無期懲役という、威かにも日本人の好きそうな、曖昧な判決を無くさないといけない。

終身刑=死ぬまで出さないを徹底する。「重無期刑」などという曖昧に解釈できる刑罰など、論外。
また、監獄内での態度で減刑されるのも反対。
刑罰は、犯した罪に対して与えられた物なのだから、その後の生活態度と結び付けるのは矛盾している。
減刑したら、犯した罪が減ったのと同じ事じゃないか(−−#

700 :無責任な名無しさん:03/07/08 03:03 ID:yyynJ3+C
死刑と犯罪抑止力との関係は解明されていない。


701 :無責任な名無しさん:03/07/08 03:35 ID:Jg9rdlyK
裁判官はなぜ誤るのか(秋山賢三・岩波新書)は必読

1、 別件逮捕の禁止。
2、 代用監獄の廃止。
3、 捜査段階(起訴前)で容疑者に弁護士をつけることを義務付ける。
4、 密室状況の中での取調べの規制。具体的には取り調べ段階での弁護士の被疑者への接見の保証。供述調書の提出には、その取調べのビデオ録画、ないしは録音の提出を義務付けるetc。

なども挙げられるが、オーストラリアでの事例を見る限り、徹底した意識改革と官憲への罰則も重要。


702 :無責任な名無しさん:03/07/08 03:46 ID:Jg9rdlyK
外国人冤罪事件から日本が見える
http://www.jca.apc.org/~grillo/index.html

これは読んでおいたほうが良い。悪質なタイプの警官と司法のやり方が見えてきます。
それに、海外に行くと我々も立場は同じ。


703 :無責任な名無しさん:03/07/08 03:51 ID:Jg9rdlyK
メルボルン事件弁護団ホームページ
http://www.melbosaka.com/

704 :無責任な名無しさん:03/07/08 04:09 ID:Jg9rdlyK
冤(えん)罪問題特集のコーナー

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/ennzaitokusyuu.htm

705 :無責任な名無しさん:03/07/08 10:55 ID:RtjLAWtx
>>699
はげ同。

>>700
それを言うなら、死刑廃止国で犯罪が激減したという例もまったくない。
こういうモノは証明とか解明とかそういうのは必要ない。
大抵の人間は「死」を本能で恐れる。それ故に「死刑」という最高の刑罰は犯罪者にとっても
当然の恐怖の対象。
悪いことをやれば厳罰。死に値する行為をすれば死刑。シンプルで子供でもわかる。


706 :尊属殺事件最高裁判決さえも:03/07/08 11:35 ID:fKZzDg8H
>>698 のような論理構成は取られてはおりません。
むしろ、執行猶予を付けることができない 刑法200条の規定が
犯罪と刑罰のバランスに反している、だから 違憲.無効だ。
こういうリクツで 尊属殺「重罰」規定を、「憲法違反」だとしたんですが。

707 :賛成 ◆Wxg/uZIkug :03/07/08 14:26 ID:Jg9rdlyK
Jg9rdlyK HMfztRCWです
>むしろ、執行猶予を付けることができない 刑法200条の規定が
>犯罪と刑罰のバランスに反している、だから 違憲.無効だ。
>こういうリクツで 尊属殺「重罰」規定を、「憲法違反」だとしたんですが

ごめん、反論が少し意味不明。こちらも言葉が足りなかったのかな
「尊属殺人は無期または死刑」が違憲とされたのは、199条の普通殺人の法定刑に比していちじるしく不合理な差別的
 取扱いをするもので、日本国憲法14条1項に違反すると言う事が理由で、執行猶予云々とは無関係だと思っていましたが。
第14条1項
「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」

殺人、即死刑と書きましたが、もちろん殺意や事情の考慮は明文化する必要性があるとは思っています。
明文化すると柔軟性を失いますが、その為に柔軟性を持った『人間』である司法の存在が重要だと思います。

>死刑と犯罪抑止力との関係は解明されていない。
抑止力に関しては、効果があったとしても付随的な物であると考えています。
死への恐怖が目的ではありません。
私が死刑を廃止したくない理由は「義務と権利」を明確にすることが目的です。
法の下に平等である他人の、侵されざる権利を侵した国民は、自らも権利を失う事を示す意味での死刑です。
現状で人権を理由に死刑を無くすのは、被害者の人権無視にも繋がりかねないと思っています。
「重無期刑」という曖昧に解釈できる刑罰に反対する理由も、方便を使って解釈されるのを恐れて『終身刑』と名付けたいのです。
「権利を奪う=権利を奪われる」を全ての法律に適用する気はありません。
しかし、悪い意味での個人主義(利己主義)が広まっている今、重罪に対しては毅然とした態度で望む必要性を感じています。

ここで問題になっている冤罪に関しても、誤認逮捕した警官に重罰を望む気はありません。
逆に、誤認逮捕の手順に問題が無ければ、謝罪は必要ですが懲罰してはいけない、とも感じています。

708 :賛成 ◆Wxg/uZIkug :03/07/08 14:46 ID:Jg9rdlyK
某所コピペ(苦情の場合は削除願います)

日本の刑法は、明治政府誕生の際に
「旧ドイツ刑法(ヨーロッパを中心とする“大陸法”)」を参考にして法制作業がなされました。

これの特徴は「囚人を矯正させる目的としての法」であり、
アメリカ法に見られる「懲罰的(懲らしめ)の為の法」とは性質が異なります。
つまり『社会復帰』を視野に入れた刑法と言えましょう。

また刑罰を科す大原則は『罪刑法定主義』・・・
“法律なければ罪も罰も存在しない”という旧ドイツ法の考えですから、
この点は世界中の刑法の基本でもあります。

現在の日本の刑法では、懲役刑を言い渡され服役したる者は、
有期懲役については、その刑期の三分の二を経過、
無期懲役については15年を境にして「中央更正委員会」が
『仮釈放』の審査を行います。
ちなみに有期懲役の最高期間は裁判官の裁量で20年まで言い渡す事が出来ます。

また刑期の加算方法は、複数の罪にまたがる場合は「最も重き」罪の刑罰にて
言い渡します。
この場合に「死刑、無期若しくは・・・」と条文に明記された犯罪を含めて
複数やっていると情状により有期懲役の最長を言い渡されたり、
死刑や無期懲役を言い渡されたりします。

少年の場合は「○年から○年」という“不定期刑”を言い渡されるのです。

709 :賛成 ◆Wxg/uZIkug :03/07/08 14:57 ID:Jg9rdlyK
某所コピペ2(苦情の場合は削除願います)

さて、アメリカの刑法は「累積処罰」となり、
「併合して、一番重い刑罰の条文で罰を科す」という考えの
ドイツやヨーロッパ、日本の刑法と考えを異にします。

一つの犯罪で一つの刑罰、何個かやったら全ての刑罰の「合計」で処罰されます。
ですから「懲役300年」等という、とんでもない判決があるのです。

例えば第二級殺人(過失致死含む)で20年、常習窃盗で5年、児童レイプで30年、
放火で死亡なので第一級殺人で50年、合計・・・懲役105年という具合です。
この場合「仮釈放」がありますが、生きているかどうか・・・(T_T)

アメリカは合衆国・・・つまり州の集まりですから「州法」があります。
その州で刑罰の増減も違いますから、統括して「こうだ」とは言えないのです。
また「州刑法」に「合衆国法」も加算されたりしますから・・・(T_T)

ちなみに「終身刑」は、本当に死ぬまで刑務所です。
日本みたいに何年かで出てくる・・・なんて期待は木っ端微塵です、
但し・・・「仮釈放つき終身刑」は犯罪の種類によりあります。
それでも「第一級殺人」は「仮釈放」が付く例は少ないと記憶しています。

日本において法改正で「終身刑」の検討はなされましたね
しかし「矯正を目的」とするわが国の刑法精神と日本国憲法の兼ね合いで『一応話だけね・・・』で終わっています。

最大の理由は日本国憲法の・・・
第36条 (拷問と残虐刑の禁止)公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

これがあるからです。

現状では少年法においては不定期刑の延長、刑法では刑期の延長でしか対応できないでしょう。

710 :賛成 ◆Wxg/uZIkug :03/07/08 15:41 ID:Jg9rdlyK
これらを読むと、>>706.でも指摘されてしまった通り、『解釈』だけでの改革は無理そうです。

法改正も踏まえた抜本的な改革をしないと、憲法九条の如く、時代によって解釈が自在に変わる危険も出そうです

711 :無責任な名無しさん:03/07/09 19:53 ID:fQM+U2U+
(^-^*)/コンニチワ!なつきです★

今アメリカにいるんだケド、こんなバイト始めちゃったの(*v_v)

なつきと一緒にらぶらぶなコトしよっエヘ(*^^)'-'*)ウフ

なつきに会いに来てくれたら、7日間会費無料+10分無料なのだ★

なつきの恥ずかしいトコ全部見せちゃうよ(/o\*) イヤン♪

二人っきりでいーっぱい楽しいことしようね(゚∇^*) ★

今だったら10分無料で遊べるよぉ〜☆
じゃ、なつきに会いに来てねっ(/*⌒-⌒)o 待ってるよぉ〜
http://www.gals-cafe.com
☆  ☆  ☆  ☆  ☆

712 :無責任な名無しさん:03/07/10 12:02 ID:Lf9TSxjn

時代によって憲法の解釈が自在に変わり、憲法など有って無きが如し状態になったとして…

それで何が困るの?? 

自衛隊を見れば誰でも分かる通り、現在すでに憲法の理念など現実世界と何の関係もありません。

713 :_:03/07/10 12:33 ID:dFrX4ixq
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

714 :無責任な名無しさん:03/07/10 14:47 ID:RGEVhhRW
>>712
煽りにしても、ヘタレ過ぎ。オカ板にでも行って題目唱えたら?(藁

715 :無責任な名無しさん:03/07/12 01:33 ID:l2C1cd8t
>690

学生のころ狭山事件で「警察が証拠物件をかもいに置いてでっち上げた可能性
がある」という本を読んで、「警察がそんなことをするのかなあ」と半信半疑
だったのだが、今では十分有りうると思っている。なにしろ、自分の場合は勝
手に自分の部屋に入りこんで物を盗んでいってくれるので。前の会社に勤め
ていた当時のカバン、使い終わった通帳、金(全部持っていかないで一部だけ
持っていく)、本などなど。違法行為のオンパレード。でっちあげぐらい平気
でやるだろう。

716 :無責任な名無しさん:03/07/12 01:35 ID:l2C1cd8t

ちなみに、金を全部盗んでいかないのは、家族間の不和や疑心を促し、
独り者の場合は精神の混乱や絶望感を誘発するための手口らしいです。

717 :無責任な名無しさん:03/07/12 07:46 ID:vbVL2Wal
>>715
捜索差押許可状を見なかったの?
押収物目録はもらっていないの?

まずはこの2点から確認したい。

718 :無責任な名無しさん:03/07/12 08:50 ID:QkTEK7+9
>>715
石川被告って傷害事件とかで何度も逮捕歴のあるDQNだったんでしょ。
しかも被害者の体内に残っていた精液はB型のもので、石川被告はB型。

彼が犯人であると考えることが不自然とは思えないんだけど。

冤罪である根拠って、何かあるの?
単に警察不信が理由では、そりゃ世間の理解も裁判所の理解も得られまいて。


719 :無責任な名無しさん:03/07/12 10:20 ID:sVBi/NP5
関係者が何人も自殺、変死していることから見ても分かる通り
この事件が単なる 誘拐・強姦・殺人・死体遺棄 事件 だと
思っている人なんていないでしょ。

でも石川が犯人の一人で実行犯であることは事実。
それは明らかなのだから無罪・冤罪を主張したって裁判所に
相手にされないのは当たり前でしょ。

そうじゃなくて、石川被告が新たな真相を述べる、今まで
黙っていたことを明らかにする、ことで再審に持ち込む、
という発想は、弁護団に無いもんかねぇ。

そりゃ、弁護士にとっては無罪を勝ち取った方が ずっと
名声を上げられるんだろうけれでも、それよりも真実を
明らかにしたいという良心はないのか?

720 :山崎 渉:03/07/12 11:15 ID:zSxEHmF0

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

721 :無責任な名無しさん:03/07/12 12:52 ID:sVBi/NP5
狭山事件とは、また冤罪による死刑の危険性を語るネタとしては
最悪のモノを持ってきたもんだな。


722 :ということは:03/07/12 21:42 ID:iRC0WUdI
石川被告は「単独又は氏名不詳者と共謀の上」……殺害を遂げた、ということですかね。
そういう「択一的認定」では、有罪認定は無理でしょう。

と、いうか、1974年の段階で 無罪(合理的な疑いが残るから)判決を受けてしかるべき
だつたんですがね。
(第一、事実上、量刑についての職権調査にあたる項目まで「設けて」、あえて
無期懲役にしたということ自体、不自然ですが。)

723 :無責任な名無しさん:03/07/13 16:34 ID:By8xcPty
推理小説の読み過ぎと笑われるかもしれませんが
一人殺したら死刑、と決めてしまうと
「一人殺すのも二人殺すのも同じ」と、
複数人を死傷するケースが出てくると思います。
無差別大量殺人をかえって助長してしまうのではないでしょうか。
また、必ず死刑にすると、自殺願望と殺人願望のある人物の犯行を
かえって助長してしまうのではないでしょうか。
やはり幅を持たせてケースバイケースで最も懲らしめになる刑罰を執行した方が良いように思います

724 :尊属殺事件の「判例」そのもの:03/07/13 18:17 ID:pNmwYEsU
>>707さん 
最高裁判例の「原文」よりhttp://courtdomino3.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/2B5FB6C0167B5A7B49256A850030AB3E?OPENDOCUMENT
……この観点から刑法二〇〇条をみるに、同条の法定刑は死刑および無期懲役刑のみであり、
普通殺人罪に関する同法一九九条の法定刑が、死刑、無期懲役刑のほか三年以上の有期懲役刑
となつているのと比較して、刑種選択の範囲が極めて重い刑に限られていることは明らかである。

もつとも、現行刑法にはいくつかの減軽規定が存し、これによつて法定刑を修正しうるのであるが、
現行法上許される二回の減軽を加えても、尊属殺につき有罪とされた卑属に対して刑を言い渡すべき
ときには、処断刑の下限は懲役三年六月を下ることがなく、その結果として、

いかに酌量すべき情状があろうとも法律上刑の執行を猶予することはできないのであり、
普通殺の場合とは著しい対照をなすものといわなければならない。……

725 :無責任な名無しさん:03/07/13 19:22 ID:O/a2ydCY
死刑の執行手段として日本では絞首刑を採用しているが これはフランスのギロチンと同じく残忍な方法である。
米国のように薬殺とか、銃殺とかを死刑囚が選択できることが望ましい。
安楽死というものも選択肢にいれてもらいたい。




726 :無責任な名無しさん:03/07/13 22:18 ID:OxyaxA6U
拘置所通信 (m00030143)

最終発行日:2003/03/18
発行周期:隔週
発行部数:1703
http://ww4.enjoy.ne.jp/~shunji33/ 
拘置所って一体どんなところだろう、みんなどんな生活をしているのだろう?拘置所通信をお読みください、すべて分かります。
http://www.melma.com/mag/43/m00030143/

■前科者かく語りき [ホームページ] バックナンバー
暴力団組員時分に少年院、そして成人後、某宗教団体に入信して今度は思想犯として刑務所へ。 そんな発行人が、『広く浅い』情報源の話と自身の経験から、犯罪・事件を語ります。
●マガジンID : id00007076
●最終発行日 : 2003/7/12
●発行周期 : 週刊+不定期
■最新発行部数 : 0 部

http://lundi.tok2.com/b_number/?id=id00007076


メルマガでこんなのがあったよ


727 :無責任な名無しさん:03/07/13 22:50 ID:b8HeSnvt
>人権剥奪し拷問攻めで監禁したほうが
これをやってしまうとサドがエスカレートして看守の人格が破壊される気がする。
それに迷惑な人間にはさっさとあぼーんしてもらいたい。

728 :_:03/07/13 22:52 ID:xmgSAR8Q
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

729 :無責任な名無しさん:03/07/14 00:01 ID:qwfyrflM
拷問なんて宗教裁判みたいで野蛮きわまりない。絶対反対。

730 :無責任な名無しさん:03/07/14 01:36 ID:yBdt3hnO
>717

>捜索差押許可状を見なかったの?
>押収物目録はもらっていないの?

令状取って家宅捜索してくれるんじゃないの。留守中に勝手に自分のア
パートに入って来て勝手に持ち出してくれるの。留守中に洗濯機もふた
をへし折られ、洗濯槽の中を見ると使ったことも無い洗濯バサミが・・。
憲法に住居の不可侵とか令状主義なんて書いてあるけどオオウソ。

731 :無責任な名無しさん:03/07/14 01:45 ID:yBdt3hnO
>729

>拷問なんて宗教裁判みたいで野蛮きわまりない。絶対反対。

拷問なら毎日、毎日受けてるぞ。夜、寝入ってウトウトしたところを
見計らってゴン、ゴスン、ドン、ドンと音をたてるの。朝は朝で、早
朝まだ寝ているところを襲い、アパートのドアをゴンゴンたたき、人
を叩き起こす。こういった拷問・陵虐を受けると一日中頭痛がし、吐
き気を催し、ふらふらし意識がもうろうとする。これを、十年以上毎日
毎日くりかえす。早朝、寝込みを襲い何十分もアパートのドアを叩き続
ける拷問をしてくれたのは、狭山事件で石川被告に拷問取調べを行った
川越署の警官だ。

732 :無責任な名無しさん:03/07/14 01:48 ID:TK3HSlOB
>>730
で、それが警察の仕業だという根拠は?

733 :無責任な名無しさん:03/07/14 10:42 ID:i+OLXIzF
>>731
強姦事件の加害者側の弁護士の、告訴した被害者に対する、
「 取り下げろ〜 示談にしろ〜 晒し者になるぞ〜」と
責めたてる手法を思いだしました。

その執拗さは、キャッチセールや壺の押し売り者も
裸足で逃げ出すほどだとか…

734 :山崎 渉:03/07/15 12:57 ID:KLlpG25G

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

735 :無責任な名無しさん:03/07/16 01:04 ID:5bQ4Z/L2
>>733は実話か。実話なら懲戒ものだな。

736 :無責任な名無しさん:03/07/16 15:55 ID:CbQ0N48q
>>733
素直に弁護士会へ言って、除名処分にしてもらえばいいじゃん・・・

737 :無責任な名無しさん:03/07/17 02:14 ID:GQJi8Clu
相場と比べて安くて良い感じヽ(´ー`)ノ

http://www.docomo-mcs.net/aloveboard.cgi?120

738 :無責任な名無しさん:03/07/22 14:55 ID:ADS3kNPg
何回だされたかとか、声を上げたのかとか、詳細に聞いてくるし、証言させられる。
しかも公衆面前でね。そう言う事を懇切丁寧に教えてくれるし、
「友人達に貴方の日常態度を聞く必要がある」
「レイプされた事実を説明しながら、聞き込みしても良いですか?」
とか聞いて来るんだよ。

739 :無責任な名無しさん:03/07/27 11:58 ID:h7OqrGc+

法を「厳格適用」などすれば、例えば、道路交通法なりを想定した場合、
日本の道路なんぞ一瞬にして<巨大な自動車廃棄場>とかします。また、
手形小切手なんかも、有因説・無因説のどちらかを「厳格適用」すれば、
その瞬間に日本経済の金融のダイナミックスは<瞬間冷凍>でしょう。

私が何を言いたいのか? それは、法とは、本来、政治なのですよ。

それは、社会の常識とか、勢力とかの意向が反映されるという意味だけで
なく、政治目的の具現を期す活動と言う意味でです。だから、その経緯を
無視して(勝手に、法はオートマティックにフェアに作動すべきだとかの
幻想に依拠して、「不法」とか騒ぐのは世間知らずであるばかりでなく、
法学の勉強不足であると言えます。

740 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 02:53 ID:1q0qR2IH
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

741 :無責任な名無しさん:03/08/14 00:33 ID:8vc5eVhz
>>733 
ひどい話だな。やっぱ金の亡者だ。

742 :山崎 渉:03/08/15 17:15 ID:p4GRzR2u
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

743 :時代は個人主義:03/08/28 13:37 ID:9As0LUsi
 <血液型A型の一般的な特徴(改訂版)>(見せかけ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく臆病・神経質で気が小さいだけ(真に他人を思いやる気持ちはない、二言目には「世間」(「世間」と言っても、一部のA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎない))。
●異常に他人に干渉して自分たちの古いシキタリを押し付け、そこから少しでも外れる奴に対しては好戦的でファイト満々な態度をとり、かなりキモイ(自己中心、硬直的でデリカシーがない)。
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされるとカッと怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、内面的・実質的には負けていることが多い)。
●基本的に悲観主義でマイナス思考なため性格が鬱陶しい(根暗・陰気)。
●とにかく否定的でうざく、粗探しだけは名人級(例え10の長所があっても褒めることをせず、たった1つの短所を見つけては貶す)。
●社会的強者には平身低頭だが、社会的弱者に対しては八つ当たり等していじめる(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる(人が見ていないときは、より一層))。
●少数派の異質・異文化を理解しようとせず、あるいは理解を示さず、排斥する(多数派=正しい と信じて疑わない、視野が狭い、狭量、了見が狭い差別主義者)。
●何でも「右へ習え」で、単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)。そのくせ、集団によるいじめのリーダーとなり皆を先導する(陰湿かつ陰険で狡猾)。
●他人の悪口・陰口を非常に好むと同時に、自分は他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(自分が偽善者だから容易に他人を信用できない、ポーズだけで中身を伴っていない、「世間体命」)。
●友人関係は、たいていは浅い付き合いでしかなく、心の友はおらず孤独(他人の痛みがわからず、包容力がなく、冷酷だから)。
●頭が硬く融通が利かないため、すぐにストレスを溜め、また短気で、すぐに爆発させる(不合理な馬鹿)。
●後で自分の誤りに気づいた場合でも、素直に謝れず強引に筋を通そうとし、こじつけの言い訳ばかりする(社会悪の根源、もう腹を切るしかないだろう!)。
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考え(例:「あいつより俺のほうが男前やのに、なんでやねん!(あいつの足を引っ張ってやる!!)」)。

744 :無責任な名無しさん:03/09/14 21:43 ID:s1z0l3W5
http://homepage2.nifty.com/TOKUKEI/

745 :無責任な名無しさん:03/10/02 10:26 ID:DQj2nqeo
>>605
宅間が死刑判決の時は
「終身刑導入を視野に・・・」
みたいに言ってたよ
前の勢いはどこえやらさすがに世論が怖かったのかな

746 :無責任な名無しさん:03/10/05 23:03 ID:2ktFZoW3
教えてください。
法学会の認識では平沢貞通氏は自然死と言う解釈なのでしょうか?


747 :無責任な名無しさん:03/10/06 15:07 ID:9O8fIER+
>>745 しょせんが、死刑廃止論者は常識が欠落した
社会不適格者でしかないからな。
悔しかったら身近な家族だけでも折伏してみせろ

748 :無責任な名無しさん:03/10/09 20:49 ID:nLlmZ4Zl
死刑は廃止してはいけない
それでいいじゃないか
殺人犯なんかどんどん死刑にしろ
俺は自分の家族が死刑になっても反対はしない
なぜならそれぐらいの事をやってるはずからだ(実際にこうなりませんように…)


749 :無責任な名無しさん:03/10/10 23:16 ID:0LrJy9MD
運用については議論があってよいが
制度そのものを廃止する必要は全く感じないんだがなあ

750 :無責任な名無しさん:03/10/12 01:44 ID:cZGrxqEd
まず、なぜ刑罰があるか考えるべきだ、君らは。

751 :無責任な名無しさん:03/10/12 21:56 ID:c7Ihmum7
>>750 因果応報のためだろ?

752 :無責任な名無しさん:03/10/19 18:18 ID:6RYq8iee
現代の法律とか人権思想なんか考えずに暮らしてる一般人は、
因果応報・復讐の思想で生きててさ、それがこの世の
あるべき姿だと思ってるんだよね。
悪いことしたら地獄で苦しむんだ、みたいな素朴なやつね。

それが人権理念から構築された法律に通用しないから
「何故だ!」ってなるわけだ。
だからさ、今の日本人(そこらの一般人)に法律を作らせたら
目には目を、みたいなハムラビ法典みたいなのが出来上がるし
それが素晴らしいと思うんだろうな。
(実際にはハムラビ法典の「目には目を」は過大な復讐を
防ぐためでもあったらしいが)

753 :無責任な名無しさん:03/10/19 18:40 ID:1NrtFuym
昔、関心を持ったときに思った事。↓
 
 人殺しに「死刑」は抑制にならないと思う。捕まる気が無いか、死んでも構わないと
思ってるバカだろう。
 後、自分の子供が(兄)が(弟)を殺した等の身内事件では(兄)を死刑に、と思い
ますか??
 もし自分が親だったらどう思うだろ??特に感情論で死刑賛成の人に聞きたいな〜

754 :無責任な名無しさん:03/10/19 18:56 ID:6RYq8iee
死刑が抑制になるのは、暴力団組員のように常習的にある程度冷静に
犯罪をやるタイプに対してだけだろうね。
死刑になるほどの私利私欲だけの殺人を犯すタイプには
抑止効果は無さげ。

だからこそ懲役から出る前に国家が前もって殺せ、と思う人が
多いんだろうけど、「前もって」の可能性を見積もるのは
難しいだろう。

再犯が多い、といってもまともに暮らしている人間もいるわけだし。


755 :無責任な名無しさん:03/10/22 12:06 ID:3ZGpAare
>>753
>「死刑」は抑制にならないと思う。捕まる気が無いか、死んでも構わないと
>思ってるバカだろう。

そういうのは死んでもらうしか仕方ないだろう。

>再犯が多い、といってもまともに暮らしている人間もいるわけだし。

人を殺した人間に(過失致死の除く)更生の機会を与える必要があるのかな?
仮に更生可能であったとしても。

被害者に生き返る機会が与えられるなら考えるけどね。


756 :無責任な名無しさん:03/10/22 15:16 ID:7mELtXFN
>>755
>人を殺した人間に(過失致死の除く)更生の機会を与える必要があるのかな?

ここが>>752の話のように、刑罰が復讐のためのものか
矯正のためのものかの分かれ道。

そこいらの普通の人は復讐のためだと思ってるから、更生可能かどうかに
かかわらず死刑にすべきだと思ってる。
要するに、被害者のかわりに国家が復讐してくれるのが当然だ、ってね。

ところが、法の理念としては復讐のためという事にはなってないわけだ。
更生可能なら更生させるという理念が下地にある。

757 :無責任な名無しさん:03/10/22 15:37 ID:Amm06WR/
>>63 の話にある通り、普通の人にとってはタリバンや首狩族の掟のほうが
わかりやすくて納得できるものなんだよね。

758 :無責任な名無しさん:03/10/30 11:46 ID:ABegPejb
age

759 :「態度変わらず」:03/10/30 12:19 ID:d9GkPS5y
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1067249173/l50
無期懲役中に仮出所→2人殺害の男、2審も死刑


760 :無責任な名無しさん:03/11/04 02:35 ID:eDfqXSvC
一つの例があります。

中国に隣接する香港では返還以前から大陸の不法入国者による凶悪犯罪が
後を絶ちませんでした。現在の香港は返還され中国の一部として積極的に
機能をしていますが、大陸からの犯罪者は相変わらずで大きな社会問題を
引き起こし続けています。

 さて、香港警察の対応ですが、日本の警察とは全く異なり「力には力」
での原則どおり犯罪が発生すると一帯を強権を持って完全封鎖し、一つ一つ
のビル、住宅まで徹底的な捜査を開始します。

 その手法はあきれるくらいな実力行使、取り囲んで警告を与え、数分後
にはライフル,軽機関銃という重装備部隊が蜂の巣になるくらい銃弾を
打ち込むという荒っぽいものです。

 言ってみれば犯罪者も命がけ、リスクは非常に大きくなり、その意味
で抑止力になっています。香港市民もそのような警察を支持しています。

761 :無責任な名無しさん:03/11/04 02:36 ID:eDfqXSvC
 日本の場合、同じ様な密入国の中国人たちが、香港と同じ様な
手口で犯罪を繰り返しています。ところが、日本で行う彼らの犯罪
は成功率が非常に高く、また警察に遭遇する機会も非常に少なく、
例え遭遇しても蜂の巣にされるリスクはまずありえない。

これが彼らのやりたい放題を野放しにしている一つの理由だと
思います。警察力が不十分であり、犯罪者には発砲するなど
の単純な抑止力が小さい事が中国人たちの日本における犯罪天国
を助長しているのだと思われます。

762 :無責任な名無しさん:03/11/04 02:43 ID:JY9rMMcV

殺人と強盗殺人の量刑は死刑のみでいい。
動機はどうであろうと殺人者は死刑。
特に容疑者自ら犯行を認めている場合は判決確定後に即日刑を執行する。
裁判員制度が施行されて、凶悪犯罪の担当になったら俺は死刑を強硬に主張していく。


763 :無責任な名無しさん:03/11/04 10:25 ID:pLmZHXUJ
わが国は、先進国の中でも、群を抜いて死刑が多いといわれている。おそらく、各国の死刑の考え方が違うという理由があると思うが、わが国では
専ら、復讐という観念が強いのでしょう。当然被害者感情を考えると、何回、殺しても殺したりないと思いますが、国家単位で考えてみると、非常に死刑にするのはリスクがある。
謀裁判長もおっしゃっていたことですね。
 ようは、各国の非難を浴びてしまうため、日本の経済にも影響が及ぼす可能制するあるということでしょう。日本人というだけで、
いわれもない差別を受けてしまう可能性もあります。アメリカなども、州によって違いますが、死刑と、終身刑
両方ある州もあるとききます。では、なぜ日本では、終身刑が創立されないのか?
 もし終身刑があったとしたら、終身刑のラインはどこに引くべきなのか?
とりあえず、2人まで殺したら終身刑、3人殺したら死刑というラインにした場合、どちらが罪が重いのか、非常に難しい気がします。
たとえば、宅間のような人間がいた場合、死刑にするより終身刑にしたほうが、よっぽど罪が大きかったといえると思います。奴は死ぬまで、被害者の家族に
ひどいことをしたと思うことなく死ねるわけです。自分のやった罪の大きさを一生掛けてわからせる機会があるという利点が終身刑にはあります。
 しかし、わが国の国民感情として終身刑という制度は受け入れることが出来るのか、非常に疑問です。762みたいな人が多いため、死刑にすべきだ。生きている
ことが許せないという人が多いんでしょう。ちなみに、感情論を超えれてませんね。>762
ようは、あなたの発想では1人殺そうと、100人殺そうと同じ罪だということになります。もしその量刑なら、殺人者はどう考えるか?どうせ1人殺すなら道連れ10人
殺したほうがいいと思うかもしれないということです。判例での死刑を3人以上の殺害(およそ)、刑法で殺人罪の量刑が幅広く定められているのは殺人抑止にもつながっているということも考えましょう。
そして、人殺しの背景にはいろいろな事情があることもありますし。みんながみんな、宅間のような人間ではないということです。

764 :無責任な名無しさん:03/11/04 19:09 ID:rtR7ZtAS
>>763
死刑の件数だけならアメリカがもっと多かったと思うが・・・
アメリカは経済的には先進国だが精神的には後進国だという突っ込みは無しね。

765 :無責任な名無しさん:03/11/04 20:08 ID:K14VJJxD
>763

人を殺せば確実に死刑になるなら殺人を抑制できる。
また、殺人を行ってしまった犯人は死刑になるならと、自ら死ぬかもしれない。
そうすれば刑事訴訟手続の手間を省けて検事も喜ぶ。

あと、抑止力を働かせるためには死刑の執行方法も残虐でなければならない。
イスラムの石打とか、水を張った樽に首だけ出して漬け込み生きたまま腐らせるとか。
江戸時代の晒し首なんかは非常に良いと思う。

766 :無責任な名無しさん:03/11/04 20:57 ID:yApM8V+y
>764
アメリカは全体としてみたら確かに日本より多いと思います。州として考えていました。失礼。

>764
とりあえず、ここで憲法の話しても仕方ないので、置いておくとして、その論拠は残虐刑と
犯罪抑止が相当な因果関係がないと成立しませんね。ヨーロッパでは、刑を重くすればするほど
犯罪率が上がったというデータがあるほどです。残虐刑が犯罪抑止の効果がないならそれは、
単なる国家の権力が無駄に強くなるだけではないでしょうか?
 よく、公開処刑すべきだとバカなことを言う輩がいますが、そんなものは、
後世に恥ずべき文化として語り継がれるだけです。
われわれは、北朝鮮や元イラクではありません。
犯罪の刑罰を残虐刑にしろというのは独裁者の思想です。



767 :校長が強盗:03/11/04 21:06 ID:Zx8b11MO
この事件は報道されていません。
 それをよいことに教育委員会も校長を処分しません。
被害者先生のサイト
 http://mtsuji.com
 学校への抗議メール
 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/8362/index.html
事件担当の文部科学省官僚へのサイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/tanaka/index.html
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
校長のいた学校のサイト
 http://www.mie-c.ed.jp/sbmie/

768 :無責任な名無しさん:03/11/06 09:35 ID:Bd4E3y8d
死刑に抑止効果があるなら、死刑のあるアメリカより
死刑のないフランスドイツとか欧米諸国のほうが犯罪率が低いのは
おかしいんでない?

769 :無責任な名無しさん:03/11/06 19:19 ID:o0WeUviM
>768

アメリカは国土が広いし人種や不法入国者が多いし、州によって捜査能力が大きく異なるから犯罪者が捕まらないとタカをくくっているんだよ。

770 :無責任な名無しさん:03/11/07 11:15 ID:H2cMqtbw
>>769
ヨーロッパも実質的には広い。自動車で2,3時間走れば外国だし。
同じように人種も多いし不法入国者も多い。
やっぱり簡単に銃所持ができるかどうかが大きいんじゃないかと。

771 :無責任な名無しさん:03/11/07 11:44 ID:bVLjgPrS
漏れは死刑反対。

終身刑があれば、
公共の福祉を守りつつ、
犯罪者の人権が保障されると思うがどうよ?

772 :無責任な名無しさん:03/11/07 11:50 ID:NIoS5hux
>770
アメリカだってEUみたいなもんでしょ。
各州には憲法もあれば軍隊もある。
アメリカを一国としてみないでEU諸国と同じ面積や人口で考えればそんなに殺人率は高くないと思うよ。


773 :無責任な名無しさん:03/11/09 19:41 ID:vTBOgkqH
つーか治安も地域差ってもんがあるだろ。
同じ量刑の国内でも地域によって差が有るのが普通だろ。
量刑が厳しい国の方が犯罪率が低い筈という理屈なら、
同じ量刑なら同じ犯罪率ならんとオカシイわな・・
そんな事有り得ない訳で・・・・・

774 :教育学部生:03/11/12 09:00 ID:x9Lr9/kt
交通事故加害者に厳罰を
死亡事故加害者を死刑に!

775 :無責任な名無しさん:03/11/13 17:57 ID:X7ZaE+sP
>>765
>人を殺せば確実に死刑になるなら殺人を抑制できる。
>また、殺人を行ってしまった犯人は死刑になるならと、自ら死ぬかもしれない。
>そうすれば刑事訴訟手続の手間を省けて検事も喜ぶ。

一回殺して死刑になる以上、一人殺すのも何人殺すのも同じだろ。
結果殺人が激増する。

776 :無責任な名無しさん:03/11/13 18:51 ID:cMpflMR9
死刑には犯罪抑止力の効果が無いから廃止という短絡的な考え方をしてる馬鹿は頭を冷やせ。
死刑すらなくなったら何が犯罪を抑止し得るんだ?

777 :たい:03/11/13 20:09 ID:Rzx48ZUd
死刑は必要。
無駄に刑務所暮らしするより
過酷な気候地域に閉じこめて
地雷撤去とかでもすればいい
人命の重さを知ると思う。

778 :無責任な名無しさん:03/11/13 20:37 ID:X7ZaE+sP
http://www.micromouse.co.jp/wgame/postal2.wmv

ここまでやれば流石に死刑が相当だと思う。

779 :無責任な名無しさん:03/11/13 20:48 ID:aHnRBUN5
廃止支持の人間は死刑に代わりうる抑止力を持つものを考えているのか?

780 :無責任な名無しさん:03/11/13 21:27 ID:I9/oyOEQ
死刑に抑止力がないんだから代替は不要

781 :無責任な名無しさん:03/11/13 21:29 ID:X7ZaE+sP
ヨーロッパ諸国では死刑制度が現に廃止されているが、
著しく凶悪犯罪が激増した事実など聞いた事がない。
にも関わらず、ここであえて死刑を要する程の抑止力、なんてほざいてる奴は
一体何者なんだ?
死刑死刑言ってる奴の方が、全く説得力がないんだけど。
同等の効果しか期待できない以上、刑罰など軽い方が良いに決まってる。

抑止力なんて嘘っぱちだと思う。
結局死刑支持派というのは、前近代的思想にもとづく、刑罰の報復刑的側面を強調したいだけ。
今だに発想が野蛮人なんだよ。

日本においては放火が大問題なら、ヨーロッパに倣い、
被害の拡大を最小限に留めるよう建造物を全て石造りにすればいい。


782 :無責任な名無しさん:03/11/14 03:50 ID:0v3A3C99
>>781
>ヨーロッパ諸国では死刑制度が現に廃止されているが、
>著しく凶悪犯罪が激増した事実など聞いた事がない。

聞いた事が無いではなくてちゃんとデータで示してくれ。
下のデータからしてあんたの言ってる事はどうも信用できない。

1970年以降の先進国(日米英独仏)における犯罪発生率の推移(犯罪白書より)
http://wp.cao.go.jp/zenbun/seikatsu/wp-pl96/wp-pl96bun-1-4-20z.html

783 :無責任な名無しさん:03/11/14 03:57 ID:XdXbu2vZ
>782

景気が悪い国は犯罪率が増加する。
ドイツなんて統一後ずっと失業率が高い。
今の日本の犯罪発生率も上がっている。

784 :無責任な名無しさん:03/11/14 05:02 ID:v09/tRhO
>>782
法務省により凶悪犯罪と定義され、かつ現行刑法で死刑の対象となる
殺人と建造物放火に限定した(外患誘致等の国家反逆的犯罪は含まない)
発生率を示す推移でなければ意味がない。


785 :無責任な名無しさん:03/11/14 13:29 ID:0v3A3C99
>>783
で?

>>784
データも出さずに>>781の様に「聞いた事がない」程度で
すませられるならなんだって言えるんだよ。
それに全体の犯罪率が増えてるのに凶悪犯罪のみ増えてない
と考えるのは不自然だろ。
凶悪犯罪が先進国で増えてないと言うならデータを出してくれ。


786 :無責任な名無しさん:03/11/15 00:13 ID:Ey9+tkkZ
10年間で4人の無期懲役囚が、仮出獄中に再び殺人を犯した

(衆議院の答弁書より)
「仮出獄を許された無期懲役受刑者のうち、仮出獄中の平成二年から平成十一年までの間に強盗殺人事件又は殺人事件を起こしたとして有罪判決を受けた者は四名である。」

「仮出獄を許された無期懲役受刑者が仮出獄中に強盗殺人等の事件を起こすことは、誠に遺憾」

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b149019.htm


787 :無責任な名無しさん:03/11/15 00:25 ID:Ey9+tkkZ
2002年(平成14年)9月30日、東京高裁は強盗殺人罪で無期懲役判決を受け、仮出獄中の99年、
家業手伝いの嵯峨亜紀子(21歳)を殺害し、遺体をバラバラにして捨てたとして、
殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われた作業員の横田謙二被告(53歳)に対し、
無期懲役とした、さいたま地裁判決を破棄し、死刑を言い渡した。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/hanketu-sept-2002.htm

788 :無責任な名無しさん:03/11/15 00:31 ID:Ey9+tkkZ
2003年(平成15年)10月27日、大阪高裁で強盗殺人罪などで無期懲役の判決を受けて服役し、
仮出所中の1998年(平成10年)2月、交際女性の夫(37歳)ら2人を殺害したとして殺人などの罪に問われ、
1審・大阪地裁で死刑を言い渡された建設業中山進被告(55歳)に対する控訴審判決があった。
浜井一夫裁判長は「度重なる凶行は容認できない。反省の態度も認められず、極刑はやむを得ない」と述べ、中山被告の控訴を棄却した。
弁護側は上告する方針。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/hanketu-sikei.htm

789 :無責任な名無しさん:03/11/15 00:34 ID:Ey9+tkkZ
埼玉県熊谷市で89年、養鶏場の従業員住宅が放火され夫婦が死傷した事件で、さいたま地裁は1日、元同僚従業員、福島大三被告(78)に対し、殺人、殺人未遂、現住建造物等放火罪で求刑通り死刑を言い渡した。
福島被告は無罪を主張し、控訴する方針。
福島被告は殺人、放火などの罪で69年、懲役20年の判決を受け事件当時、仮出獄中だった。
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200307/01/20030701k0000e040029002c.html

790 :無責任な名無しさん:03/11/15 00:37 ID:Ey9+tkkZ
>787 無期懲役の仮出獄中にバラバラ殺人
   再び無期懲役判決が破棄され死刑判決

>788 無期懲役の仮出獄中に2人を殺害

>789 仮出獄中に殺人、放火



791 :無責任な名無しさん:03/11/15 00:44 ID:5WHTrwJB

人殺しは死刑
再犯を防げるということやね。

792 :無責任な名無しさん:03/11/15 10:04 ID:pdyV+egA
上のケースは死刑にしなかったのが悪かったのではなく、
無期懲役が悪かったんだと思う。

793 :社民党=無期懲役囚を仮出獄せよ!:03/11/15 16:08 ID:++FqFwmf
人権派の弁護士であり社民党の「福島瑞穂」は、無期懲役囚を仮出獄するよう政府に迫っている。

>先般、「無期刑囚の執行期間及び医療体制に関する質問主意書」を提出したところ、
>平成一一年五月二五日付答弁書(内閣参質一四五第一五号)をもって回答を得た。
>右答弁書によると、執行開始後二五年を超えるものが合計六七名に達する。
>
>仮出獄者の平均在所期間が二一年六月(二五八月)と報告されていながら、
>なぜこれらの者達が仮出獄の対象とされずにいるのか疑問である。

http://www.mizuhoto.org/seisaku/syuisyo_muki_karisyutugoku.html

「仮出獄の対象とされずにいるのか疑問」って・・・


794 :無責任な名無しさん:03/11/15 16:27 ID:hn3qT/Fk
自己破産者の名簿はどこで閲覧できますか?

795 :無責任な名無しさん:03/11/15 21:18 ID:fUag235N
>>794
名簿はないが、官報には掲載されるから
これを丁寧にチェックすれば・・・

796 :無責任な名無しさん:03/11/16 00:13 ID:ny9yBhFv
>>785
>それに全体の犯罪率が増えてるのに凶悪犯罪のみ増えてない
>と考えるのは不自然だろ。

アホですか?
まあ、仮に凶悪犯罪が増えているとしよう。
でも著しく(どの程度かは具体的に断言できないが、一般的に見逃せない相当と思われる程度)
激増してなければ意味ないし、それが死刑制度の廃止を原因とした結果とは
限らない訳だよな。

>凶悪犯罪が先進国で増えてないと言うならデータを出してくれ。

聞いた事がないし、ネットで調べてもなかった。


797 :無責任な名無しさん:03/11/16 01:47 ID:JNK+hghQ

日本の刑務所の収容人員は7マソ人程度。
半分はヤクザらしいけど、収容者を大勢輩出している指定暴力団からは刑務所新築費を取った方がいい。
何回も刑務所に戻ってくるような香具師は矯正できないから累積5回の懲役、禁固の実刑または合計刑期20年以上で死刑がいい。
中国のように死刑執行および収監費用は受刑者の相続人に請求した方がいい。
死刑囚は刑が執行されるまで拘置所で飯喰ってオナって寝ているだけなのだから。

798 :まさ:03/11/16 06:21 ID:nzSy8viI
死刑が確定したら、被害者の遺族や近親者に執行権を与えるというのはどうか?
これは仇討ちに近い。
恨みも殺意もない刑務官にやらせるのは問題あるのではないか。

799 :無責任な名無しさん:03/11/17 22:33 ID:WNOyO9bx
>>798
被害者の遺族が死刑を望んでないときは?
加害者がヤクザ(ないしその手の団体)のときはいらぬ心配もあるかも知れんし

選べるようにすりゃいいのかもしれないが、
それはそれで余計な心労になりそうな予感

あと、被害者の遺族の中にも被害者を恨んでた・嫌ってた奴もいるだろうし…
誰にやらせるかはそう簡単には決まらないような

800 :無責任な名無しさん:03/11/18 00:09 ID:OplTChwE
>799

検察官の求刑って遺族感情も考慮するでしょ。


801 :無責任な名無しさん:03/11/19 08:14 ID:KSxCB7xE
飲酒運転してる奴は重刑に処すべきだ。だって確信犯だから。
一発取り消しなんて甘い。二度と再取得出来ないようにするべき。
また、人身事故を起こしたら相手の怪我の程度に関わらず死刑。
もっと悲惨な事故を起こした奴は人体実験とかやらせて生き地獄を味わって
もらえばよろし。これで飲酒運転する奴はかなり減るだろう。

802 :無責任な名無しさん:03/11/19 08:34 ID:GOqFOUsL
>>800
しかし、遺族の処罰感情には到底答え切れていないのが実状。
殺人でもせいぜい15年、傷害致死だと5年とかもあるし・・・

803 :犯罪者撲滅:03/11/19 11:18 ID:HYTUY2oG
ハンムラビ法典採用に賛成!!
人を轢いたら、そいつも執行官によって轢かれるべき。
人を殺したら、そいつも同じ手段で殺されるべき。
人の痛みがわからないから自分の感情だけで行動するんだ。

余談ですが、私たちの税金が馬鹿どもの更正ために何億円と使われていることに腹が立つ。
一人当たり一ヶ月22万円かかるらしい。
22万もあったら普通の暮らしができる!
何のための刑務所なのか?
犯罪者が合法的に保護されるのが許せない!



804 :無責任な名無しさん:03/11/19 11:56 ID:nC7VTvBt
>803
おまえはバリバリバリューの視聴者

805 :無責任な名無しさん:03/11/20 02:16 ID:dydC/Vbn
>>796
>アホですか?

どこらへんが?

>でも著しく(どの程度かは具体的に断言できないが、一般的に見逃せない相当と思われる程度)
>激増してなければ意味ないし、それが死刑制度の廃止を原因とした結果とは
>限らない訳だよな。

ん?抑止力の考察に統計は意味が無いと言ってるの?
だったら廃止派が出してる統計も意味が無いよな。
というかこの理屈なら>>781の発言の根拠はなんだ?

>聞いた事がないし、ネットで調べてもなかった。

で?何が言いたいのかな?




806 :犯罪者撲滅:03/11/20 11:28 ID:z2wO4i8H
>804
あんたもね!

807 :無責任な名無しさん:03/11/21 01:06 ID:8WZohkHP
死刑反対。
人を殺した人を死刑にするとしたら、
それは同罪ではないだろうか。
人が人を殺す権利などないはず。
例えその人が凶悪犯であろうと。
どんな理由があれ、人を殺したら殺人者である。
人を殺した罰が死刑?? 意味が分からない。
「人を殺す」ということ自体を訂正していないじゃないか。


808 :無責任な名無しさん:03/11/21 02:17 ID:W0dGGXj/
>807

殺人犯を刑務所に10年以上入れておいても税金の無駄。
殺人犯が社会復帰なんてできるわけないから。
出所して就職活動してもインターネットで検索すれば殺人事件なら名前と年齢が分かるしね。
出所して再犯に走るくらいなら殺してしまった方が社会のため。

809 :無責任な名無しさん:03/11/21 04:14 ID:0YE4l/gI
>>807
監禁反対。
人を監禁した人を監禁にするとしたら、
それは同罪ではないだろうか。
人が人を監禁する権利などないはず。
例えその人が凶悪犯であろうと。
どんな理由があれ、人を監禁したら監禁者である。
人を監禁した罰が懲役?? 意味が分からない。
「人を監禁する」ということ自体を訂正していないじゃないか。

↑こんな議論がしたのか??

810 :校長が強盗:03/11/21 12:41 ID:jsp30OcE
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


811 :無責任な名無しさん :03/11/21 12:47 ID:bmTavTMk
死刑は裁判官が決めるのではなく、世論で決めるべきだと思うが・・・
これこそ国民投票で決めればいいのに

812 :無責任な名無しさん:03/11/21 14:56 ID:iOyaZwjM
>811
年に何回国民投票する気だw

813 :無責任な名無しさん:03/11/21 15:21 ID:DV14IONI
5回ぐらい。

814 :無責任な名無しさん:03/11/21 18:32 ID:/QmQiDid
選挙で死刑をきめるって・・・
遺族や被告の身内の選挙活動をみてみたいなw

815 :無責任な名無しさん:03/11/21 23:25 ID:OIiKeo7w
age

816 :無責任な名無しさん:03/11/22 00:44 ID:GAht5UpO
age

817 :無責任な名無しさん:03/11/22 14:16 ID:ttauVdTX
>>811
米国の陪審員制度のように、ヒステリックな大衆を煽る危険性もある。
特に日本のような全体主義(社会主義)社会でそういうことするとヤバそうだ。

818 :無責任な名無しさん:03/11/22 17:41 ID:gxo9Z79X
陪審制なら甲山事件は間違いなく有罪判決。
検察庁が不起訴処分にしたのに、検察審査会が覆したわけだし・・・

819 :無責任な名無しさん:03/11/22 17:54 ID:oG/WtHlt

検察審査会にもっと権限を与えないとだめだ。

820 :無責任な名無しさん:03/11/22 23:29 ID:AVSX8WGA
裁判員制度が検討中で平成16年に制定し、数年の準備期間を経て実施
する予定らしいですねぇ。
一般人が一般常識を備えている事が前提になってるけど、幻想だよねぇ。
個人的には参審制がいいなぁ。

821 :無責任な名無しさん:03/11/24 15:49 ID:uj/sL/nc
死刑の種類にはどういうものがありますか?
安楽死っぽいのもあるんですか?

822 :無責任な名無しさん:03/11/24 17:19 ID:ezIkENDv
日本は全部絞首刑じゃないの?

823 :無責任な名無しさん:03/11/25 04:07 ID:i5kOFp2R
>821

死刑について完全に網羅した本があります。
http://images-jp.amazon.com/images/P/4562034785.09.LZZZZZZZ.jpg

この本の中で紹介されていた死刑囚に食事をたくさん食べさせ肛門を縫い、腹の中で糞を腐らせて体内で発生した寄生虫に食い殺させるという刑が最強だと思います。

824 :無責任な名無しさん:03/11/25 16:02 ID:KBl2fCYN
何で死刑肯定派ってこうも頭が悪いんだろう。
ここは死刑制度の是非を争うスレであって、残虐な刑罰を
議論の対象とする場ではない。

825 :無責任な名無しさん:03/11/25 17:44 ID:NCj5qeCc
死刑についてはあっても無くてもいいけど
終身刑が出来るなら引き替えに無くしても良い
ってことで亀井ガンバレ

826 :無責任な名無しさん:03/11/26 00:11 ID:6HM1CgCj
>>823
下の3行読んだら具合悪くなっちまったぞ。

827 :_:03/11/26 04:57 ID:jARt/fMR

自転車を盗む奴も死刑にするべきだ。俺は1年間で4回盗まれた。

828 :無責任な名無しさん:03/11/26 05:48 ID:SUw0IQJt
死刑より、人権剥奪の方が良いと思う。

829 :無責任な名無しさん:03/11/26 15:14 ID:QTsIoss0
人権は犯罪者にも基本的には必要だろ。
と、いい子ぶってみるてすと。

830 :無責任な名無しさん:03/11/26 15:53 ID:Ce9zg5we

犯罪者は殺すに限るよ。
更生させるのは税金と時間の無駄。
特に50歳以上の香具師は用がないから強盗でも死刑にしてしまえ。


831 :無責任な名無しさん:03/11/27 14:04 ID:JOR0Wb86
死刑大国中国で65人殺しの殺人鬼
犯行目撃者とかまで皆殺しにしていたらしい

832 :刑法初学者:03/11/28 04:04 ID:w9pOupFS
死刑存廃について様々なところで意見が交わされていますが、
多くの場合、存置を主張する人々と、廃止を主張する人々の間で、
共通の結論にたどり着くことは稀だと思います。

人々の意見が決定的に分かれ、妥協が見出せないのは、
刑罰の本質的な役割について、理解が固まっていないからだと、
私は思うのですが、みなさんいかがでしょう?

共同社会における制裁という意味で現代に通じる刑罰の歴史は、
恐らく数千年にもなると思います。
時代の流れの中で刑罰のスタイルは変容してきたのでしょうが、
罪があり、刑を受けるのが人間であるという関係は変わっていません。

人にとって、刑罰とはどのようなものであるか。
また、どのようなものであらねばならないか。

そして、その思想の中で死刑とはどのような位置づけになるのか、
みなさんのご意見をお聞かせ願えませんでしょうか?

833 :無責任な名無しさん:03/11/28 06:12 ID:kix2cIfS
>832

もともと人間は悪である。
欲望の赴くままに行動するから法律で自由を制限し、違反した者を処罰するという抑止力で社会を安定させている。
もし、欲望の赴くままに行動できたら欲しいものは他人を殺してでも奪うだろうし、そもそも貨幣は何の価値もなくなり、経済活動は停止する。

834 :無責任な名無しさん:03/11/28 16:35 ID:a6Jl3oa1

今年は何人執行されたの?

835 :無責任な名無しさん:03/11/28 17:49 ID:JGq2pNGT
>>833
1行目以外は同意だな。
元々悪って事では無くて、俺は「悪貨が良貨を駆逐する」に近いと思う。

836 :無責任な名無しさん:03/11/28 22:56 ID:1wZxVRBf
>>833
>もともと人間は悪である。

人間食うに困れば盗みも働く。
また、歪んだ環境で育てば歪んだ価値観も抱くに至るだろう。
それが時には犯罪という形で露出するだけに過ぎない。
衣食住、安全の欲求、他者からの承認の欲求が健全な形で充足されれば、
人はそれらを与えてくれる社会が決めたルールに反する行動など選択しない。
犯罪を犯す者は、それらの欲求充足が著しく欠けている事に起因すると考える。

>欲望の赴くままに行動するから法律で自由を制限し、違反した者を処罰するという抑止力で社会を安定させている。

それは、刑罰の行使によって期待できる一般的な効果を述べているに過ぎず、
死刑の是非には繋がらない。

>もし、欲望の赴くままに行動できたら欲しいものは他人を殺してでも奪うだろうし

「欲望の赴くままの行動」を規制する手段としての
死刑という制裁を問題視しているのであって、
規制対象となる行動自体を肯定している訳ではない。

>そもそも貨幣は何の価値もなくなり、経済活動は停止する。

今は世の中デフレにあえぎ、サービスや物に対して貨幣(円)の価値が
異常に高騰している訳だが、経済活動は滞ってるな。

837 :無責任な名無しさん:03/12/05 00:40 ID:z9hkK1Su
下関通り魔殺人事件
 1999年9月29日午後4時25分
山口県下関市のJR下関駅構内で、男がレンタカーで構内に突っ込み、改札口付近まで約60メートル暴走しながら7人をはねた。
その後、車から降りて包丁(刃渡り18センチ)を振り回して改札口を通り、階段で1人、ホームで7人を傷つけた。
これによって死者5人、重軽傷10人の大惨事となった。
犯人は上部(うわべ)康明(当時35歳)で「社会に不満があり、誰でもいいから殺してやろうと思った」「ナイフを使ったのでは大量に殺せないので車を使った」などと供述した。

 なお、自動車ではねられて死亡した2人には自賠責保険が適用され、死亡時3000万円が遺族に対して支払わた。
 ホームで刃物で刺されて死亡した3人の遺族には「犯罪被害者給付金」の最高額1079万円が支払われた。

838 :無責任な名無しさん:04/01/17 04:26 ID:QqVtemEm
空気読めよ、ってな感じで、
今も大抵のものは倫理観や道徳心などで代用できてると考えてる。
また、食うに困って人様のものを盗み一時的な満腹感は得られても
それによって共同体から村八分になることは生きづらくなるはずで、
生存本能に反する行為なのかもしれない、とかね
つまり、法律はあくまでもルールとして明文化されてるにすぎず
それだけで世の中が動いていると考えるのは大間違いである、と言いたい。


839 :無責任な名無しさん:04/02/10 00:41 ID:nM1x3PGh
冤罪が怖いので死刑は無いほうが良いと思う

840 :無責任な名無しさん:04/02/10 16:44 ID:+TztJ4bL
>>839

>>581以降の仮釈放制度の話はどう思う?

841 :無責任な名無しさん:04/02/10 17:04 ID:9RasS1sc
ぶっちゃけどっちでもいいのだが、欧米インテリ層に野蛮な国と言われるのはいやなので、
死刑は廃止するものとする。

842 :無責任な名無しさん:04/02/10 19:19 ID:yhpXF5Eo
参考文献

重松一義『死刑制度必要論』(信山社)
板倉宏『「人権」を問う』(音羽出版)
植村正『新刑法教室<1>総論』(信山社)
前田雅英『刑法入門講義』(成文堂)
本村洋『天国からのラブレター』(新潮社)
中野進『国際法上の死刑存置論』(信山社)
井上薫『死刑の理由』(新潮社)
竹内靖雄『法と正義の経済学』(新潮選書)

843 :無責任な名無しさん:04/02/11 00:45 ID:YJMFmDyo
>>841
>欧米インテリ層に野蛮な国と言われる
殺人発生率は日本の6倍、強姦発生率は30倍のアメリカが一番野蛮な国だと思うが。
 まあ、「右のほほをたたかれたら、左も出せ」とキリストも言ってるしね。
 「女房が強姦されたら、娘も差し出せ」ということだな

844 :無責任な名無しさん:04/02/11 00:54 ID:YJMFmDyo
>>841
>欧米インテリ層に野蛮な国と言われる
 アメリカでは、毎年犯罪者によって1万人以上が殺されている。
 犯罪発生率では、殺人は8倍、強盗は10倍、強姦は30倍である。
 これを、「野蛮な国」と言わずに何と言おうか?

845 :無責任な名無しさん:04/02/11 18:21 ID:rc4ZxBNP
アメリカの刑罰は日本と比べられものにならない位重いよ。
 少年でもバンバン死刑にしてるし、日本には無い終身刑何てごく当たり前。
州によって制度が多少違うから検察はより罰則の重い州で裁こうとする。

俺は基本的に殺人者は皆死刑で良いと思う。
日本は甘すぎる。

846 :無責任な名無しさん:04/02/12 23:40 ID:1Y5U1RAB
>>845
>殺人者は皆死刑

気持ちは分からんでもないが、非現実的だよねえ
(分かってて書いてると思うけど)

尊属殺違憲判決が出た事件みたいなのでも死刑が妥当かねぇ?

847 :氏名黙秘:04/02/15 18:50 ID:BJDR7NXI
死刑判決をした上で
恩赦をするのが妥当と思料スル

848 :匿名名無し:04/02/15 19:12 ID:FMIRRDKz


849 :無責任な名無しさん:04/02/27 22:17 ID:/4BlYshV
きょうの判決を聞いていると、三回死刑にしたっていいと思う。

850 :無責任な名無しさん:04/02/27 23:16 ID:5gzrhynk
>>849
半殺し4回+死刑1回か(w

851 :無責任な名無しさん:04/04/09 02:44 ID:Bwzh4wX0
凶悪犯には、死による報復しかあり得ない。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baags702/tansi52.html

852 :無責任な名無しさん:04/04/11 20:39 ID:/kKEC+/i
凶悪事件の中には国民の規範意識から見て当然に死刑相当と解されるものがある。
そのような凶悪犯罪者に対しては死刑という刑罰を課さなければ国民一般の司法に対する
信頼が揺らぎ、社会をコントロールするという刑法の役割や司法制度に大きな問題を残す
こととなる。もちろん、そのような犯罪が多いわけではないが。
死刑の威嚇力についてであるが、究極の刑罰である威嚇力自体に威嚇力がないなどと解することは
できない。問題となるのは他の刑罰では代えられない死刑特有の威嚇力ということである。
予防効果の意味でもって他の刑罰(例えば終身刑)などと代えられると言うことであれば、
より軽い刑罰で以て処断するというのが筋ではある。威嚇効果の意味では死刑も終身刑も無期懲役も
懲役20年でも基本的に大きな差はないであろう。犯罪者は処罰されることを予定して犯罪を犯すことは
極めて少ないからである。逆に言えば、確信犯については死刑独自の抑止効果は否定できないということとなる。
それはともかく、考えねばならぬのは凶悪テロリスト等を現場射殺あるいは死刑に処さないがために、服役中に
奪還の対象となり、さらなるテロを誘発する恐れがあることである。
冤罪の可能性については死刑に限られたことではなく、これは裁判自体の問題であって、死刑廃止の決定的な根拠とは
なり得ないのであるが、価値観の違いから存置、廃止、それぞれの意見が出されていることは周知のとおり。

<参考文献>
多くの裁判のうち、死刑判決の理由を集めたもの。存置派、廃止派いずれを問わず必見である。
井上薫『死刑の理由』(新潮社)

死刑の必要性を検討した数少ない著書の1つ。ただし、
死刑自体についての論旨は少ない。
重松一義『死刑制度必要論』(信山社)

853 :無責任な名無しさん:04/04/14 02:07 ID:/A2JW5wf
人を殺しておいて責任などとれるわけがない。
人を殺した事が100%立証された者は即刻死刑にすればいいのに…
反省しただの刑罰を受けて責任とりますだのありえるわけないだろ
殺人者にはもはや人権なんて存在しなくていい
人権を失いたくないのなら初めから人を殺そうなんて考えなければいい。
命の尊さを考えると尚更じゃないか?
人の命とはそれ程かけがえのないものであり、命を殺めるという事は自分の
命もなくなると小さいころから教えるようにしておけば今ほど人が殺される
事もなくなるのではないか?

854 :無責任な名無しさん:04/05/03 21:12 ID:MWxxdufc
これだけ凶悪犯罪が起きていて、被害者の人権が無惨な形で破壊されているのにも
かかわらず加害者の人権を考えるような非人間的な死刑廃止論者が理解できない。

野党の議員を中心にした死刑廃止議連なる理解に苦しむ集団があるそうだが、自らの
選挙区の候補にこの会に入っている人がいたら、投票を見合わせたい。

だれか、106名?とも言われている死刑廃止議連のメンバー全員の名前を教えて
くれませんか。

死刑廃止を推進する議員連盟:
亀井静香
木島日出夫
保坂展人
辻元清美
大島令子
山花郁夫 


855 :無責任な名無しさん:04/05/03 21:16 ID:MWxxdufc
死刑存置論に賛成するのは、応報防止が一番の理由だよ。死刑に限らず、誰だって人間は
殴られたら殴り返そうとするではないか。

それと海外の事情と日本を一緒にするな。海外はすでに多くの人が書いているように、犯罪
大国にもかかわらずクリスチャンが支配する国。人種差別もすごいので、犯罪に同情する余地も
あったりする。

日本とは全く事情が違う。

326 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)